5月9日平村ガイド「フックの整理整頓中」

2021-05-09 19:32:26

GWの後半?それとも普通の平日?

湖上は6日以降は平日にしては混雑しているけど、休日にしては少ないボート数で推移。

ヒットはするけど、バラシでなかなかキャッチできない感じでした。

あとは、他の業務が多くて湖上に出られず。

 

最終日の10日は爆風ということで事務所にこもってフックの整理整頓。

ボックスは大きく分けて、ジグヘッド用、ベイトタックル用、スピニングタックル用、ジグ用と4箱。

スピニングタックル用は小さなフックと軽いネコリグ、ダウンショットシンカーで満載。

ネイルシンカー命!

ダウンショットシンカーも大切。

マス針はハヤブサのDSR132を各サイズ。

 

ベイトタックル用はフリーリグ全盛時代となっており、バレットシンカーが減らず、スリムタングステンシンカーの在庫を要確認。

フックは、カバークローグランデが使用頻度が高くなったのでTNS#6/0の軸の太すぎないのが良くて、ファイボスのフリーリグで同5/0も無くなるので在庫を補充です。

愛用のTNS。

このフックは太軸すぎないのに、5/0 6/0 7/0があるのが味噌。

意外とこの番手の中間サイズの軸のフックというのが無いのです。

さて、あとは新製品で使いそうなモノを追加。

ハヤブサのライトニングストライク。

オカッパリ用とされていますが、「何が?」と思ったら、ワイドゲイブでもなく、ナローゲイブでも無いから、オカッパリで持つフックの量を少なく出来るという。

「それって使いやすいのでは?」と思って、軸がやや細めなので、#4~#2/0をスピニング用に採用することにして、1軍のスピニングのフックケースに入れることにしました。

ワームの在庫は、パックでボートにポイっと入れれば良いのですが、フックとシンカーだけはかなり慎重に選んで、在庫を確認しています。

ここが切れると、本当に釣れなくなるから。

釣れるゲストさんは、このフックやシンカーの不足が少ないという事実。

釣りは「針とオモリ」で、次に「ライン」です。

 

テーマ:FINA

ガイド空き状況

平村尚也

1月 5(水) 6(木) 7(金) 8() 12(水) 13(木) 14(金)

大熊一徳

12月 1(水) 3(金) 5() 8(水) 10(金) 12() 13(月) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18() 19() 20(月) 21(火) 22(水) 24(金) 25() 26() 27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 31(金)
1月 2() 3(月) 4(火) 5(水) 6(木) 7(金) 8() 9() 10(月) 11(火) 12(水) 13(木) 14(金) 15() 16()

武田栄喜

1月 21(金)

詳細・ご予約

5月12日平村ガイド「HYOON EX」

2020-05-13 22:10:03

いつの間にか、季節は暑さを感じるシーズンに。

夏のウェアーとして、冷感ウェアーのハヤブサの「HYOON」が「HYOON EX」としてパワーアップ。

「なにがパワーアップしたのか?」

従来のモデルまでは「キシリトール、エリスリトール」が含まれていたのですが、それに加えて「メントール(ハッカ)」成分が配合されたそうな。

ちなみに「メントール」はハヤブサだけとの事。

 

 

今までのモデルでも十分に冷たく感じたのですが、さらに効果がパワーアップするという。

実際には温度が下がる訳ではなく、スースーとする冷感が得られることで涼しく感じる。

確かに、この手の冷感ウェアーは、雨の日とかに来ているとヤバいぐらいに冷えるので、真夏のウェア。

truth  ブログ写真 2020/05/13

短パンを履いて、日焼け防止と冷感のためのレッグカバー

こちらは

truth  ブログ写真 2020/05/13

腕にアームカバー。

そして顔には

truth  ブログ写真 2020/05/13

フェイスマスク!

さらに首に

truth  ブログ写真 2020/05/13

ネックカバー

そしてTシャツまでラインナップ。

truth  ブログ写真 2020/05/13

これで全身冷感体制が完成です。

冬の光電子シリーズ、夏のHYOON EXシリーズと、寒いのも、暑いのも完璧。

5月中旬の今だと、まだ早い気がしますが、7月中旬の梅雨明けから8月は必需品となるでしょう。

テーマ:FINA

11月16日平村ガイド「光電子×もちはだ」

2019-11-16 20:54:39

季節が進んで防寒着だけでなく、インナーを着用するシーズンに突入。

ジッとしていても暖かい光電子シリーズのインナーに「もちはだ」が採用されました。

truth  ブログ写真 2019/11/16

光電子は遠赤外線で保温する素材ですが、それにパイル生地でありながら起毛という技術で、空気層を確保して保温効果を高める「もちはだ」というワシオ式パイル生地が採用されてプレミアムクラスの保温力を発揮。

truth  ブログ写真 2019/11/16

なにせ、触り心地抜群です。

上下セットで着てしまえば、これで快適度合は一気にアップ。

truth  ブログ写真 2019/11/16

間違っても、屋内や街中には着ていかない事。光電子の「超厚手」ですら、過去に電車に乗って一人汗だくになった経験あり。

truth  ブログ写真 2019/11/16

逆にフィールドでは、コレ無しでは生きていけないレベルです。

光電子の超厚手を経験された方、さらに上のレベルのインナーがあるので試してみませんか?

 

テーマ:FINA