11月27日平村ガイド「今週のMAXはサイズは43㎝、数は25本、強風中止が2回」

2022-11-27 13:54:46

(月)晴れ

11月も下旬というのに無風の暖かい朝。朝から日中は穏やかな天候ということで大型サイズのみ狙っての展開。ウィードエリアは昨日の雨で随分とウィードが抜けた反面、浚渫などにはベイトが固まっており、大型サイズが出そうな雰囲気満点。

ただ、日中もポカポカ陽気でなかなか喰わず。何度かチェイスがあったので、そのまま押し通しもノーバイト。夕方は魚を触ることを重視して、ヤミィ500のノーシンカー投入、シャッド投入でポロポロと釣って、ラストキャストのサカマタシャッドでヒットして終了。

(タックル)

  • ワイルサイドWSS67L
  • Xbraidフィネスシャングリラ0.6号
  • リーダー8ポンド
  • サカマタシャッド5インチ

 

紅葉の奥琵琶湖で
最初はWSC67L のフリックシェイクのヘビダンで
ラストはWSS67L+のパワーミドストで。

(釣果)

40㎝以下×10本

 

 

(火)曇り

今日もそれほど寒くなく、例年よりもかなり暖かい。まずはシャッドでゲストさん2人に釣ってもらってからスタート。

まずはミドストで数が釣れるスポットで、後半にメインとなるパワーミドストをマスターしてもらうことに。初のパワーミドストなのでバイトの少ない大型が多いスポットよりも、バイトの多い小型サイズの場所で釣ってレンジやアクションのさせ方をマスターしてもらう。

その後、今日はスプーンを多めに入れて、ビッグスプーン、マグナムスプーンで今週から入り始めた3キロから4キロクラスの個体を狙うも1時間ほどで強風となりゲームセット。後半はミドストに絞って2キロ前後を狙って3バイト1フィシュ。ここで前半に練習してもらっていたパワーミドストの釣りが威力を発揮する。

ラストはウィードエリアに戻ってシャッドで追加して終了。一人のゲストさんがシャッドで釣れないので、よくみるとフローティングを選択されておられました。ソウルフラット58SFは確かにフローティングですが、スローフローティングなのでサスペンドの方が他社製品では近いのです。パワーミドストをマスターしてもらったので、来週の南湖でもグッドサイズをキャッチされることを期待しております。

練習しながらのパワーミドストで。
練習の成果?こちらもパワーミドストで。

 

(釣果)

43㎝、40㎝以下×17本

 

 

(水)曇り、雨

ガイドは休業日で京都の会社で溜まった業務を処理する。秋の紅葉シーズンの京都は雨と言っても混雑。特に紅葉の名所のある岡崎などは大渋滞で避けながら京都市内へ。北大路、御池、京都駅付近と所用を済ませながら、「京都の観光地も復活してきたな」と混雑をもっと実感する。

京都駅前の駐車場プライスは季節変動制。秋の紅葉シーズンで1600円、昔は2200円の時期も

 

(木)晴れ

テスト予定も荒天予報により中止。荒れ予報だったので関東から来られるのは、如何かと思って事前相談で中止決定。

久しぶりの平日の昼間に陸にいるので、平日の昼間でないと出来ない用事を済ませる。病院の検診の予約、銀行、郵便局、遊漁船講習の予約、役所とのやり取り、と平日の昼間の雑用シリーズ。遊漁船業の場合、昼間の時間帯に陸の仕事をこなすのが難しいので、たまの強風中止の陸上は重要な時間で意外とバタバタしています。

それにしても5年に一度の遊漁船講習。もう5年も経ったの?月日が過ぎるのは早いことで。

5年に一度の遊漁船講習を予約。平日の昼間でないと申し込めないので、荒れた日に予約電話。

(金)晴れ

天候は良いのですが、2日間のテストは相手側スケジュール調整で中止。

空いた一日なので、胃カメラを急遽予約して診察へ。胃カメラは1年に1回、大腸内視鏡は2年に1回ペース、生活習慣病検診は1年に1回で受診。これから冬季にかけてボートも車も、人間も検査してハイシーズンを乗り切ります。今のところは冬季だけに検査中心で、ハイシーズンは釣りばかりの生活で過ごせていますが、ハイシーズンに病院にいるような生活になったら辛いでしょうね。そう思うとオフにはしっかりと全てのメンテナンスをしておきます。

 

