2月16日平村ガイド「ビワマスのちバス」

2019-02-16 20:13:37

 本日は北湖でビワマスからスタート。

 ビワマスガイドは1月中で終了しておりますが、「ビワマスをしたい」ということで今回だけ特別。

 強風予報でしたが、朝は北湖でもベタで流せる状況でバイトもポツリ、ポツリと出ます。

truth  ブログ写真 2019/02/16

ただ、ワカサギの量が1月よりも減っており、なかなか浮き上がらずレッドコアラインにはバイト無し。やっぱりレッドコアの「ジィーーー」というサウンドが聞きたいですよね!

truth  ブログ写真 2019/02/16

しかし、ダウンリガーの深いレンジだけバイトあり。全然、浮き上がってこない展開です。

truth  ブログ写真 2019/02/16

バイトがあるのですが、ゲストさんが合わせると緩みが出てバラシ連続。今度は2本同時にバイトが出たので、私も巻いて1本は上げてライブウェルに入れておきました。

そして、モタモタしているうちに爆風モードで強制終了・・・。

 

慌ててロッドを片付けて帰着しようとすると、北湖の沖に流れていたロープがプロペラに巻きつき、湖上で漂流!!

「運悪ぅ~」

爆風になっており、大荒れなのでトランサムから水が入らないように、風上にバウを向けてまずはボートを安定させる。

それから、ゲストさんに積んでいたビワマス用のボートフックでロープを外してもらい、なんとか難を逃れました。

ほんと、この時期は水中に浸かり外すわけにいかないので、ボートフックとか高枝きりハサミとか、プロペラに絡んだロープやゴミを取る道具がないと大変な事になります。

あと、今回のロープもそうでしたが、昨年の台風でエリや刺し網などの漁具が大量に崩壊したまま放置されています。それらが冬の大荒れで再び流れており、ブイと一緒に流れていると水面直下にあるのでペラに絡むというトラブルになります。

滋賀県水産課も昨年の秋には注意喚起をしておりましたが、今も流れているロープが北湖に浮遊しているのでご注意ください。そして、ボートには何かロープ等を外せる道具を積んでおく事をオススメします。

 

さて、午後からは爆風ということで南湖内でバス釣り。

truth  ブログ写真 2019/02/16

メタル、ジグヘッド、バイブレとノーバイト。午後の2時間強の時間では残念ながらバスは見れず。

truth  ブログ写真 2019/02/16

結局、ゲストさんにはビワマスをお土産にお持ち帰り頂いて終了。

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

現在空きはございません。

大熊一徳

2月 22(金) 23() 24() 26(火) 27(水)
3月 1(金) 4(月) 5(火) 7(木) 13(水) 17() 18(月) 21(木) 27(水) 28(木) 31()
4月 2(火) 4(木) 6() 9(火) 11(木) 12(金) 13() 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 20() 25(木) 26(金)

武田栄喜

4月 8(月) 10(水) 11(木) 12(金) 19(金) 21() 25(木) 26(金) 30(火)

真木将行

3月 2() 3() 6(水) 7(木) 9() 10() 13(水) 14(木) 16() 17() 20(水) 21(木) 23() 24() 28(木) 30() 31()
4月 3(水) 4(木) 6() 7() 10(水) 11(木) 13() 14() 17(水) 18(木) 20() 21() 24(水) 25(木) 27() 28() 29(月) 30(火)

詳細・ご予約

truth  ブログ写真 2019/02/16

2月15日武田ガイド「魚探&地形ガイド!エコマップplus95sv」

truth  ブログ写真 2019/02/16

2月15日大熊ガイド「カヤック生活その後」

前年の同時期の釣り

2月17日平村ガイド「テスト釣行・ようやく湖上へ」

2月19日平村ガイド「メタルバイブで2バラシ」

2月20日平村ガイド「ポカポカ陽気もシャローには来ず」

2月21日平村ガイド「スイミングジグで7バイト2フィシュ」

2月15日平村ガイド「ガイドプラへ」

2019-02-15 19:33:58

 本日より湖上復帰。

 約1ヶ月ぶりのボートとなるので、まずはボートの作動テストから。

truth  ブログ写真 2019/02/15

エレキヨシ、魚探ヨシ

truth  ブログ写真 2019/02/15

エンジンヨシ!

