6月2日平村ガイド「ボートメンテと新アイテム」

2019-06-02 20:05:40

ボートの点検とオイル交換のため休業日。

DF200で多発しているドライブシャフトのスプラインの磨耗をチェックするためにロワーケースを降ろす。

自分でも出来るけれども、腰を痛める恐れがあるのでマッスルマリンさんに依頼。

truth  ブログ写真 2019/06/02

幸いな事にまだ使用可能な程度の磨り減り。

エンジンの点検で、どの部分がどれぐらいのの時間でどこが磨耗するかのデータを持っているかどうかは非常に重要。

故障でガイドができないという事態を避けるためには、磨耗箇所を事前点検する事が大切です。

そういう点では、販売店やガイド、レンタルボートで多数使われているエンジンの方がデータが多いので、故障データを見ると、買い替え時期、交換時期を色々と判断しやすくなります。

反面、珍しいエンジンを使用すると自分だけのデータとなり、故障トラブルが起こるまで分からないという面もあるので、エンジンは周囲に多いものを選ぶというのが、色々とメリットがあります。

 

 

さて、修理依頼して事務所で新製品のチェック。

truth  ブログ写真 2019/06/02

ハヤブサのキャロアーム。

一番重いのは1.5ozもあります。

これを陸っぱりでブン投げると、どこまで飛ぶのか?

バス釣りでキャロというのも良いですが、個人的にはキス釣りのジェット天秤として使ってみたい。

3点キャロ用に浜からのキャストで根が掛かりにくいようにワイヤーが長く設定されているのが特徴です。

 

もう一つは、LLDオフセットという、いわゆるパンチショットリグ(リーダーレスダウンショット)のセットされたフックで新サイズ。

truth  ブログ写真 2019/06/02

2/0 1/0 1と3サイズが発売されました。

特に2/0は使用頻度が高いので、今後は使う機会が増えるでしょう。

これでスイミングさせたり、パンチショットリグ(リーダーレスダウンショット)にしたり、ノーシンカーもスイベル付でヨレなしというメリットが多くなります。

 

そして、何気ないパワーワッキーヘビーのガード付フック。

truth  ブログ写真 2019/06/02

これ今までもワイヤーガードモデルがあったのですが、ワイヤーガードだと1匹釣るとワイヤーが曲がって使いにくくなっていたので、モノフィラのガードモデルが新発売です。

普通のマス針に、普通のモノフィラのガードという、普通同士の組み合わせだから、実は一番使いやすい。

目立たないですが、私としては、一番ありがたいアイテムです。

今後のネコリグはこのフックがメインとなりそうです。

テーマ:FINA

ガイド空き状況

平村尚也

現在空きはございません。

大熊一徳

7月 4(木) 7() 9(火) 10(水) 15(月) 18(木) 20() 21() 26(金) 31(水)
8月 1(木) 2(金) 3() 4() 5(月) 8(木) 17() 18() 19(月) 21(水) 22(木) 23(金) 24() 25() 26(月) 29(木) 30(金) 31()

武田栄喜

7月 11(木) 12(金) 24(水) 31(水)
8月 1(木) 2(金) 5(月) 6(火) 8(木) 11() 12(月) 14(水) 15(木) 16(金) 17() 18() 19(月) 20(火) 21(水) 22(木) 23(金) 24() 26(月)

真木将行

6月 30()
7月 3(水) 4(木) 6() 11(木) 13() 14() 15(月) 17(水) 18(木) 20() 21() 24(水) 27() 28() 31(水)
8月 1(木) 3() 4() 7(水) 8(木) 10() 12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17() 18() 21(水) 22(木) 24() 25() 28(水) 29(木) 31()