(土)くもり

紅葉も終盤となった奥琵琶湖。朝は入れ食いスポットでヤミィ500のノーシンカーでサクッと10本釣ってから移動。その後はサイズアップを狙ってミドスト、ノーシンカー、シャッド、ミノーと展開するもノーバイト。再びヤミィ500のノーシンカーでキャッチして少しサイズアップ。夕方は再びヤミィ500のノーシンカーで連発して終了。

湾内はスローになったとは言え、今も入れ食いスポットあり。
日中は湾外でサイズアップ狙いも。

(釣果)

40㎝以下×25本

 

(日)晴れ

強風予報のため中止。

いよいよ寒冷前線の通過が多くなり、寒冷前線通過の翌日は西高東低の冬型で強風中止というパターン。今週は強風で2回中止となり、来週も強風予報が続きました。南湖を拠点としてれば出船可能なレベルの風ということで11月末をもって北湖スタートを終了することに。今年は例年よりも暖かく強風中止率が低くて多くのゲストさんと北湖を楽しむことができました。12月からは南湖スタートで天気が良い日は北上、強風時は南湖限定でガイドを行う予定。

 

 

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

現在空きはございません。

大熊一徳

12月 3() 4() 5(月) 6(火) 8(木) 9(金) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17() 18() 19(月) 20(火) 21(水) 22(木) 23(金) 24() 25() 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金) 31()

武田栄喜

現在空きはございません。

ビワマス

12月 24() 25() 26(月) 27(火) 29(木) 31()
1月 2(月) 3(火) 4(水) 8() 9(月) 11(水) 12(木) 13(金) 14()

詳細・ご予約

前年の同時期の釣り

11月22日平村ガイド「大雨予報で半日ガイド・フリックシェイクのヘビダンで6本」

11月25日平村ガイド「ミドストとフリックシェイクのヘビダンでMAX52㎝の33本」

11月26日平村ガイド「ミドスト、フリックシェイクのヘビダンでMAX52㎝の27本」

11月19日平村ガイド「今週のMAXサイズは49㎝、数は111本、パワーミドストとヤミィ500ノーシンカー中心展開」

2022-11-20 16:31:01

(月)晴れ

京都で他仕事のため出船なし

 

(火)晴れのち雨

水温は少し下がって18℃。とは言え、まだまだ15℃を超えているのでバスが低活性になるという感じはなく、ウィードが次第に減少しているのでスポットは絞りやすい。

朝からミドストを中心に残りウィードを攻めていくと入れ食いスポットで連発モード。レンジを下げた15m~20mのフリックシェイクのヘビダンはショートバイトのみで、5mレンジのシャローの方がベイトも多くて反応よし。

午後になってシャローをミドストしていると、目の前のオカッパリの方のロッドが曲がって58㎝、55㎝の2本で6キロコース。「えっ~」って感じですが、やっぱりシャローの方が圧倒的に良くなりつつある。

さて、その後、ソウルフラット58SFを流してポロポロとヒットして、これからという感じになってきたら、北の空に暗雲発生。レーダーを見たら20分ぐらいで雨になりそうなので、早上がりも結局、間に合わずに雨に濡れるという結果に。

これからの時期の奥琵琶湖はこの時雨(しぐれ)が多発。明日も時雨の中の釣りになりそう。

(タックル)

ワイルドサイドWSS67L

Xbraidフィネスシャングリラ0.6号

リーダー8ポンド

サカマタシャッド5インチ、ソウルフラット58SF

パワーミドストで連発
こちらもパワーミドストで
パワーミドストで入れ食い
サカマタシャッドで連発
ワイルサイド67L のパワーミドストで
ソウルフラット58SFで

(釣果)

40㎝以下×38本

 

 

(水)雨

寒気が入って時雨模様の奥琵琶湖。今日からは本当に寒くなりました。

開始早々にミドストで大型サイズがヒットもラインブレイク。そして、雨で雷雲発生で一時中断。再開後にミドストで49㎝ヒットでキャッチ。そして、再び50アップをネット際でラインブレイク。明らかに3キロクラス。

この段階で2本のラインブレイクでミドスト用のフロロのリーダーラインを疑うも、ゲストさんが「このフロロは6ポンドの細さで8ポンドの強度のあるラインなんですよ」という事なので、そのまま継続。

このあと、入れ食いの20㎝、30㎝は問題無く上がるも、3発目にきた大型もラインブレイク、さらに4発目もラインブレイク。

これはさすがに「おかしい!」と思って、こちらでチェックさせてもらうと、手で引っ張って簡単にプツと切れる。さすがにこれでは釣りにならないので、普段指定させてもらっているフロロ8ポンドのリーダーに結び変えてもらって挑戦するも6発目は無し。

