9月12日平村ガイド「今週のMAXサイズは54㎝、数は45本、ナギサ祭り再び」

2022-09-13 03:14:34 前の画面へ戻る

(月)晴れ・東風強風

「台風接近の東風強風のため中止」

南湖からのガイドならば成立するのですが、最近は北湖からのガイドだったので、今津に向かって強風となる東風は成立せずにゲストさんに日程変更をしてもらうことに。

空いた時間で会社業務。普段はガイド終了後に行う業務を平日の昼間に行えるので普通の会社勤めの人みたいな生活が出来る。

 

 

(火)晴れのち雨

「台風接近のため中止」

今日は南湖、北湖ともにガイドは成立せず。湖上は誰もいないだろうと思っていたら、1艇だけ琵琶湖大橋の北にポツンと浮かんでいる。台風前は前線などで雨が降ると入れ食いモードになることが多いのですが、今回の午前は快晴の爆風モードで条件は悪かった。

しかし、夕方には小雨の台風前の爆釣モードの天気となり、その中にポツンと1艇木浜に浮いていたボートの方は羨ましいと思った。

さて、空いた時間でアポをとって、井筒さんでバスボートジャパンさんが輸入したトラッカーボートを見せてもらうことに。この天候なので試乗とはいかなかったが、なかなか現物の見られないトラッカーを見られるので、じっくりと見学。ダム用のボートとしては16ft、50馬力というのは最高クラス。これで池原、七色のようなダム湖に浮かぶのは楽しいだろう。

今あるアルミボートの次の乗り換えタイミングでは、このトラッカーボートにしたい。

台風接近で東風強風で中止
今日は無理です。でも、南湖にボートは1艇浮いていた。
トラッカークラッシック。バスボートジャパンさんの取り扱いボート。
こちらはカーペット仕様
カーペット仕様ゆえに重量はある。価格は300万前半からだけど、エレキや車検、魚探を付けると400万ラインはいきそう。。

 

こちらはトラッカー1648。次のアルミ乗り換え候補として視察。
カーペット無し仕様
カーペットがない分、軽量だけど、夏はデッキがヤバい熱さになりそう。

 

(水)晴れ

南湖以外からの出船。予報は風が弱かったが、実際には台風の風の吹き返しで強風で湾内限定ゲーム。

台風後の濁りに期待してゲストさんにはクランクを持ってきていただいたのですが、実際はナギサが釣れるぐらいに白濁り程度。アユの群れが水面に上がってきており、ナギサは好調でビッグサイズのチェイスもあり、コンスタントにヒット。

水中はダウンショットとベイトフィネスのダウンショットで釣っていくのですが、湖流が強くなっているエリアも多いだけに、5g、7gが使いやすいベイトフィネスセッティングも必須です。

とにかく、アユの群れが至る所に見られ、フリックカーリー4.8でイージーモードで39本。

フリックカーリーとナギサで入れ食いモード。
ボコボコに湧いてくるパターン
サイズのMAXは54㎝。ワイルドサイドWSSST65Lで。

(使用タックル)

ワイルドサイドWSCST63Lp

ベイトフィネスKTFチューン スティーズA

Xbraidオルトロス6ポンド

Truthオリジナルダウンショットリグセット

フリックカーリー4.8

 

(釣果)

54㎝、40㎝以下×38本 合計39本

 

(木)くもりのち雨

「メンテナンス、ミーティングの日」

蒸し暑い絶好の釣り日和ですが、残念ながら今日はメンテナンス作業。オイル交換、エレキのメンテナンス作業をして、午後からはジャッカルにてミーティング。夜には琵琶湖リサーチTV収録と午前、午後、夜と用事があり、こんな釣れそうな日なのに釣りにいけないもどかしさ。

湖に浮かべない日は、大荒れだったら心置きなく作業や仕事ができるのですが、釣り日和だと損した気分になります。

今日、湖畔のジャッカル社に行って思ったのは、「よくこんな環境で釣りせずに仕事できるな」と。もし、私が、釣り場が目の前の会社に勤めていたら、思わず辞表だしてしまう筈。そんな人は勤め人失活です。そんな事を考えてしまうぐらい今日は釣り日和でした。