さて、まずは水温から見ていくと7,9度。暖冬でやっぱり水温は高め。それでも1ヶ月前の8度台に比べて下っているから厳しくなってそう。

truth  ブログ写真 2019/02/15

沖を中心にウィードの残り具合をチェックしていくと、やっぱりこの1ヶ月間で随分と抜けています。

さらに、厄介そうなのが透明度の高い水。12月や1月の濁りのあるタイミングはバイブレだけで攻略できたのですが、これはワームの準備しておかないと痛い目に遭いそうです。

truth  ブログ写真 2019/02/15

要所要所にはルアーをキャストしますが、簡単には反応なし。

とりあえず、ガイドに向けて幅広くチェックするために魚探をかけておく事に。

truth  ブログ写真 2019/02/15

しかし、やっぱりウィードが無いですね。

逆に言うと、これだけウィードが無いのだから、ウィードのある所は100%バスが居る訳で、ウィードがある所のボートだけロッドが曲がっておりました。

問題はこのウィードのあるエリアが狭いという事で船団化必至。さらに透明度が高い水を重なるとワーム系となってしまうのでしょう。

シャロー沿いの年末年始やっていたエリアは叩かずに、南湖の半分の沖側を重点的にチェックしましたが、今年の沖は浚渫以外は釣れなさそうです。

これを元にタックルを組み直すことに。

浚渫、ウィード、シャローの3パターンを攻めるタックルセッティングをしなくてはなりません。

テーマ:琵琶湖

前年の同時期の釣り

2月17日平村ガイド「テスト釣行・ようやく湖上へ」

2月19日平村ガイド「メタルバイブで2バラシ」

2月20日平村ガイド「ポカポカ陽気もシャローには来ず」

1月15日平村ガイド「昼から出艇してTN60トリゴンとメタルバイブで48cm、45cm」

2019-01-15 21:59:30

天気予報を見ると、

  • 15日は無風
  • 16日は寒波で北西強風
  • 17日も強風
  • 18日も強風
  • 19日は凪

という予報なので、湖上に出て楽しい展開となるのは、今日(15日)と19日土曜日だけ。

一応、予定では車関連の作業日だったのですが、ホームセンターに行くと昨日まであった収納ケースが売り切れていていきなり出鼻を挫かれる。

天気も曇り無風という事で釣れそうな雰囲気満開なので、湖上に出ることに。

 

マリーナに行くとカーペット張替え作業中の大熊さんに悪魔の誘いを~

truth  ブログ写真 2019/01/15

「釣り行く~」

「今日は釣れるでぇ~」

と目の前でシェイクしてみると・・・。

 

喰わなかった・・喰いそうなんだけどなぁ~。

珍しく真面目に作業をするようです。

という訳で12時ぐらいから湖上へ。

truth  ブログ写真 2019/01/15

ほら!釣れそうでしょう!

今日はガイドじゃないから、1級スポットに全力でルアーをキャストすると!

いきなりバイト!ほら、やっぱり釣れるじゃん。

truth  ブログ写真 2019/01/15

あっ!あと1mまで寄ったのにバラシ!

いや~悔しい!

ゲストさんが居ないから本気で投げているので、本気で悔しいです。

ゲストさん居たら平然と「どうぞどうぞ!」とキャストしてもらうのが本来の姿ですが、今日は違う!自分の釣り。

 

このやろ~と本気で次々とスポットを攻めて2バイト目!

truth  ブログ写真 2019/01/15

メタルバイブで45cm。ワイルドサイド(レジットデザイン)610Mで。

 

ならば、もっと攻めてTN60トリゴンで45cm。

truth  ブログ写真 2019/01/15

ワイルドサイド(レジットデザイン)610MHのスローリトリーブで。

3時間ほどで3バイト2本、あとは気になるウィードの枯れ方をチェックすることに。このあとは、truthの新年会となりました。

今年の春に向けて、ウィードのチェック、ボートのメンテナンス、経理仕事等など、しばらくは天気の悪い日には陸仕事、釣れそうな日には湖上へプライベートな釣りとなります。

通常ガイドの再開は2月15日以降となります。

 

テーマ:琵琶湖

truth  ブログ写真 2019/01/15

1月15日武田ガイド「ボディーウォーター狙い!」

前年の同時期の釣り

1月15日平村ガイド「ゴールドコーストのクロダイ釣り」

1月18日平村ガイド「レークマクドナルドのオーストラリアンバス」

1月20日平村ガイド「ヌーサリバーでのマングローブジャック」