9月25日平村ガイド「ナギサ、フリックカーリーなどで10本ほど」

2021-09-26 17:59:21

週末のべた凪快晴。

ボイルがポツポツと発生しているので、ボイル撃ちでナギサに45クラスがヒットするもバラシ。

前半はサイズの良いボイル撃ちをしておりましたが、なかなか上手くいかずに後半戦へ。

後半戦はある程度反応の多いナギサのパターンでポツポツと釣っていく。

フリックカーリーもバイトがあるのですが、ギルが多めで、ようやくバスのバイト。

ボイルが止まるとサイズダウンでなかなかグッドサイズに恵まれない展開。

ラストもナギサでぽつぽとバイトがあって終了。

ナギサはワイルドサイドST65Lで、フリックカーリーはST63Lplusで。

大型のチェイスは何度も目撃していただけに惜しい展開でした。

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

12月 6(月) 22(水) 24(金) 31(金)

大熊一徳

10月 26(火) 27(水) 28(木) 29(金) 30()
11月 1(月) 7() 10(水) 12(金) 17(水) 18(木) 19(金) 22(月) 23(火) 24(水) 25(木) 26(金) 27() 28() 29(月) 30(火)
12月 1(水) 2(木) 3(金) 5() 6(月) 7(火) 8(水) 9(木) 10(金) 11() 12() 13(月) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18() 19() 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25() 26() 27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 31(金)

武田栄喜

現在空きはございません。

詳細・ご予約

前年の同時期の釣り

9月23日平村ガイド「ナギサ、フリックカーリーで44本」

9月24日平村ガイド「RVドリフトフライで55㎝,54㎝,52㎝」

9月25日平村ガイド「ナギサ、フリックカーリー、プロトミドストワームで4時間で30本」

9月26日平村ガイド「ナギサ、フリックカーリーで51本」

9月28日平村ガイド「ナギサ、フリックカーリーで29本」

9月24日平村ガイド「ナギサ、フリックカーリー、DBユーマ、ネコシュリンプでMAX51㎝の20本超」

2021-09-25 04:38:29

強風予報ですが、朝は凪のコンディション。

ただ油断大敵、いつでも吹いてよいようにエリアは限定してガイド開始。

展開としては、フリーリグでボトム側を釣って、中層をフリックカーリーのヘビダンで泳がす。

そのため、ボトムはカーボン、中層はソリッドティップを使う。

これが逆になると、ボトムでソリッドティップで根掛かり多発、中層でカーボンでバイトを弾く。

このボトムと中層の釣りの違いでロッド選択が変わります。

開始はDBユーマで。

開始早々はボトム狙いでDBユーマのフリーリグ。

DBユーマはサイドに腕のような抵抗となるモノがあるので、フォール速度が遅め。

それに対して、ネコシュリンプは抵抗が小さく、スライドフォール系。なのでリアクション的に喰い出す感じ。

truth  ブログ写真 2021/09/25

確実に2つのワームで反応の違いがあります。

 

そして、ボトム側を釣りきった段階で中層をフリックカーリーヘビダンでスイミング。

今度はフリックカーリーをワイルドサイドST63Lplusで。

この釣りは完全にボトムを切って中層を泳がすだけ。水深が20mを超えるエリアでも中層の8mとかをスイミング。

フリックカーリーはバイト多数。

中層スイミングはソリッドティップでないとラインテンションが張った状態でスイミングするのでバイトを弾きます。

ワイルドサイドST63Lplusはそれに対応させたティップを搭載。

連発モード。

中層スイミングでイージーモード。

フリックカーリー祭り

予報通り、寒気が入ってきているので北西強風。

ちょっと荒れてきました。予報通りの展開。

風裏に入ってネコシュリンプ。スライドフォールでリアクションバイト。

 

truth  ブログ写真 2021/09/25

ネコシュリンプで50アップ。ワイルドサイド610Lplusで。

 

 

風裏ではナギサ展開。

ナギサでチェイス多数。

ナギサはシャローやボイル撃ち。

さらに強風となりネコシュリンプのフリーリグ。

これもネコシュリンプで。

ネコシュリンプのフリーリグはボトムを丁寧に釣りながらストラクチャー回りでスライドフォール。DBユーマならスローフォールでバイトを誘発します。どこでもバイトは多くて20発ほど。

テーマ:琵琶湖

9月23日平村ガイド「DBユーマ、フリックカーリー、ナギサで55㎝など25本ほど」

2021-09-23 21:59:43

最近、PEラインのスピニングを使うことが多いのですが、その際に注意して頂きたい事がございます。

それは糸巻量です。

これぐらい巻き量が少ないと飛距離が落ちます。I字系の釣りは飛距離が命なので、糸巻量が少ないのは致命的なのです。

スプールにはフロロ〇ポンドで100mなどと目安が書かれていますが、PEラインは同じポンド数であっても号数(太さ)が細いので、100mぐらい巻いてもスプールのエッジまで届きません。ですから、必ず下糸を巻いてから、100m程度のPEラインを巻いてスプールエッジまで届くようにしてください。今月になって数回この下巻きがない場面があり、現地で下糸を巻いて飛距離が出るようにしています。

I字系やリルビルなどは飛距離命のハードベイトですから、ここは気を付けて巻いてきてくださいませ。

ナギサも飛距離が出ると見切られる確率が下がるので、是非とも飛ぶセッティングを目指してください。

 

さて、今日は寒冷前線通過後の翌日ということで強風を覚悟していましたが、意外と無風。しかも暑いぐらい。まだまだ季節は夏に近い秋のようです。

しかし、水面ではアユの大量の死骸が浮いており、湖の季節的には落ちアユパターン終了の季節の秋真っ只中という感じです。

無数の死骸が湖面に。アユは1年魚なので9月頃に産卵して死滅します。

そんな感じなので、次第にレンジが下がり気味。DBユーマのフリーリグからスタートです。

 

ワイルドサイド610Lplusで。

最近好調なDBユーマのフリーリグでボトム付近を攻略。

こちらもDBユーマのフリーリグで。

そして、ボトムを攻略してから中層をフリックカーリーで。

ワイルサイドST63Lplusで

日中はフリックカーリーとナギサでポロポロと釣って2桁釣果超え。

後半は風が吹いてきたので活性UP

 

フリックカーリーで。

ラストにはナギサで50アップ。

ナギサで55㎝。ワイルサイドST65Lで。

数は20本超とナギサ、フリックカーリーを投入すれば、イージーモード。

サイズの方は、ベイトフィシュと絡むタイミングのボイル撃ちなど、かなりシビアです。

テーマ:琵琶湖

truth  ブログ写真 2021/09/23

9月23日大熊ガイド「秋分の日は57cmMAX含む50up×3匹、その他49cm×2匹、48、47cmなど45up、40up」

前年の同時期の釣り

9月18日平村ガイド「ボイルトリガー、ナギサなどハードルアー展開で22本」

9月19日平村ガイド「ナギサ祭りで47本」

9月23日平村ガイド「ナギサ、フリックカーリーで44本」

9月24日平村ガイド「RVドリフトフライで55㎝,54㎝,52㎝」

9月25日平村ガイド「ナギサ、フリックカーリー、プロトミドストワームで4時間で30本」

9月26日平村ガイド「ナギサ、フリックカーリーで51本」

9月28日平村ガイド「ナギサ、フリックカーリーで29本」