定期的なメンテナンス作業。オイル交換、エレキの分解点検、トレーラーの注油。

 

 

(金)雨のち晴れのち雨

集合時点で雨。雨パワーでいきなりボイル祭り!ナギサ投げれば、ほぼバイトあり。朝はゲストさん初めてのナギサでしたので、いまいち引き方やフッキングなどリズムに乗れずにスタートダッシュで数は稼げず。

その後はフリックカーリーのダウンショットで各地でバイトラッシュ。45クラスも入ったり、30㎝前後の入れ食いになったりしながら、日中の晴れの時間を過ごす。

午後も晴れるのかと思いきや、夕方の上がる時間直前になって雨、しかも土砂降り!せっかく乾いたレインウェアーが濡れるのが、鬱陶しいと思いつつも、いきなりバイトラッシュの入れ食いモード。夕方はナギサの引き方がレベルアップしていて、釣れないキャストがほとんどない入れ食いをゲストさんは堪能。これなら雨に濡れても問題なしと雨の中キャストを続ける。

朝と夕方の雨パワーに助けられて数は40本超とイージー北湖の釣りでした。

 

ナギサ祭り再び。とにかく入れ食い
ナギサとフリックカーリーで連発

(推奨タックル)

  • WSSST65L
  • Xbraidフィネスシャングリラ0.6号
  • リーダーフロロ8ポンド
  • ナギサ

(釣果)

45㎝、40㎝以下×44本 合計45本

 

 

(土)晴れ

雨の後の晴れなので活性は低くなるだろうと予測して、朝と夕方のローライトのタイミングに集中することに。朝はナギサで1キャスト目からストライク。その後も一気に釣って2桁釣果を開始早々に叩きだす。

その後は、やっぱり予想通りの晴天モードでバイトが渋くなりナギサのような表層の釣りには反応なく、フリックカーリーでレンジを下げてのダウンショットで渋いバイトをポロポロと釣りながら後半のタイミングを待つ。

夕方になってローライトになった地合いから一気にナギサパワー復活。ここからはボコボコのナギサ祭りとなり、怒涛の連発劇でナギサ、ナギサ、ナギサと連発。最後にグッドサイズも入ってナギサ祭りのフィナーレ!

(推奨タックル)

  • WSSST65L
  • Xbraidフィネスシャングリラ0.6号
  • リーダーフロロ8ポンド
  • ナギサ
開始1投目からナギサで
日中は晴れて渋め
夕方もナギサで連発

(推奨タックル)

  • WSSST65L
  • Xbraidフィネスシャングリラ0.6号
  • リーダーフロロ8ポンド
  • ナギサ

(釣果)

40㎝以下×41本

 

(日)晴れ

本日はビワマスガイド。前半はなかなかヒットがなく苦戦しましたが、後半にはビワマスの集中するエリアに入れて連発するも、バラシ多数。なんとか最大サイズ58㎝が入り、ゲストさんに料理しがいのあるサイズをお持ち帰りいただく事に成功。

58㎝の鼻曲がりのオス。白子が入っているので、白子ポン酢が作れます!刺身も、寿司も余裕で楽しめるサイズです。

 

今週のMAXは54㎝

結局、今週はアユが産卵で動いたのでナギサ祭りでした。

 

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

10月 17(月)
12月 7(水) 11()

大熊一徳

10月 4(火) 12(水) 17(月) 23() 24(月) 25(火) 27(木) 28(金) 31(月)
11月 1(火) 2(水) 5() 6() 7(月) 9(水) 10(木) 11(金) 12() 13() 14(月) 15(火) 16(水) 17(木) 21(月) 22(火) 26() 27() 28(月) 29(火) 30(水)

武田栄喜

12月 12(月) 19(月) 21(水) 23(金) 25()

ビワマス

12月 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 31()

詳細・ご予約