11月28日平村ガイド「フリックシェイクのヘビダンで4100g/58.5㎝と40アップ」

2021-11-28 17:34:18

27日は寒波到来で中止。

そして、28日は朝は冷え込む。

今年初の車のウィンドウが凍りました。
そして、比良山系は雪景色。

寒波が少し過ぎて天候は回復して、紅葉見物はピークで、白髭神社は駐車場満車、マキノ高原のメタセコイア並木はバイパスから車が大渋滞という完璧なレジャー日和となっておりました。

さて、湖上は朝の一瞬だけ風が弱く、「今日はお手柔らかにお願いします」という感じで、恐る恐る本湖に飛び出すと、やっぱり爆風!

寒気が入り込むと恒例の強風。

で、こういう寒気で大荒れとなったので湾内に向かうと、見事に人、人、人という状態。

あらゆる場所にオカッパリの方がおられて湖岸には近寄れない状態。スーパーレジャー日なので、皆さん楽しまれておられます。

という事で、風裏で人のいない場所を探して40アップ。

なかなかコンディションの良いバスが釣れていますが、逆に小型魚はついにバイトが出ないようになりました。これを本格的なビッグバスシーズンと言うのか?それとも、バイトの少ない冬というのか?は貴方次第。

でも、バイトしてくると・・・。

フリックシェイクで4100g/58.5㎝

こんなコンディションのバスとなります。

バイト数が減少してビッグサイズとなる季節。

まだ、天候が回復すれば、どこかで小型の入れ食いもあると思いますが、そろそろこういうサイズだけを狙う釣り方をする本格派アングラーの方だけの季節になりそうです。

 

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

1月 5(水) 6(木) 7(金) 8() 12(水) 13(木) 14(金)

大熊一徳

12月 1(水) 3(金) 5() 8(水) 10(金) 12() 13(月) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18() 19() 20(月) 21(火) 22(水) 24(金) 25() 26() 27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 31(金)
1月 2() 3(月) 4(火) 5(水) 6(木) 7(金) 8() 9() 10(月) 11(火) 12(水) 13(木) 14(金) 15() 16()

武田栄喜

1月 21(金)

詳細・ご予約

11月26日平村ガイド「ミドスト、フリックシェイクのヘビダンでMAX52㎝の27本」

2021-11-28 17:23:40

午前は穏やかな天候だったのですが、午後から寒波到来で荒れ模様の一日。

後半には琵琶湖北部名物の黒い雲と共に、虹が発生。

この虹がやってくる季節になると北部から断続的に雨がやってくる。

釣りの方は前半にワイルドサイドWSS67Lpでのパワーミドストで50アップ。

ワイルドサイドWSS67Lpのパワーミドストで52㎝。
ゲストさんもミドスト展開で。

その後はヘビダンのフリックシェイクをワイルドサイドWSC67L を使って連発モードで30本弱の展開。

後半は吹き荒れたので湾内限定となりました。

 

 

テーマ:琵琶湖

truth  ブログ写真 2021/11/28

11月28日大熊ガイド「初冠雪、初霜でグッドサイズ、レギュラーサイズ」

前年の同時期の釣り

11月24日平村ガイド「ソウルシャッド、ネコシュリンプなどで86本」

11月25日平村ガイド「ネコシュリンプ、カバークロー、ソウルシャッドでMAX61㎝/4800gの105本」

11月26日平村ガイド「ネコシュリンプ、ソウルシャッドでMAX54㎝の58本」

11月27日平村ガイド「ネコシュリンプのフリーリグで37本」

11月29日平村ガイド「ネコシュリンプのフリーリグで52㎝、50㎝、45アップなど11本」

12月2日平村ガイド「南湖の様子を探る日」

12月3日平村ガイド「ソウルシャッド、ディグル3plusで30本」

11月25日平村ガイド「ミドストとフリックシェイクのヘビダンでMAX52㎝の33本」

2021-11-25 21:43:14

朝の琵琶湖大橋は風速6mの強風。

昨日、一昨日と南湖は南風が吹き抜けており、その風がまだ残っている様子。

北湖に北上していくと北小松や高島はやや東よりの風。

大浦に入ると南からの風でウネリが入り込む。

長浜からのボートがウネリが酷くて大浦に回り込んできておられるので、どうやら琵琶湖全体としては南風が吹き抜けている様子で、西岸だけ少し東よりの風という展開。

こんな感じで朝の琵琶湖全体の風の様子で判断していく。

比較的風は落ち着いてきて釣りになる展開。

フリックシェイクのヘビダンからスタート。

ディープに落ちた個体をワイルドサイドWSC67Lpで小突くように狙い撃ち。

そして、今度はワイルドサイドWSS67Lpのパワーミドストロッドでミドストで50アップ。

その後も、ヘビダンに戻して一時は入れ食いモードにはいって30発ほど追加。

北西風が吹き荒れることなく終わりましたが、北湖の中央は南風のウネリが酷く、帰着はハードなドライビングになる場面も。

まだまだ釣れるのですが、寒気が入り込むことによって湖が荒れることが多くなり、目的地まで到達できなかったり、エリア制限になったりするので、その点では釣果が落ちてしまうことも。

ただ、寒波が去って穏やかな天候となれば、水温は16度台と釣るのに困るような状況ではありません。

 

 

テーマ:琵琶湖

前年の同時期の釣り

11月20日平村ガイド「寒冷前線通過の日、スイミングマスター&リズムウェーブ、フリーリグ、シャッド、ノーシンカーでMAX45クラスの39本」

11月22日平村ガイド「3連休の中日はノーシンカーで6本」

11月24日平村ガイド「ソウルシャッド、ネコシュリンプなどで86本」

11月25日平村ガイド「ネコシュリンプ、カバークロー、ソウルシャッドでMAX61㎝/4800gの105本」

11月26日平村ガイド「ネコシュリンプ、ソウルシャッドでMAX54㎝の58本」

11月27日平村ガイド「ネコシュリンプのフリーリグで37本」

11月29日平村ガイド「ネコシュリンプのフリーリグで52㎝、50㎝、45アップなど11本」