1月25日平村ガイド「レークボランバでのサラトガ釣り」

2020-01-26 18:34:34

今日はブリスベンから北へ車で1時間ほどのオーストラリア有数のリゾート地ヌーサに滞在して、そこから車で1時間ほどのレークボランバへ再び戻ってきた。

バラマンディはとりあえずレークアワォンガで釣ったので、サラトガを狙うことにした。

バラマンディの釣りは、バスタックルで50ポンドのショックリーダーを付けて、ブリやマグロ並のパワーのある個体を狙うが、釣り自体はバス釣りとそう変わらない。問題は立木だらけのダム湖で強烈な引きをベイトタックルでスピニング並にドラグを出さないとラインブレイクしてしまうところ。

私も50ポンドラインがどれぐらいで切れるかなんて体験した事がないから、どれぐらいドラグを出すべきか?それとも寄せるべきか?が分からず苦戦してきた。

なんとか今回の旅でマスター出来たので、次なるターゲットはサラトガとなった。

ドーソンリバーでノーザンサラトガに数日前に挑戦したが、浮いている個体をサイトで発見して、それを小型ミノーやトップで食わせるのだが、サラトガの目の前で動きを読みながら、ピンスポットにキャストしなければならない。これが、なかなか決まらずキャッチ出来ず。

ちなみにバラマンディもサラトガもチャンスは1日1回ペースしかない。だから、1日で1回のチャンスにキャストが20cmズレたり、一瞬でもロッドワークをミスればノーフィシィとなる。だからキャストが非常に重要となる。

キャストはルアーフィッシングの基本だが、琵琶湖にいるとロングキャストにばかり目がいって、あとはボトムや中層の食わせ動作ばかり必要となる。だからキャスト技術がなくても釣れるから、キャスト練習や能力は必要ないからガイドでゲストさんにルアーで釣ってもらえる。

しかし、ほとんどの釣り場において、キャストのアキュラシーが重要となり、今日のレークボランバはまさにその典型だった。

湖は亀山ダムのように立木が残るが一方でシャローにはリリーパットがあるタイプ。釣り方は5cmクラスのミノーを次々とリリーパットのポケットや立木の際にキャストしていく。

そして、開始早々に友人のマイケルが釣って見せてくれて、私もそれに従って、待望のバイトでラインが一気に横に入った。

一瞬で強烈な引きで、今度は1mを超えるジャンプで80cmクラスの個体が立木だらけの中を走り回っていく。しかし、なんとラインは6ポンド!

あまりに固い口周りなのでフッキングが不可能だから口の周りの皮に細軸フックを纏わり付くようにかけるので太いラインで強引に引っ張らずに、滑らかに走らせながらランディングするのがコツらしい。

しかし、やっぱり80cmもの魚体が立木の中へ走って行くのを止めずにはいられなくなり、わずかにロッドを立てて対抗した瞬間。フックオフ!

この日のサラトガのバイトは1発のみ。ここ最近の干ばつで水位が低下しており、非常に状況が悪いらしく普段はもう少し釣れるそうだ。

この日はサラトガ以外のイエローパーチはスピナーベイトでキャッチ。ワイルドサイド610M のマルチピースでの釣果。サラトガは5cmクラスのミノーとジャッカルのスクイレルの小型サイズをワイルドサイド63Lのマルチピースで対応した。

 

 

 

truth  ブログ写真 2020/01/26

truth  ブログ写真 2020/01/26

truth  ブログ写真 2020/01/26

truth  ブログ写真 2020/01/26

テーマ:海外

ガイド空き状況

平村尚也

3月 2(月) 3(火) 5(木) 12(木)

大熊一徳

2月 22() 23() 24(月) 25(火) 26(水) 27(木) 28(金) 29()
3月 1() 2(月) 3(火) 5(木) 6(金) 7() 8() 9(月) 11(水) 12(木) 13(金) 14() 15() 16(月) 17(火) 19(木) 20(金) 21() 22() 26(木) 28() 29() 30(月) 31(火)

武田栄喜

2月 3(月) 14(金) 17(月) 19(水) 20(木) 21(金) 22() 23() 24(月) 25(火) 26(水) 27(木) 29()
3月 2(月) 3(火) 4(水) 5(木) 6(金) 7() 9(月) 11(水) 12(木) 16(月) 17(火) 22() 23(月) 24(火)

