10月13日平村ガイド「台風19号通過後の琵琶湖」

2019-10-13 12:51:20

昨日は台風通過で大雨&暴風。

滋賀県内は大きな被害も浸水もなく、一部に避難勧告、消防団待機となった程度でした。

雨量は1日で90㎜ほど、琵琶湖の水位はマイナス47㎝からマイナス26㎝まで増水で今も流入している状態なので、さらに水位は上昇しそうです。

truth  ブログ写真 2019/10/13

野洲川の様子。グランド付近までは浸水していないので増水としては余裕がありました。

本湖の様子。

truth  ブログ写真 2019/10/13

昨日から北西の暴風が吹き荒れたのですが、昨年の台風のように湖岸の木々や電柱が倒れるような竜巻は発生しておらず、被害は軽微。

truth  ブログ写真 2019/10/13

ただ、東岸ラインのウィードはかなり抜けてそうな気配。

今日の琵琶湖には1艇だけ木浜にボートが浮いていました。大半のマリーナは休業でした。

明日から琵琶湖界隈は通常営業となります。

 

テーマ:雑記帳

ガイド空き状況

平村尚也

12月 18(水) 19(木) 23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 27(金) 29()

大熊一徳

10月 22(火) 23(水) 24(木) 25(金) 28(月) 29(火) 30(水) 31(木)
11月 1(金) 2() 4(月) 6(水) 7(木) 9() 10() 11(月) 12(火) 13(水) 15(金) 16() 17() 20(水) 21(木) 22(金) 24() 25(月) 26(火) 27(水) 28(木) 29(金) 30()

武田栄喜

10月 24(木) 29(火) 30(水)
11月 6(水) 7(木) 8(金) 12(火) 13(水) 14(木) 18(月) 19(火) 20(水) 21(木) 22(金) 25(月) 26(火) 27(水) 28(木) 29(金) 30()
12月 1() 2(月) 3(火) 4(水) 5(木) 6(金) 7() 9(月) 10(火) 11(水) 13(金) 14() 15() 16(月) 17(火) 18(水) 19(木) 20(金) 21() 22() 23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 27(金) 28() 29() 30(月) 31(火)

真木将行

10月 22(火) 23(水) 24(木) 26() 30(水) 31(木)
11月 3() 6(水) 7(木) 9() 10() 13(水) 14(木) 16() 17() 20(水) 21(木) 23() 24() 27(水) 28(木) 30()

詳細・ご予約

10月9日平村ガイド「滋賀県名物・サラダパン」

2019-10-10 19:46:29

9日のガイドは北湖が大荒れで一旦湖上に出たものの、ポツポツと釣れるものの、爆風のためにまともな釣りにはならず。

このまま爆風で過ごすのもいかがなものか?と思って、昼頃に諦めてゲストさんと相談して再度別の日に改めてガイドをすることに。

昼から時間ができたのでボートの掃除をして、滋賀県名物のサラダパンを購入するために木之本のつるやパンへ。

truth  ブログ写真 2019/10/10

夕方16時頃に到着すると、「サラダパンは売り切れました」とのこと。

ガイド終了後だと、なかなか購入できません。。。

 

テーマ:雑記帳

10月3日平村ガイド「タレックスの遠近両用の偏光グラス」

2019-10-04 14:18:00

私、元々の視力が低く、20代には左は0.06という事で釣りには大変不利でした。右は0.8あったので片側だけで見ている状態。サイト戦ではボロボロに負けて、トーナメントの5月頃は本当に憂鬱で大雨で濁りが入ると嬉しかったぐらいです。

コンタクトもハードもソフトも合わず、偏光グラスは眼鏡の上のオーバーグラスで長年カバーしてきましたが、タレックスのガラスレンズのサイトマスターに特注で度入りを作成してもらうなど、視力が悪い方なら分かると思いますが、偏光グラスには大変苦労をしてきました。

 

今から10年ほど前にレーシックの手術を受けて近視と乱視は改善されて眼鏡生活とは離れられたものの、今度はアラフィフに近づくにつれて老眼と乱視が入るようになった。現在では日常生活ではiphone5やSEなどの小型のスマホが厳しく、大型画面のスマホならOKというレベルです。

ただ、日常生活では問題は無くても、ボート上でラインを結ぶ際にアイに通すのが難しい場面が出てきたり、乱視で遠くのウィードの発見が遅れたりする弊害がでてきており、偏光グラスに乱視の矯正を入れてもらっていたのですが、今年からは遠視の矯正も入れてもらうことになりました。

いわゆる遠近両用ということ。

遠近両用というと、レンズ中央で上下に分かれ目があると思っていたのですが、累進レンズというレンズ上部に近視を補正するレンズが入り、下部に遠視を補正するレンズが入るという度数がなだらかに変化するレンズがあるという事で試しています。

これらが累進レンズを採用した遠近両用のタレックスの偏光レンズ。

truth  ブログ写真 2019/10/04

まったく見た目が分からないでしょ!

遠くを見る時にはレンズの上の方を使って、近くを見る時にはレンズの下に目線を移すだけで、遠くも、近くもクッキリと見えます。

それに、タレックスの偏光が入っているという最強アイテム。

 

ちなみに、レンズカラーは4種類を使い分け。

1、モアイグレー 雑光カット率20%、可視光線率75%

truth  ブログ写真 2019/10/04

パソコンでの仕事の時に画面の反射を軽減したり、夜間の運転時のネオンのギラツキ、対向車のヘッドライトの眩しさを防ぎながらも、夜間の暗闇も裸眼と変わりなく見える透過率があります。日常生活では、ほぼ外せないレンズ。

 

2、イーズグリーン 雑光カット率90%、可視光線率40%

truth  ブログ写真 2019/10/04

釣りの際の常用レンズ。ウィードも見やすく、朝夕も明るく見えるので、日中もそのまま着用することが多い。釣り用に1本偏光レンズを買うのなら、間違いなくイーズグリーンをお勧めします。

 

3、ラスターオレンジ 雑光カット率95%、可視光線率32%

truth  ブログ写真 2019/10/04

光量の強い夏場から目を守ったり、サイトフィッシングで魚を目立たせたい時には色の入ったレンズを使うとコントラストがはっきり出て発見しやすくなるので、本気で魚を見に行く時に着用するレンズ。

 

4、エアリーパープル 雑光カット率99%、可視光線率20%

truth  ブログ写真 2019/10/04

雑光カット率99%なので日差しの強い時の車の運転、雪道での運転などあらゆる眩しい場面で使用。あと、スキー場でもゴーグルでは視力の矯正が効かないので、エアリーパープルを使用。これを使用するとスキー場のコブがハッキリと見えるので快適に滑れます。

 

という感じで使い分けており、日常生活でも運転やパソコン作業では、モアイグレーを使用中。

truth  ブログ写真 2019/10/04

琵琶湖リサーチTVも遠近両用のモアイグレーで近くのパソコンを見ながら遠くのカメラを見て収録しております。

近視、遠視など視力に不安のある方は、タレックスの専門店等でご相談されてみてはいかがでしょうか。

テーマ:雑記帳