" />

7月31日平村ガイド「今週のMAXは45cm、数は84本、ナギサ祭り継続」

2022-08-01 05:03:17 前の画面へ戻る

(月)晴れ

午前は南湖。

前日の日曜日に300トンから150トンへと放流量が下がっており、少し水質悪化。前週は300トンからの全開放流で祭り状態となっていたのが、今週は水位がマイナス20㎝に到達直前の放流量低下の1週間となりそうなので、かなり活性低下が予想される。予想通りにボイルが水面ではなく、水中状態となっており喰わない。水面のフィーディングは簡単だけど、水中のフィーディングは目視できず魚探が頼りになるので、その分、精度が低くなるので難しい。

ノーシンカー、フリーリグ、パンチショット、ミドストと展開を変え、エリアを変えて回ってみるも南湖はノーバイト。

 

午後からは北湖へ。放流量が下がり、水質が悪化している南湖を後にして、今度は北湖ですが、こちらもアユなどが沖に行ったり流入河川に遡上しており、活性低めというか、レンジ下がり気味。ナギサでスタートするもチェイスのみで、なかなかバイトしてこないので、フリックカーリーで水中スイミングでI字アクションを水中で演出するとイージーモード。

ゲストさんがリルビルをお持ちじゃなかったので、ナギサとダウンショットの展開で回るも、ナギサのフックが曲がった状態のまま「バイトがあるけどノラナイ」状態でずっとフックアップしないまま釣りをしていることが最後に判明。大型サイズがヒットしたときにフックが曲げられていたようです。

バイト数は若干下がっていたものの、まだまだかなりのチェイスがある状態。レンジが下がり気味なので、今週はフリックカーリーのダウンショットが欠かせないでしょう。

 

(推奨タックル)

ワイルサイドWSS61UL

Xbraid オルトロス5ポンド

ダウンショットリグセット(truthオリジナル)

フリックカーリー4.8

北湖でフリックカーリーとナギサ展開で

40㎝以下×10本

 

 

(火)晴れ

猛暑な一日。朝は南湖でサイズを狙うも150トン放流から80トンに11時に変わるので、それまでに釣っておきたいところ。しかし、ノーシンカー、フリーリグ、パンチショットと完全ノーバイト。ボイルすらなく、完全に手がでないので、早々に諦めて北上。

北湖に入ると、前日からレンジが下がっていたので、フリックカーリー4.8のダウンショット投入で入れ食いモードのバイト止まらない状態。とにかく、どのエリアでもフリックカーリー4.8さえあれば入れ食い。その後は風が出てきたのでリルビル70Fで連発モード。さらに後半は浮いてきて風もとまってきたのでナギサ展開で70本超。

北湖と南湖の明暗が分かれた一日でした。

(推奨タックル)

ワイルサイドWSS61UL

Xbraid オルトロス5ポンド

ダウンショットリグセット(truthオリジナル)

フリックカーリー4.8

40㎝以下×71本

 

(水)晴れのち雷雨

鬼形氏から前から頼まれていた「ボコボコに釣れる時期の琵琶湖で子供と共にガイドしてほしい」という依頼のもとに2日間のプランでスタート。2日あるので、1日は釣れなくても南湖でサイズ狙い、もう1日は北湖で数釣りというプランでスタート。

今日は午後から雷雲発生の大気の状態が不安定ということもあり、南湖オンリーで展開。午前中は天候的に釣りになったが、なかなか食わせられず。結局、午後の雷雲避難生活となり、そのままノーフィシュ。明日もあることなので、あえて魚は触らずにロクマルが出そうな展開のみして終了。

ノーフィシュ

 

(木)晴れ

2日間の2日目ということで、今日は北湖でイージーコース。やはり開始早々にヒットして、その後はフリックカーリー4.8とナギサの入れ食いコース。

I字系のナギサは最初はお父さんだけがヒットする。ラインテンションを緩めて巻くというI字系の釣りの基本が出来ているからで、ボコボコの釣れるからこそ違いがハッキリと出る。午後になると、完全に息子さんも巻き方をマスターして、すっかりI字系の釣りの虜に。