詳細・ご予約

6月1日平村ガイド「8月ガイド予約開始のお知らせ」

2019-06-01 21:27:37

本日から8月のガイド予約を開始いたしました。

8月は猛暑が予想されるため、時間を「早朝から午前」と「夕方」に分けて実施させて頂き、日中は涼しい屋内での休憩を予定しております。

涼しい天候となる場合は、通常のガイドに戻す事になり、天候により臨機応変に実施いたします。

また、8月ガイドは①前半「南湖」、②お盆「ビワマス」、③後半「北湖&巻き」と展開を分けて実施いたします。

 

①前半「8月1日~10日」(受付終了)

今年はカナダモの成長が見られないため、カナダモではなくエビモを中心としたパンチショットリグ(リーダーレスダウンショット)になる可能性大。

沖のエリアは、ジグを跳ねるパターン、フリーリグなどの展開でお盆までの期間は南湖を中心した通常のバスフィッシングガイドを実施。

南湖で本格的な釣りを求める方にはオススメのシーズンとなります。

truth  ブログ写真 2019/06/01

 

②お盆期間「8月12日~16日」(通常募集なし)

お盆期間は早朝から午前のみで北湖を中心とするビワマスガイドを実施いたします。

お盆のビワマスガイドは通常の募集は行わず、冬季にビワマスを申込されて天候により不成立となった方に案内のメールさせて頂きますので、日程が合えばお越しくださいませ。

涼しい午前のみで、午後からは釣ったビワマスを自宅で堪能頂くプランです。

truth  ブログ写真 2019/06/01

 

③後半「8月21日~31日」(募集中)残り僅か

後半は、午前に涼しい北湖を中心に展開。北湖の広大な自然の元、北湖の数釣りエリアやディープのサイズ狙いを実施します。

(日中は猛暑日の場合、屋内で休憩を頂きます。)

夕方からは、南湖に戻り、南湖のシャローを中心に巻き展開を実施予定となっております。

数が釣りやすい北湖展開も入りますので、初心者の方やカップルの方にもオススメとなります。

フリックカーリーの数釣りやIシャッドの入食いパターンはこの時期から9月の北湖が中心となります。

truth  ブログ写真 2019/06/01

ただ、全て予想となっており、台風等によっては予定は変更となる場合もございますので、予めご了承くださいませ。

ご予約は日程表より、人数と金額をご確認の上、お申込くださいませ。

 

 

テーマ:ガイド

5月30日平村ガイド「ガイドキャンセルで在庫管理」

2019-05-30 18:13:44

 朝4時半から起きてガイドの準備をしていたら、6時過ぎにゲストさんから体調不良のためキャンセルとの連絡あり。

 いい天気で久しぶりの無風DAYだから、本当に勿体ないけど仕方がない。

 単独での釣りも考えたが、事務作業が溜まっているので事務所に引き篭もり。

 

 しかし、天気の良い日に屋内で仕事するほど辛いことはない。世間の会社勤めの方は、こんな思いをされているのだと実感する。

 「釣りに出たいゾ~」

 

 溜まっていた雑誌類に目を通すと、今月号のバサー誌のニンジャさんの記事に。

truth  ブログ写真 2019/05/30

おお!マルチウォブラーが載っている!

truth  ブログ写真 2019/05/30

このキャロでとんでもなく釣れるコンセプトを理解してもらって紹介してくださるとは感激です。

もう廃盤の可能性は高いですが、キャロの時にロールさせて幻滅効果で釣るために設計してあり、後ろの小さいテールの大きさがキャロの時にロールを抑えて回転させない目的があります。

ですから、後ろのテールが大きくなると今度はロールゼロになり釣れないし、無くなるとクルクル回って釣れなくなる。キャロで一番釣れる速度の時に綺麗にヒラ打ちロールします。だから釣れるんです。

truth  ブログ写真 2019/05/30

でも、やっぱり際モノ扱いされて廃盤への道を辿ることに。

その辺を見極めて紹介していただいた事に感謝申し上げます。

私も残りの在庫がある限りはキャロで使い続けており、一部のファンの方は未だに幻滅効果の高いツートンカラーを買い続けておられます。

でも、さすがにそろそろ在庫処分も終わる頃かと・・・。

 

