2月13日平村ガイド「原稿仕事終了」

2019-02-12 19:47:44 前の画面へ戻る

 琵琶湖リサーチの連載原稿は終わったのですが、残り仕事という形で過去を振り返る原稿仕事。

 よく言われるのが、「ガイド業は体力仕事だから、歳を取ったら原稿仕事とか内勤の方が良いでしょ」という内容。

 いやいや、実際にはガイドよりも何千文字も書くライター業の方が圧倒的に体力的に厳しい。はっきり言ってライター業というのは、脳の土方仕事です。

 しかも、マラソンのように長く12時間以上の長時間労働もあれば、締め切り前の400m走のような全力疾走もあります。

 こんなにシンドイ仕事は無いぐらいキツイです。

 比べるのもおこがましいですが、90歳を超えて小説を書き続ける瀬戸内寂聴さんとか、先日無くなられた堺屋太一さんとか、超人です。

 ブログに書くような短文なら、スラスラと書けますが、論理構成して、面白く書くなんてできません。なので、ほぼライター業は引退の方向に向かっております。

 

 ただ、文章というのは面白いと思うこともしばしば。。

例えば、先日のフィッシングショーで観たジャッカルのルースターギアマーケットのカタログ文。以下カタログより

 

 

◆◆◆

立ち並ぶ高層ビルの間を流れる河川、田んぼのあぜ道の横を流れる小川、

さまざまな船が係留されている港湾エリアーー。

私達の周りにはたくさんの”水辺”が存在する。

もともと人が生きるための知恵にすぎなかった釣りは、”人”と”水辺”をつなぐツールへと変わっていくかもしれない。

あたらめて周囲の”水辺”に立ってみよう。思いがけない発見が待っているはずだ。

◆◆◆

 

コピーライティングの仕事の一環ですが、

最初の一文から体言止めを使って、程よい品格とリズムを作り出し、軽快感を出している。

まさにお洒落で気軽な釣りをイメージしたコンセプトにぴったりな文章だ。

その後の3文は静から動へと変わり、期待感を生み出す文章となっている。

短い文章だが、広告用としてはピッタリな文章構成となっている。

ほんと良いライターさんを使っている。もし、社員さんや会社の方の仕事だったら、それはそれで恐ろしい才能の方だと思う。

 

 

こういう文章の作り方を見ていると、やっぱり文章って面白いと思う。

ただ、自分が作るとなると、それば別問題で、もう死にそうなぐらいに悩むから、もう逃げ出したくなる。

テクニックを使っても、ファッションと一緒で、使いすぎるとかっこ悪くなるから難しい。

 

良い文章を読めば読むほど、自分の才能の無さに、地獄に落とされるのが文章の世界だ。

しかも、文章の奥行きにはキリがないのに、締め切りには時間があり、そして簿給という仕事。

この歳になって国語、作文という世界の入り口がようやく見えただけである。

truth  ブログ写真 2019/02/12

 

テーマ:雑記帳

ガイド空き状況

平村尚也

現在空きはございません。

大熊一徳

2月 22(金) 23() 24() 26(火) 27(水)
3月 1(金) 4(月) 5(火) 7(木) 13(水) 17() 18(月) 21(木) 27(水) 28(木) 31()
4月 2(火) 4(木) 6() 9(火) 11(木) 12(金) 13() 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 20() 25(木) 26(金)

武田栄喜

4月 8(月) 10(水) 11(木) 12(金) 19(金) 21() 25(木) 26(金) 30(火)

真木将行

3月 2() 3() 6(水) 7(木) 9() 10() 13(水) 14(木) 16() 17() 20(水) 21(木) 23() 24() 28(木) 30() 31()
4月 3(水) 4(木) 6() 7() 10(水) 11(木) 13() 14() 17(水) 18(木) 20() 21() 24(水) 25(木) 27() 28() 29(月) 30(火)

詳細・ご予約