11月24日平村ガイド「ゲストさんの使っていた良いモノ・『フラッシュリーダー』」

2021-11-24 19:15:44

ゲストさんが使っておられました良いモノとして、紹介させていただきます。

今回はクレイジーオーシャンさんのフラッシュリーダー

PEラインとの結束でFGノットをすれば良いのですが、苦手にしている方も多く、揺れている湖上、強風時には結構難しいことも。

そこで、このフラッシュリーダーを使うとチチワ結びでループを作ると結束が出来るという。

実際にゲストさんが使われていて、非常に素早く確実に結束できていたので、FGノットに自信の無い方にとって非常に有効なアイテムだと思います。下手なFGで手間取っているのならば、こちらを使う方が良いと思います。

ループとループで結束されるので、強度的にはどうか?と思う面もありますが、ゲストさんのヒットシーンを見る限り、問題無さそうなので、FGノット嫌いな方にはおススメいたします。

ちなみに、一押しは2号の1.5mモデル。

1.5mの1.7号、1.5号モデルも持っていた方が良いと思います。

全然スポンサー関係ないアイテムですが、FG苦手なゲストさんには是非使っていただきたいです。

 

テーマ:雑記帳

ガイド空き状況

平村尚也

1月 5(水) 6(木) 7(金) 8() 12(水) 13(木) 14(金)

大熊一徳

12月 1(水) 3(金) 5() 8(水) 10(金) 12() 13(月) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18() 19() 20(月) 21(火) 22(水) 24(金) 25() 26() 27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 31(金)
1月 2() 3(月) 4(火) 5(水) 6(木) 7(金) 8() 9() 10(月) 11(火) 12(水) 13(木) 14(金) 15() 16()

武田栄喜

1月 21(金)

詳細・ご予約

11月23日平村ガイド「強風中止でメンテナンス作業」

2021-11-24 13:51:59

ガイドの方は、23日、24日と強風予報で中止です。

ネジ、ボルト類で1万5千円ほどお買い物。

ボートメンテナンスに欠かせないネジ類の仕込み。

ボートを触るためには、6㎜、5㎜のボルト、6㎜、5㎜のタッピングは欠かせません。

特に6㎜×25㎜、30㎜ボルトとステンレス製のナイロンナットが必需品。

今日はある艤装品の製作作業

アルミのコの字アングル

8㎜厚のアルミを切断するのに、グラインダーで1か所切断するたびにグライダーの刃がダメになるという苦労を重ねながらの作業です。

「無いモノは自分で作る」この作業の積み重ね。

オフになるとこうしたDIY作業が続きます。

 

テーマ:雑記帳

11月9日平村ガイド「2日連続の中止」

2021-11-09 11:23:52

悪天候により、2日連続の中止です。

穏やかな日の大浦湾

8日は南湖も結構吹き荒れていたのですが、大浦は南東風の強風予報のため湾内に風が吹き込むので中止。

9日は朝は土砂降りの雨の関連前線通過、昼前になって小雨で北西風はこれからという感じです。

「奥琵琶湖で過ごす理由」

荒れ具合で言えば、奥琵琶湖だと大浦の湾内のみなら釣りになりますが、全体としてみれば南湖よりも遙かに中止確率が高くて、長浜ほどではありませんが、ガイドとしては拠点とするには出船率の問題から利益率が下がるから経営としては厳しい場所です。

ずっと南湖で過ごしている方が圧倒的に経営としては利があります。

それでもあえて、すでに20年以上この地でのガイドをしています。5月~9月は時折牽引してのガイドですが、秋の10月、11月は全てのスタートをこちらにしています。

美しい景色

それはこの雄大な自然の多い奥琵琶湖の素晴らしさを楽しんで頂きたいから。

皆さん釣りに夢中で景色は見えているかな?

「理由・釣りと水位の問題」

あと、この時期に奥琵琶湖スタートだけにするというのは、釣れるというのも一つの理由ですが、秋の設定水位がマイナス30㎝ということで少しでも雨が降らないと南湖のマリーナでの揚げ降ろしに支障をきたすというのも理由です。今年もマイナス50㎝を超えてレークマリーナでは降ろせなくなりました。秋はマイナス30㎝という設定水位だから、少しでも雨が降らないとこういう事態になるので、例年10月、11月は大浦で過ごしています。

これは琵琶湖の水位調整によるものなので、毎年のように同じ問題が発生します。

ですから、毎年10月、11月の減水期にはマリーナを変更しています。

 

「12月はどうする?」

12月になると奥琵琶湖は大雪の可能性が生じます。私は4駆にスタッドレスなので大丈夫ですが、大阪や名古屋、三河方面のお客様はほとんどスタッドレスタイヤをお持ちではありません。そうなるとゲストさんが来られないのでガイドとしては意味がありません。

そこで温暖な?南湖へ戻る訳ですが・・・。

12月になったら、水位は回復するのか?そこが問題です。

水位的にマイナス50㎝~1mでも降ろせるマリーナとなると限られてきますので、どこかに移動してガイドさせて頂く形になるかもしれません。マイナス30㎝ぐらいまで上昇してくれると安泰なのですが・・・。

大雨に期待したいところですが、11月中に大雨になることは稀なので、対策は考えなければなりません。

 

 

テーマ:雑記帳