11月23日平村ガイド「北湖コースは中止」

2017-11-23 20:21:16

 本日のガイドは中止と致しました。

 お楽しみにされていたゲストさんには大変申し訳ございませんが、北湖コースの場合、大浦湾を出て本湖に出ますと荒れ狂うレベルが南湖とは桁違いであり、安全の為、ウィンドファインダーの予報で風速平均5m、瞬間10mを越える予報が出た場合には前日に中止の判断をさせて頂いております。

 当日の実況では9時の段階では北小松は風速9mを越えていましたが、彦根で1mなど、湖面は浮かべたようです。しかし、敦賀の8mを見る限り時間の問題の様子。

truth  ブログ写真 2017/11/23

 13時になると、彦根で9mを越えており、湖上は嵐になっていた事が分かります。

truth  ブログ写真 2017/11/23

 北湖でガイドをしていると南湖よりも高い確率で中止となってしまいます。

 10月~12月の限定の北湖コースですが、数は非常に釣れて景色も最高ですが、こういう欠点もございます。

 本日は南湖も大荒れとなっていた為に、北湖コースから南湖への変更もできずに中止とさせて頂きました。

 来週は穏やかな天候が戻りますが、週末にかけてもう1度ぐらいこのレベルの寒気到来となりそうですので、ご予約のお客様にはご迷惑を掛ける場面があるかもしれませんが、悪天候の場合は安全を優先させて頂きますので、何卒ご了承くださいませ。

 

テーマ:ガイド

ガイド空き状況

平村尚也

1月 4(金) 6() 9(水) 10(木) 16(水) 17(木) 18(金) 20()
2月 15(金) 16() 18(月) 19(火) 20(水) 21(木) 25(月) 26(火) 28(木)

大熊一徳

12月 16() 17(月) 18(火) 19(水) 20(木) 21(金) 22() 23() 24(月) 25(火) 26(水) 27(木) 28(金) 29() 31(月)

武田栄喜

12月 18(火) 24(月) 25(火) 26(水) 27(木) 28(金)
1月 7(月) 8(火) 9(水) 10(木) 11(金) 14(月) 15(火) 16(水) 17(木) 20() 21(月) 22(火) 23(水) 24(木) 25(金) 26() 27() 28(月) 29(火) 30(水) 31(木)

真木将行

12月 15() 16() 19(水) 20(木) 22() 23() 27(木) 29() 30()

詳細・ご予約

11月15日平村ガイド「ワイルドサイド(レジットデザイン)テスト2日目」

2017-11-15 23:40:30

 本日はワイルドサイド(レジットデザイン)のテスト2日目。

 初日は雨パワーで釣れまくったので、魚を掛けるテストはOK状態。今日は南湖でウィードに当てながら仕上がりをチェック。

 今回のテストではソリッドティップの2本を主にテスト。

 1本目はWSC-ST610ML

truth  ブログ写真 2017/11/15

 これはテキサスやヘビダン、ヤマセンコーノーシンカーなどのソリッドロッド。現行品ではWSC610L のバットパワーは上で、ティップはソリッドでパワーは同じで、ティップの反発を抑えたモデル。

truth  ブログ写真 2017/11/15

 目的としては、ロングカーリーやヘビダン、ヤマセンコーのノーシンカーでソリッド効果でバイトを弾かず、バットパワーはカーボンを太くしてフッキングを重視すること。

truth  ブログ写真 2017/11/15

 ソリッドならでは低反発なティップで食い込み良し!

truth  ブログ写真 2017/11/15

 フッキングはバッド側がチューブラーなのでパワー申し分なし。

 ただ、ソリッドなのでカーボンよりも食い込みが良い分、ロックエリアなどでは根掛かりが増えるのが難点。

 そのため、ロックエリアや漁礁などは610L 、610Mの出番となり、ウィードやフラット、浚渫はこちらの食い込みの良いソリッドを使うイメージです。

 ロングカーリーでバイトが勝手に入っていく様は、「さすがソリッド!」という出来です。

 

 

 さぁ、もう1本はWSC-SR63L

truth  ブログ写真 2017/11/15

 これは従来品ではWSC64Lにソリッドを登載したイメージですね。

 使い道は2,7g~5gのダウンショット、3インチワームのノーシンカーなどですが、琵琶湖以外でもいっぱい使い道があるはずです。

truth  ブログ写真 2017/11/15

 私の中では、フリックカーリーのダウンショット・ベイトフィネス・ソリッドという位置づけになりますが、ジグヘッドなども良さそう。

 バイト時の弾きをソリッドで抑えて、バットパワーは強化しているのでビッグバスの突っ込みにもアラミドのトルクで上げてきます。

truth  ブログ写真 2017/11/15

 ワイルドサイド(レジットデザイン)のソリッドはこれまでスピニングにしか無かったので、今回ベイトフィネス、テキサスロッドでのソリッドを作成しました。

 ソリッドの利点を欠点をしっかり考えていくと、欠点として岩系などの根掛かりは多いので、そちらは従来のチューブラーモデルに任せて、ソリッドはその利点を生かして浚渫、ウィード、フラットなどのエリアで使用するのが良いでしょう。そして、なによりも中層のフォーリングバイトで弾くことが格段に減るので、フォーリングの釣りには欠かせないアイテムとなりそうです。吸い付くようなティップの追従性はタフコンディションには欠かせないでしょう。

 

テーマ:雑記帳

11月14日平村ガイド「ワイルドサイド(レジットデザイン)テスト初日」

2017-11-14 21:37:06

 本日からワイルドサイド(レジットデザイン)の来期アイテムのテストで北湖へ。

truth  ブログ写真 2017/11/14

 土砂降りの雨ですけど・・・。

 今回のテストはソリッドティップ到来のベイトタックル。

truth  ブログ写真 2017/11/14

 いかに反発を抑えて喰わせやすく、ストラクチャーから離れにくいなどソリッドのメリットを生かしながら、感度やパワー、曲がりを仕上げるか?

 入食いなので、テストは簡単に進む。

truth  ブログ写真 2017/11/14

 かなり完成度が高く、これでも行けそうですが、あえて細かい点も指摘します。

truth  ブログ写真 2017/11/14

 ソリッドとチューブラーの接続部も綺麗に曲がっていて合格点。

truth  ブログ写真 2017/11/14

 テキサスでバイトを弾かない事。ロングカーリーで喰わせの時にティップがフッと入る感覚が欲しい。フリックカーリー7,8で。

truth  ブログ写真 2017/11/14

 そこを見事にクリアーしていて、来期の発売が待ち遠しいアイテムに仕上がってきました。

truth  ブログ写真 2017/11/14

 ちなみに画像が粗いのは、カメラが雨で使えず、スマホが電池不足となり、携帯の写メで撮っている為。

truth  ブログ写真 2017/11/14

 今回のソリッドのベイトロッドは2タイプ。

truth  ブログ写真 2017/11/14

 明日以降、詳細をさらにレポートします。

truth  ブログ写真 2017/11/14

 それにしても雨パワーでよく喰います。テストにはもったいない?ガイドでゲストさんに釣ってもらいたいコンディションです。

truth  ブログ写真 2017/11/14

 雨パワーで入食いでテストは余裕で終了です。

 

テーマ:レジットデザイン