8月7日平村ガイド「今週のMAXはサイズは56㎝、数は33本、ナギサ、フリックカーリー4.8がメインパターン」

2022-08-08 03:49:08 前の画面へ戻る

(月)晴れ

南湖以外からの出船。朝から連発モードで40アップ連打。ダウンショットの3インチグラブにワイルサイド59UL のセッティングで連発。朝にシェードとなる東面をしっかりと狙っていくと確実に釣れる。しかし、このシェードが無くなった時間から苦戦モードでバイト激減。日中のシェードとなる橋の下などでポロポロと拾っていって、14時頃からシェードとなる西面で今度はヒットが増えるという完全にシェードパターンで2桁釣果。

(使用タックル)

ワイルサイドWSS59UL

Xbraidオルトロス4ポンド

ゲーリーグラブ3インチ

ダウンショットリグ

 

※47㎝~35㎝×11本

 

 

(火)晴れ

このところの猛暑ですが、「仮面ライダーの中で人工太陽で殺人するという設定された気温が38度」という話を聞いて、やっぱり昔は涼しかったのだと再認識。普通に38度というのが天気予報に出ている今のご時世はやはりヤバいかと。ただ、北湖やダム湖に行くと気温23度ぐらいの朝となっており、やっぱり釣り場は涼しいところに限ると思う。豪雪地帯となる北湖や北国に山上湖で釣りをするのがベストで、朝夕の涼しい時間帯を避暑地で過ごすというのが夏の釣り。これからの8月はこういうプランを考えていかないと駄目ですね。

本日は事務仕事で屋内作業。経理仕事などクーラーの中で内勤です。

 

※事務業務のため、湖上はお休み。

 

 

(水)晴れ

暑いので、半日ガイドプランの午前の半日コース。実は午前の半日の場合は、かなり難しいことが多いのです。それは、朝一に一番釣れる時間が訪れるのですが、そのタイミングでゲストさんの準備や釣り慣れが出来ていない事が多く、慣れてきたら日中の厳しい時間帯になってしまうから。その点、午後の半日プランというのは、次第に慣れていって釣れるタイミングが釣りのリズムが出てからという点では、ゲストさんへの難易度は午後コースの方が楽になります。

今日もそのパターンで朝のシェードが出来ている時間帯にPEラインがもつれて、次にロッドが折れてとトラブル続出。そのまま朝の時間帯が終了。釣りの朝の時間帯というのは、一瞬で終わってしまう。

日中の時間帯となってしまったので、素直にレンジを下げてフリックカーリー4.8で連発モード。サイズは小さいですが、30㎝ぐらいまでなら入れ食いにはなります。それでも北湖ですら水温30度となってきており、活性は低め。朝夕のタイミングでないと、ナギサ祭りにもっていくのは難しくなりました。それでも、リルビル70Fとフリックカーリー4.8でゲストさん20本ほどキャッチして暑くなった11時には帰着して終了。午後になって雷雲が発生していたので、結果としては午前の半日プランが正解でした。

 

(推奨タックル)

ワイルサイドWSS61UL

Xbraidオルトロス5ポンド

ダウンショットリグセット(truthオリジナル)

フリックカーリー4.8

(半日)※40㎝以下×23本

 

 

 

(木)曇りのち土砂降り

朝は南湖でサイズ狙い。ベイトに付いている個体をフリックカーリー4.8のヘビダンスイミングで狙って50アップ。その後はパンチショット展開もノーバイト。

午後からは天候が不安定となり雷雲が発生。雷雲の合間に出船するとスーパー入れ食いモード。フリックカーリー4.8のダウンショットで17キャスト16バイト10本で速攻2桁ヒット。さらに、ナギサも入れ食いモードで20本目、さらにさらにリルビル70Fもボコボコモードで30本目。わずか50キャスト足らずのほぼ入れ食いのローライトコンディション。

ただ、雷雲が酷くなり、安全のために帰着。スーパー入れ食いモードだけにもっと湖上に居たいのですが、竜巻情報も出てきたので止むを得ない。

(使用タックル)

WSCST63L

Xbraidオルトロス6ポンド

ドロップショットリグセット(truthオリジナル)

フリックカーリー4.8

 

 

※56㎝、40㎝以下×33本

 

 

(金)土砂降りのち晴れ

今日のゲストは遠賀川のガイドさん。琵琶湖のガイド状況のリサーチを兼ねての釣り。琵琶湖のガイド状況について言えば、私の個人的な意見としては「お金に困らないのなら、ガイド業というのは素晴らしい」というのが回答。お金を稼ぐという方法で言えば、これほど効率が悪く、儲からない、安定しない職業はないので、そこを目標にするのなら止めた方が良いと思う。しかし、好きな事を仕事としてやるのならば、これほど素晴らしい職業はないと思う。お金の状況については人それぞれなので、どう選択されるかは個々によって異なる筈です。あと、細かい具体的な数字はガイド中に説明させてもらいました。

さて、釣りに関してはガイドさんですので、非常に上手い。釣れる場所に入れば、動作は完璧だし、説明する必要もなし。こちらの仕事は楽です。南湖でダウンショットで45クラスをキャッチしてもらって、北湖でナギサで入れ食いモードを味わってもらって、48クラスの2キロをキャッチしてもらって終了。釣りの動作は本当にさすがにガイドさんだけに完璧。見ていて安心の釣りレベルでした。

 

(推奨タックル)

WSSST65L

Xbraidシャングリラ0.6号

リーダー8ポンド

ナギサ

 

※48㎝、45クラス、40㎝以下×23本

 

 

(土)晴れのち雷雨

マリーナ到着してもゲストさんおられず。ご連絡したら、まだベッドの上ということで待機。遅れてスタートすると、各所で先行のガイドさんの写真撮影を見る形に。週末なので各所埋まっており、どこにも入れずに南湖を去ることに。

北湖に入ると今度は東風の強風でウネリ。これもスポットに到達できず。そして、雷雲発生で避難。まったく釣りにならず。北湖ではブルーインパルスの予行が見られたのはラッキーだった。とりあえず、ナギサとダウンショットで小型ポロポロと釣ったのみで終了。

(推奨タックル)

WSSST65L

Xbraidシャングリラ0.6号

リーダー8ポンド

ナギサ

 

※40㎝以下×7本

 

 

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

10月 17(月)
12月 7(水) 11()

大熊一徳

10月 4(火) 12(水) 17(月) 23() 24(月) 25(火) 27(木) 28(金) 31(月)
11月 1(火) 2(水) 5() 6() 7(月) 9(水) 10(木) 11(金) 12() 13() 14(月) 15(火) 16(水) 17(木) 21(月) 22(火) 26() 27() 28(月) 29(火) 30(水)

武田栄喜

12月 12(月) 19(月) 21(水) 23(金) 25()

ビワマス

12月 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 31()

詳細・ご予約