ゲストさん一人で5発10キロは軽く超える展開だけだっただけに、もったいない展開でした。

それにしても冷たい雨で本当に寒かった。そろそろコンロ出して湖上ラーメンが良い季節になってきました。

50アップラインブレイク後に49㎝、そして、再び50アップラインブレイクと続くスタート。
スプーンでも
サカマタシャッドでサイズアップ
ミノーでもヒット。数もサイズも良かったが、グッドサイズは逃げれら続けた一日。

 

(釣果)

49㎝、40㎝以下×38本

 

(木)晴れ

昨日の冷え込みから防寒対策を真冬モードにしたら意外と暑い。水温は18度、気温は10度ぐらいなので水中は晩秋モードで小型は狭い場所だけど入れ食い。

ヤミィ500、カットテールのノーシンカーでウィードに残ったバスをフォール&トゥィッチで誘うとこちらは延々とバイトは出る状態。ミドストでもサカマタシャッド4インチで連発モード。

後半はサイズアップを狙ってサカマタシャッド6インチで各所を狙うもノーバイトで終了。

(タックル)

ワイルサイドST61UL

Xbraidオルトロス4ポンド

ヤミィ500

ハヤブサDSR132#3

ヤミィ500のノーシンカーで入れ食い。

(釣果)

40㎝以下×45本

 

(金)晴れ

朝はサカマタシャッド5インチのパワーミドストで大型を狙うもチェイスのみでノーバイト。続いてはパターンを変えてフリックシェイクのヘビダンでディープ狙いでとりあえずの1本。

その後は、ヤミィ500のノーシンカーで入れ食いスポットを狙ったり、再びパワーミドストでサイズを狙ったりしながら大型を狙うもノーバイト。

(タックル)

  • ワイルサイドWSC67L
  • Xbraidオルトロス6ポンド
  • Truthオリジナルドロップショットリグセット
  • フリックシェイク4.8
  • 5gシンカー
奥琵琶湖の紅葉は今が見事
フリックシェイクのヘビダンでサイズアップ。サカマタシャッドで追ってくる超大型は喰わせられず。

(釣果)

40㎝以下×25本

 

(土)晴れ

朝は霧で湖上に出るもエレキ移動で自重。大浦付近だけ霧で北湖の他のエリアは晴れていたのですぐに回復するだろうと思って近場から開始。開始早々にシャッドにヒットが続き、ヤミィ500のノーシンカーでも連発するので問題なし。

霧が晴れてきたタイミングで移動して残りウィードのスポットに入ると怒涛の入れ食いでヤミィ500のノーシンカーで連発、サイズアップにはサカマタシャッド5インチのパワーミドストで。

お昼はゲストさんの希望で船上コンロでうどんを作って、その後は1時間のお昼寝タイム。ゆっくりと秋のポカポカ陽気の湖上でマイペースに楽しまれています。

後半はお昼寝から目覚めてヤミィ500のノーシンカーとシャッドで100本超まで釣って終了。晩秋ですが、水温18度と例年よりも高くてまだ活性高くて数釣り可能です。

 

朝は大浦だけ霧。毎年11月下旬に水温が高くて気温が低い時に霧が発生します。
霧が晴れてきた
朝は霧の影響で近場からスタート。
シャッドとヤミィ500のノーシンカーで
ヤミィ500のノーシンカーで入れ食い
サイズアップさせて111本と3桁釣果。

(釣果)

40㎝以下×111本

 

テーマ:琵琶湖

truth  ブログ写真 2022/11/20

11月20日大熊ガイド「ローライトなコンディションでレギュラーなサイズ」

前年の同時期の釣り

11月15日平村ガイド「フリックシェイク、カットテール、ソウルシャッドでMAX55㎝の32本」

11月16日平村ガイド「フリックシェイクのヘビダン、カットテールのノーシンカーでMAX52㎝の10本」

11月17日平村ガイド「フリックシェイク、カットテール、ヤミィ500などで30本ほど」

11月18日平村ガイド「フリックシェイク、ミドストで57㎝,55㎝,54㎝,52㎝など17本」

11月20日平村ガイド「ミドスト、フリックシェイクのヘビダンで33本」

11月22日平村ガイド「大雨予報で半日ガイド・フリックシェイクのヘビダンで6本」

11月25日平村ガイド「ミドストとフリックシェイクのヘビダンでMAX52㎝の33本」

11月13日平村ガイド「今週のMAXはサイズは53㎝、数は109本、パワーミドスト好調」

2022-11-14 23:43:46

(月)晴れ、無風

完全無風の冷え込んだ朝。ついに下半身もインナーウェアーを装着と確実に寒さは増してきた。

水温は19度、ついに20℃を常時切るようになっており、朝のネコシュリンプのフリーリグのバイトもショートバイトでノラず。午前中は3バイトぐらいあったが、全てキャッチできずの前半戦。

