10月27日平村ガイド「プロペラが割れる」

2019-10-27 21:29:34

今週、プロペラが割れました。

バスボートのエンジンのプロペラにはアルミとステンレスがありますが、高馬力の場合はほとんどがステンレスプロップとなります。

過去、ステンレスプロップを割った経験は一度も無かったのですが、今回はひび割れを発見しました。

今週、走っている際に400回転ほどすべてのパワーレシオが落ちていることに気づいており、船が重くなった?(水が船内に入っている?)、エンジンに何かトラブルが起きているのか?と疑っておりましたが、400回転程度高くしないと全てがダメ。例えばプレーニングに入るのも2300回転だったのが2700回転、完全に船を浮かした疾走状態も3800回転からできたのが、4200回転と何かがおかしいと思って、エンジン、船体と点検をすると、プロップに下のようなクラックが入っているのを発見しました。

truth  ブログ写真 2019/10/27

このクラックが入ることによってプロペラの1枚が、水を掴まずにたわむことにより、エンジンパワーをロスしていたという訳です。

ただ、この時点で気づいて本当に良かった。このままあと少しでも使っていれば、このブレードが飛んでしまい湖上で走行不能になるばかりか、運が悪ければキャビテーションプレート等を破損して大損害につながることでした。

過去、そういうバスボートの事故は何度か発生しています。

早速、プロップを新品に交換することになり、出費は10万円ほど。(ほんと痛いです)

truth  ブログ写真 2019/10/27

自分で湖底にヒットさせた訳でなく、経年劣化ということで交換する羽目となりました。

1000時間を経過しても大丈夫な時もあれば、今回は500時間程度ですが破損することもあります。

交換したら、もう素早くプレーニングするし、高回転域も伸びるし、プロップが新しくなるだけで一気に運動性能が戻りました。

取付ボルト類の緩み、ドライブシャフトの摩耗、ギアオイルの鉄粉・水の混入、エンジンオイル内の水混入などなど、エンジンの点検は欠かせませんし、いつも気にはしていたのですが、今回はプロペラということで、かなりビックリ。まさかプロペラとは・・・というのが率直な印象でした。

テーマ:バスボート

ガイド空き状況

平村尚也

4月 28(火) 30(木)
5月 7(木)
6月 1(月) 2(火) 4(木) 8(月) 15(月) 22(月) 24(水)

大熊一徳

4月 4() 5() 6(月) 7(火) 8(水) 13(月) 14(火) 17(金) 18() 19() 20(月) 21(火) 22(水) 24(金) 26()
5月 2() 3() 5(火) 6(水) 7(木) 8(金) 9() 10() 13(水) 14(木) 15(金) 16() 17() 18(月) 19(火) 20(水) 21(木) 22(金) 23() 24() 25(月) 26(火) 27(水) 28(木) 30() 31()

武田栄喜

4月 6(月) 24(金) 28(火) 30(木)
5月 1(金) 2() 3() 4(月) 5(火) 9() 10() 11(月) 12(火) 13(水) 14(木) 15(金) 16() 17() 22(金) 23() 24() 26(火) 27(水) 28(木) 29(金)
6月 1(月) 2(火) 8(月) 9(火) 10(水) 11(木) 12(金) 13() 14() 15(月) 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 20() 24(水) 25(木) 26(金) 28() 29(月) 30(火)

真木将行

4月 5() 8(水) 9(木) 11() 12() 15(水) 16(木) 18() 19() 22(水) 23(木) 25() 26() 29(水) 30(木)
5月 1(金) 2() 3() 4(月) 5(火) 6(水) 7(木) 9() 10() 13(水) 14(木) 16() 17() 20(水) 21(木) 23() 24() 27(水) 28(木) 30() 31()

詳細・ご予約

10月22日平村ガイド「どちらを信じるべきか?」

2019-10-22 22:50:24

今日のガイドは前日の予報を見て、別の日に振替。

天気予報はウィンドファインダーで1週間先までを見て、直前はヤフーで判断することが多いです。

あとは、気圧配置や経験でフォローしながら、ゲストさんの都合や気持ち、条件次第で出艇や変更、中止を決断します。

 

例えば、関東から来られていて宿泊までされている場合は、台風でもない限り、強風でも安全が確保されるのならば出艇します。

一方、名古屋や大阪ぐらいの2時間圏内のお客様ならば、ある程度の風で前日中止をして、別の日に振替が可能なお仕事の方ならキャンセル日程などに変更してもらいます。

また、釣り場の状況にもよる面も判断基準となります。

釣れているエリアが木浜だったりすると、東風には強いので台風前で西岸のマリーナのガイドさんが中止する条件でも出艇というのはありますし、逆に大浦スタートの時には、南東風が少し吹いただけで中止にすることもあります。

風に強いクランクでパターンを組んでいる時ならば、風は好条件なので出艇することもあれば、逆パターンも。

 

ですから、「どれぐらいなら中止ですか?」というご質問がよくありますが、ほんと「条件次第」なのです。

最優先は安全なので、安全上の問題があれば即中止ですが、それ以外は、釣りとゲストさんの条件次第となります。

 

 

さて、本日はゲストさんの条件が来週のキャンセル日でも可能ということもあり、無理せず来週に振替ということになりました。

ただ、予報はウィンドファイダーは微風、ヤフーは強風で、実際は午前凪、午後荒れというどちらも半分当たっている結果だったようです。

ですから、関東からお越しの方や予定が変更できない方の場合はガイドしていた事でしょう。

truth  ブログ写真 2019/10/22

ウィンドファンダーは無風に近い予報

ウィンドファインダーは、台風時とかには大袈裟になりがちですが、普通の風の日は弱めに予報されることが多いです。

 

truth  ブログ写真 2019/10/22

ヤフーは午後に風速5mという予報。

ヤフーの予報は弱めに出るので、3mを超えると実際にはかなり吹いております。ヤフーは3m以上は警戒ラインです。

それぞれの予報を見ながら、あとは経験で判断するしかないですが、もっと言えば、実際に湖上に行くしか最終結論は出ないのが実情。

「迷ったら集合」というのがスタンスです。

 

テーマ:雑記帳

10月13日平村ガイド「台風19号通過後の琵琶湖」

2019-10-13 12:51:20

昨日は台風通過で大雨&暴風。

滋賀県内は大きな被害も浸水もなく、一部に避難勧告、消防団待機となった程度でした。

雨量は1日で90㎜ほど、琵琶湖の水位はマイナス47㎝からマイナス26㎝まで増水で今も流入している状態なので、さらに水位は上昇しそうです。

truth  ブログ写真 2019/10/13

野洲川の様子。グランド付近までは浸水していないので増水としては余裕がありました。

本湖の様子。

truth  ブログ写真 2019/10/13

昨日から北西の暴風が吹き荒れたのですが、昨年の台風のように湖岸の木々や電柱が倒れるような竜巻は発生しておらず、被害は軽微。

truth  ブログ写真 2019/10/13

ただ、東岸ラインのウィードはかなり抜けてそうな気配。

今日の琵琶湖には1艇だけ木浜にボートが浮いていました。大半のマリーナは休業でした。

明日から琵琶湖界隈は通常営業となります。

 

テーマ:雑記帳