4月16日平村ガイド「フリックシェイクのダウンショットでポストスポーンの50アップなど」

2021-04-16 22:11:03

朝はシトシト雨の良い感じ。

まずは木浜3号のエリ跡をチェック。

魚探をかけて、数か所のエリ跡になっている箇所をマークして、スイミングジグでゲストさん1バイト。

その後は北上して北湖展開でプリ狙い。

南湖のポストスポーンはある程度読めるので後半に狙うことにして、午前中はプリを探す。

しかし、午前中の北湖はノーバイト。

 

仕方が無いので南湖に戻ってフォローのポストスポーン狙い。

ワイルサイド61ULで。

確実にバスの映るスポットで、フリックシェイクのダウンショットという定番の食わせ。

当たり前のように食わせることの出来る技ですが、ポストスポーン狙いでは貴重なパターン。

まだ回復には程遠いので、しっかりとポジションも定めて、食わせの延々シェイクをすると喰う。

今度は50アップ。

ポストスポーン狙いはスローな展開となるので、できればプリで当てたいところ。

GW前までは前半にプリ狙いで暴れまわって、後半はポストスポーンでおとなしく釣る展開となりそうです。

 

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

5月 6(木) 7(金)
6月 3(木) 15(火) 29(火) 30(水)

大熊一徳

4月 22(木)
5月 3(月) 4(火) 5(水) 8() 9() 10(月) 11(火) 12(水) 13(木) 19(水) 20(木) 21(金) 26(水) 27(木) 29() 31(月)
6月 1(火) 2(水) 4(金) 5() 6() 7(月) 8(火) 9(水) 10(木) 11(金) 12() 13() 14(月) 15(火) 16(水) 17(木) 19() 20() 21(月) 22(火) 23(水) 24(木) 25(金) 26() 27() 28(月) 29(火) 30(水)

武田栄喜

現在空きはございません。

真木将行

現在空きはございません。

詳細・ご予約

truth  ブログ写真 2021/04/17

4月16日大熊ガイド「雨の前の東風、50upその他レギュラーなサイズ」

4月15日平村ガイド「ファイボス4.5のフリーリグで45アップなど」

2021-04-16 04:23:20

朝、マリーナを出ると木浜3号エリが撤去中。

このエリが無くなるとエリアが広がるし、ボートの往来もずいぶんと楽になる反面、霧などに安全にボートが来ないエリアというのが無くなる。

 

さて、今日も北湖に向かうが沖島の1歩手前まで到着した時点で、風が高島から沖島に抜けていたのでUターン。この時期の北西風は沖島から南湖への帰着が難しくなるので安全策で南湖イン。

最近の南湖はポストスポーン狙いで釣っているので、スローにボトム展開。

濁りがあるのでライトリグが通用しにくく、ボリュームのある水押しの強いワームが必要。

ボリュームのあるファイボス4.5インチ。

これでしっかりとボトムをフリーリグ、テキサスリグで誘うとバイト!

ロッドはワイルドサイド610Mで。

風が吹いていたのでゲストさんにはキャロ展開を。

マルチウォブラーには歯形が・・・。

ポストスポーンのキャロパターンもバイトがあるのですが、慣れていないとバイトが分からないことも。

この時期特有のバイトでコッというショートバイトやグィーという重くなるだけのバイトが多い。

再び、フリーリグ展開に戻して。

ファイボスのフリーリグで。

しっかりボトムを取って、スローにアクションでバイト発生。

ファイボスは濁りがあるのでシルエットのはっきりと出るカラーがおススメです。

最近は北湖のプリ狙いへシフトさせようとするものの連日の風でUターンで、南湖でポストスポーンを狙う展開が続いています。

 

テーマ:琵琶湖

4月14日平村ガイド「無風はカバークローグランデのノーシンカー展開、強風はファイボスのフリーリグ展開で」

2021-04-14 22:40:15

朝、家を出る時には雨が降っており、「これはローライトの春爆か?」と期待する。

しかし、マリーナに着いて準備をする頃には雨は上がり、湖上に出たら晴れ間も出てくる。

北上しようと琵琶湖大橋を超えると、微妙に北からの小さなウネリ。

天気予報は午後から北西の強風予報なので、何度か迷いながら北湖の手前のエリアでちょろちょろしてみるが、やはり吹きそうなので南湖へUターンする。

南湖は相変わらずの難航モード。

一つ一つのハンプを丁寧にフリーリグで打ち込むもノーバイト。

ゲストさんのノーシンカーに超ショートバイトでフッキング出来ず。

では、私も投入するとカバークローグランデで1本目。

ロッドはワイルドサイド63Mで。

やはりカバークローグランデ頼りになります。

午後から、大量にバスが湧いている箇所を発見して、ゲストさんにあれこれと投げてもらうとバイトあり。

4,5バイトあるも、フッキングのタイミングが合わずに何度も投入している内にバスの群れが散ってしまった。

その後は西からの爆風モード。

西岸に張り付いて、ファイボスのフリーリグで。

フリーリグはワイルドサイド610M

ロッドが610Mになっているのは、フリーリグのワームを大型化したから。

ファイボス4.5インチクラスになると、それ相応の自重があるのでフッキングを決めるためにはティップからベリーの張りが欲しいので610Mに変更しました。

まだまだミッドスポーンからポストスポーンの難しさがあるのですが、とにかくスローにすることが大切で、しっかりと釣りきると反応が出てきます。反対に少しでも雑に動かすとノーバイトなので、スポーニングから回復してくるか、プリを狙う以外は、スローに丁寧にを心がけてください。

テーマ:琵琶湖

truth  ブログ写真 2021/04/14

4月14日大熊ガイド「またまた荒ぶる琵琶湖でレギュラーサイズ」

前年の同時期の釣り

4月9日平村ガイド「湖上の様子」