さて、事務所内のワームの在庫整理。

truth  ブログ写真 2019/05/30

やっぱり、よく釣れているワームほど無くなる。

釣れ出したら1日1パック消費するので、いきなり1週間で6パック、3週間で18パックぐらい消費することも。

しかも、突然水の色が変わったりして、ワームの色も「これじゃないと釣れない」みたいな状況も起こるので、ちゃんと整理整頓して、在庫カラーの数を確認。

 

一方、フックの方もきちんと整理。

truth  ブログ写真 2019/05/30

オフセットはWRM951、TNSオフセット(ノーマル)、TNSオフセットHD(太軸)の3種類を使い分け。

スピニングにはノーマルのTNS、ボリュームのある小型ワームはWRM951、ボリュームのある大型ワームはTNSHDです。

 

 

さて、フックと合わせて重要なのがシンカーです。

truth  ブログ写真 2019/05/30

シンカーはウェイト毎、形状毎に揃える必要あり。

バレットシンカーは丸みのあるタイプはジャッカル、すり抜けやすいストレート気味はカンジを使用。

基本はジャッカルのバレットシンカーだけで事足りるのですが、3,5gと5gの間のウェイトは、スゴイシンカーだけにある4g。

truth  ブログ写真 2019/05/30

この4gが意外と根掛かりやすい所やウィードで重宝するので長年4gと言えば、スゴイシンカーです。

そして、もう一箇所ウェイトで必要なのが、10,5g(3/8oz)と14g(1/2oz)の間の7/16oz(12g)です。ここは丸っぽいジャッカルと同系であるのは、レインさん、長めの棒っぽいのはバレーヒルさん。

truth  ブログ写真 2019/05/30

この10gと14gの間はかなり大きいので、かなり重要となります。

 

でも、ジャッカルも他社にない絶妙なウェイトを持っており、ダウンショットの1/13ozの2,2gがそれ!

truth  ブログ写真 2019/05/30

ここの前後の1,8g(1/16oz)と2,7g(3/32oz)ではかなりダウンショットでは結構致命的な差が出てしまう。

その時にジャッカルのラウンドのタングステンシンカーの2.2g(1/13oz)は必需。

ジャッカルのラウンドのダウンショットシンカーはハリス止めも良くて、非常に良く仕上がっております。

 

でも、上のウェイトに行くとハリス止めタイプは棒型のみ。ラウンドの5gハリス止めはダイワさんにあり、7gと10gになってくると庄司さんのドリームエクスプレスルアーズの独断場。

truth  ブログ写真 2019/05/30

最近は何もかもパンチショットリグ(リーダーレスダウンショット)という時代で多用することが多く、LLDオフセットというスプリットリングもスイベルもセットされた商品を使うことが増えました。

truth  ブログ写真 2019/05/30

で、あとはフットボールにするなら、ダイレクトショット、パンチショットリグ(リーダーレスダウンショット)にするなら元祖パンチショットシンカーとなります。

つい最近まで、ダイレクトショットに5gと7g無いので不便に思っていたら、即リリースされておりました。流石です!

truth  ブログ写真 2019/05/30

とにかく、シンカーというのは探し出すと、某型、丸型、ハリス止めタイプ、ラウンドアイタイプと組み合わせると数が増えて、さらにウェイト毎に揃えていくと、各社のラインナップから不足しているものが見えてきます。

そういう点では現場に近いアングラーがキチンと作ると、やっぱりラインナップに共感できるようになる事が多く、「そのウェイトのソコ」という具合に納得できることが多いですね。

やっぱり釣るゲストさんは、その辺がしっかりしていて、ルアーの数よりも、しっかりフックとシンカーを揃えておられます。

シンカーやフックは、「アレがない、コレがない」と言って代用すると本当に釣れなくなるもので、上手いアングラーは必ずフックとシンカーを絶妙な揃え方をしているものです。

 

テーマ:ジャッカル