後半戦はシャローのウィードにも手を出して、ソウルフラット58SF、サカマタシャッド5インチのパワーミドストで小型サイズはポロポロとヒットして、再びディープへ。

前半からゲストさんの根掛かりが少なく、逆にボトムから湖流で流されているのが気になっていたので、ラインスラックをしっかりと出してもらってボトムにフリックシェイクのヘビダンを張り付けてもらったらバイトあり。ただ、それも小型サイズで終了。

(タックル)

  • ワイルドサイドWSS67L
  • Xbraidフィネスシャングリラ0.6号
  • リーダー8ポンド
  • サカマタシャッド5インチ、ソウルフラット58SF
ついに水温は20℃を下回り、晩秋モードへ
ボトムをしっかりととってラインスラックを出したらヒット

(釣果)

40㎝以下×18本

 

 

(火)晴れのち雨

午後から強風予報なので半日を想定してのスタート。午前の無風タイムはディープを中心に1発サイズを狙うスタイルで1フィシュのみ。ミドスト、ヘビダンを中心にディープを狙うも晴れた無風に加えてクリアアップしたので日中のタイミングで喰わすのが難しい。

そして、昼前になって強風モードとなり、とりあえず風裏で小型のバイトラッシュ。カットテール、ヤミィ500で入れ食いモード。

雨雲レーダーを見ると敦賀湾から大きな雨雲が接近しており、ダウンバーストの恐れがあったので、予定通りに昼で撤収。

(タックル)

  • ワイルドサイドWSSST61UL
  • Xbraidオルトロス4ポンド
  • ハヤブサDSR132 #3
  • ヤミィ500
ノーシンカーはヤミィ500の4.5インチ。高比重でしっかりとアクションする割に固めなのが特徴。アクションは落ちる時のバイブレーションが魅力
タックルはワイルドサイドST61UL。ノーシンカーで弾かずにスィープに掛かる瞬間は気持ちいいぐらい簡単。

(釣果)

40㎝以下×27本 ※強風により途中中止

 

(水)晴れ

完全無風の秋の高気圧。女性のゲストさんも同伴だったので、とりあえず釣れるパターンを選択。ただ、最初の1カ所目だけはサイズが狙える場所でサカマタシャッド5インチのミドストで45クラスをキャッチしてもらう。

あとは、予定通りにスーパー入れ食いスポットを回り、ソウルフラット58SF、カットテールノーシンカー、サカマタシャッド5インチのミドストで入れ食いモードで3桁釣果。

まだ、初心者や女性ゲストさん向けの3桁釣りも通用するのですが、だんだんとスポット自体は狭くなっているので大荒れで消滅するまで、あと1,2週間という感じです。

(タックル)

  • ワイルドサイドWSS67L+
  • Xbraid フィネスシャングリラ0.6号
  • リーダー8ポンド
  • サカマタシャッド5インチ、ソウルフラット58SF
まずはミドストで45クラス。
ソウルフラット58SFでスーパー入れ食い突入
後半はミドスト入れ食い
ソウルフラット58SFは無限バイトで100本超。

(釣果)

45㎝、40㎝以下×109本

 

 

(木)晴れ

完全無風の晴れ。朝一は水温低下で反応が鈍く、各所バイトが遠い展開。なかなかバイトがなく、パワーミドストでようやく40アップスタート。その後、水温があがってくるにつれてバイトが増えてくる展開。

日中にソウルフラット58SFでスーパー入れ食いモード突入で50本超となり、後半の水温

上昇でバイトが止まらない状態に。

ミドストで40アップ、30㎝クラスが入れ食いとなり、ラストに100本超まで到達。後半は防寒着を脱ぐレベルの暑さとなり、完全に水温と共に反応が変わる展開でした。

(タックル)

  • ワイルドサイドWSS67L+
  • Xbraid フィネスシャングリラ0.6号
  • リーダー8ポンド
  • サカマタシャッド5インチ、ソウルフラット58SF
まずはミドストで
ワイルドサイドWSS67Lプラスのパワーミドストロッドで45クラス
こちらもミドストで
ミドスト祭り
Wヒットも
ミドストで連発
とにかく入れ食い
最後までミドスト祭りで100本超。