真木将行

1月 29(水) 30(木)
2月 1() 2() 5(水) 6(木) 8() 9() 11(火) 12(水) 13(木) 15() 16() 19(水) 20(木) 22() 23() 24(月) 26(水) 27(木) 29()
3月 1() 4(水) 5(木) 7() 8() 11(水) 12(木) 14() 15() 18(水) 19(木) 20(金) 21() 22() 25(水) 26(木) 28() 29()

詳細・ご予約

1月24日平村ガイド「レークアワォンガからレークモンデユランへ」

2020-01-25 03:43:25

レークアワォンガ2日目。

この日は土砂降りの雨。私がオーストラリアに到達してから2年間雨が降っていなかった地域に雨を降らせたり、場所によっては5年ぶりの雨という地域もあるぐらい珍しい雨ばかりの日となっている。

これだけ雨が降らない地域だと傘を持ってないというか、傘自体が売っていない。

なんでみんな濡れているのだろうと思ったら、傘を買う事がないみたい。

さて、レークアワォンガの2日目は雨の中、友人のマイケルのTN70にバラマンディがヒットする。ワイルドサイド73MLを使ったウィードエリアでのハングオフは琵琶湖と同様のテクニック。その後も土砂降りの雨の中、ボートから釣ったり、赤土のぬかるみの台地をドロドロになりながら上流へ歩いたりしての釣り。

私もワイルド610Mでダウズビトーでこの日のバラマンディをキャッチした。

この後、雨が酷くなり、さらに150キロ移動してレークモンデュランに到着。3時間ほどの釣りでキャットフィッシュを数歩キャッチ。そして次なる地ヌーサへ350キロ移動して2700キロ移動してきた。

 

 

truth  ブログ写真 2020/01/25

 

truth  ブログ写真 2020/01/25

truth  ブログ写真 2020/01/25

truth  ブログ写真 2020/01/25

truth  ブログ写真 2020/01/25

truth  ブログ写真 2020/01/25

truth  ブログ写真 2020/01/25

 

テーマ:海外

truth  ブログ写真 2020/01/25

1月25日武田ガイド「地形&魚探ガイド」

1月23日平村ガイド「レークアワォンガのバラマンディ釣り」

2020-01-24 03:53:47

レークカライドに200キロかけて戻り通算1900キロを走って、さらに早朝から釣りをする。

水深4mほどの立木の中層にスイミングマスターにリズムウェーブをセットして立木の枝のトップにタッチさせながら引いてくるとドンっと強烈なバイト。

一気にドラグが引き出されるが立木があるので強引に戻して、今度は沖へ一気に走られるPE 65ポンドにワイルドサイド610MH のマルチピースで戻すが、なんと50ポンドのショックリーダーがラインブレイク。

何度かジャンプした魚体はメータークラスだった。

 

その1バイトのみでバイトは終わり。

 

夢に出るのは確実なシーンとなった。

その後すぐに200キロ走って、通算で2100キロの移動。グラッドストーンの街に到着、釣具店でオーストラリア仕様になったスクイレルを購入して今度はレークアワォンガに挑戦。

12年前に初めてオーストラリアに到着して釣りをしてメータークラスをバラした因縁に地。再びこの地に立ってバラマンディを狙う。

しかし、スティーズのサイドカバーが突然外れて、スプールが脱落。65ポンドのPEでスプールが破損する。だが、今回の旅では予備のスプールを持ってきていたので事なきを経て、釣りを再開する。

シャローのチャネルラインにウィードと立木が複合するスポットでコッと待望のバイト。

強引に引き寄せたのはバラマンディ。

ようやく12年前の、あのバラシから解放された瞬間だった。

 

 

 

 

truth  ブログ写真 2020/01/24

truth  ブログ写真 2020/01/24

truth  ブログ写真 2020/01/24

truth  ブログ写真 2020/01/24

truth  ブログ写真 2020/01/24

テーマ:海外

truth  ブログ写真 2020/01/25

1月24日武田ガイド「釣り無しの魚探設定レクチャー」