これだけボコボコに釣れるフィールドだからフッキング、ランディングの練習。一気に釣りが上達できる機会となりました。

フリックカーリー4.8で
お父さんのお手本をもとに?
いっぱい釣れるので、すぐに上達します。ワイルドサイドWSSST65Lのナギサで
ナギサ祭り継続中

40㎝以下×84本

 

(金)晴れ

台風の余波なのか東風がやや強め。風速データを見ても東風が強いので東岸の風裏を中心に展開することに。午前中は南湖にとどまり、ノーシンカーとパンチショットを中心に展開するもノーバイト。

午後から北湖の東岸を中心にまわってフリックカーリー4.8のダウンショットで45アップ。北湖も西岸のクリアーなのに対して東岸はアオコ発生など濁り気味でサイズは出るけれども単発傾向。フリックカーリーで拾い釣り展開でした。

フリックカーリー4.8で

45アップ、40㎝以下×5本

 

(土)晴れ

南湖以外からの出船。久しぶりのエリアだったので、まずはレンジやエリアから探すことに。朝は見えバスが多数でレンジが浅いと感じてシャローの見えバスにトップ、ホバスト、ノーシンカーなどあらゆる手を尽くすも完全に無視される。昼ぐらいまでこの手のバスを相手にしてみるも釣れそうにないので、レンジを下げて深い場所のバスを探すことに。

6mから10mレンジをフットボールジグにしてようやくバイトも連続2バラシ。その後のバイトで40アップ、35クラスがヒット。久しぶりにワイルドサイド63Mのショートロッドのフットボールジグの釣りが出来ました。ただ、パターン発見も残り時間が少なく数は伸ばせず。

 

(推奨タックル)

ワイルサイド63M

Xbraid8ポンド

シューティングボール3/8oz

チャンクロー3インチ

 

43㎝、40㎝以下×2本

 

(日)晴れ

今日も南湖以外からの出船。朝は浮いている見えバスを昨日同様に探ってみるが、やはりノーバイト。1時間ほどで見えバスは今日も食わないと判断して、フットボールジグに変更して45アップ。しかし、昨日と違うのは無風でバスが見えるレンジから消えないこと。

そこで中層をバイトさせるために、ダウンショットのシンカーを重めにしてゲーリーの3インチグラブをセットして中層スイミングを開始。

このパターンでバイトが出始めて、40アップやらバイト多し、ラインブレイクもありましたが、ようやく小型サイズもバイトしてきて中層スイミングで釣れるように。

 

(推奨タックル)

ワイルサイドWSS59UL+

Xbraidオルトロス4ポンド

ゲーリーグラブ3インチ

 

45㎝、40㎝以下×3本

 

 

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

10月 31(月)

大熊一徳

8月 30(火)
9月 4() 5(月) 6(火) 11() 16(金) 19(月) 21(水) 28(水) 29(木)
10月 1() 2() 4(火) 5(水) 6(木) 8() 10(月) 12(水) 13(木) 14(金) 15() 16() 17(月) 19(水) 22() 23() 24(月) 25(火) 26(水) 27(木) 28(金) 29() 30() 31(月)

武田栄喜

現在空きはございません。

ビワマス

8月 14() 17(水)

詳細・ご予約

truth  ブログ写真 2022/08/01

8月1日大熊ガイド「夏のビッグサイズチャレンジでロクマル、63.5cm~!!」

前年の同時期の釣り

7月28日平村ガイド「ヤミィフィシュ、フリックカーリー、ウォブリング、ナギサで58㎝.54㎝.50㎝など35本」

7月29日平村ガイド「ウォブリング、フリックカーリー、ナギサで102㎝の巨鯉とバス31本」

7月31日平村ガイド「ノーシンカー、ウォブリングで59㎝.51㎝など」

8月2日平村ガイド「リルビル70F、ナギサ、フリックカーリーで25本」

8月3日平村ガイド「半日ガイド・フリックカーリーなどで57㎝.54㎝.45クラス×2」

8月4日平村ガイド「ナギサ、リルビル70F、フリックカーリーで55㎝.54㎝.52㎝など16本」

8月5日平村ガイド「レジットデザインのテスト1日目」