(釣果)

43㎝×2、40㎝以下×103本

 

 

(金)晴れ

ここ数日間は晴れ無風の高気圧展開。風がほとんどないのでエリアは広く使える。雨が降らないので水位はマイナス41㎝まで低下しており、水は悪くなり、風が吹いたタイミングで活性が上がる。

そのため、午前の無風時の反応が悪く、午前中はミドスト、ノーシンカーでポロポロと釣って、後半の風が吹いたタイミングでソウルフラット58SF、ミドスト、フリックシェイクのヘビダンでサイズアップをする展開。

今日も後半になってフリックシェイクのヘビダンでサイズアップ。前半はかなり渋くて、昼過ぎぐらいから入れ食いモードでした。

今日はフリックシェイクのヘビダンで
ワイルドサイドWSC67Lプラスでディープ攻め
グッドサイズ連発
これもフリックシェイクのヘビダンで

(タックル)

  • ワイルドサイドWSS67L+
  • Xbraid フィネスシャングリラ0.6号
  • リーダー8ポンド
  • サカマタシャッド5インチ、ソウルフラット58SF

(釣果)

43㎝、40㎝以下×40本

 

 

(土)晴れ

明日が雨予報という事で、土曜日の今日は大混雑。大会も開催しているようなので、主要なポイントにはほぼボートが浮かんでいる状態。

動くと次のスポットに入りづらい状況なので、一か所を長く粘る作戦でスタート。最初はディープのフリックシェイクのヘビダンで数本をキャッチ。

その後は、シャローのウィードスポットでノーシンカーのヤミィ500など高比重ワームで入れ食いモード。風が出たタイミングからはミドストで。ラストはボートを上げる前にソウルフラット58SFでキャッチ。

(タックル)

  • ワイルドサイドWSC67L
  • Xbraidオルトロス6ポンド
  • Truthオリジナルドロップショットリグセット
  • フリックシェイク4.8のヘビダン
前半はヘビダンで
ヘビダンはフリックシェイク4.8

 

後半はミドストで

(釣果)

40㎝以下×43本

 

 

(日)雨

朝は雨が降っておらず、11時頃から雨が降る予報だったので早めの移動でランガンスタイルで。

最初のスポットでゲストさん50クラスがヒットするもラインブレイク。次のスポットではライントラブル、その次のスポットでもライン切れ。あまりにおかしいので、ラインをチェックすると0.6号のPEだったのですが、高比重素材のモノでポンド数が10.6ポンドでした。ご指定させてもらっているのはフィネスシャングリラ0.6号なのですが、こちらはポンド数では14ポンドなのです。

0.6号は同じですが、PEは素材によってポンド数が異なるため、高比重を使ってい頂く場合には0.8号以上を推奨いたします。ゲストさん高比重の0.8号の13ポンドをお持ちでしたので、そちらに交換していただくと45アップ、50アップと無事にキャッチ成功。

その頃から雨が降り出して、寒冷前線通過となり強風、雷の発生が懸念されたので近場でノーシンカー、シャッドで数釣りタイムとして過ごし、雨が止んだタイミングで再び北湖へ戻ってヘビダンで釣ってサイズアップさせて本日は終了となりました。

ラインブレイクのあと、ラインの太さを交換して47㎝
ソウルフラット58SFで連発
パワーミドストのワイルドサイドWSS67Lプラスで50アップ

(タックル)

  • ワイルドサイドWSS67L+
  • Xbraid フィネスシャングリラ0.6号
  • リーダー8ポンド
  • サカマタシャッド5インチ、ソウルフラット58SF

(釣果)

53㎝、47㎝、40㎝以下×28本

 

テーマ:琵琶湖

前年の同時期の釣り

11月10日平村ガイド「爆風半日ガイド・フリックシェイク、ネコシュリンプで28本」

11月12日平村ガイド「フリックシェイク、ソウルシャッドでMAX52㎝の14本」

11月13日平村ガイド「フリックシェイク、カットテールなどで44本」

11月14日平村ガイド「フリックシェイク、ソウルシャッドなどで30本ほど」

11月15日平村ガイド「フリックシェイク、カットテール、ソウルシャッドでMAX55㎝の32本」

11月16日平村ガイド「フリックシェイクのヘビダン、カットテールのノーシンカーでMAX52㎝の10本」

11月17日平村ガイド「フリックシェイク、カットテール、ヤミィ500などで30本ほど」

11月18日平村ガイド「フリックシェイク、ミドストで57㎝,55㎝,54㎝,52㎝など17本」