12月2日平村ガイド「続・ボートメンテナンス&ちょっと湖上」

2021-12-02 22:34:05

ここ数日は陸上でのボートメンテナンス作業をしながら、湖上の様子も見る並行作業中。

減水期間にお世話になっているアークロイヤルさんに行くと、12月1日のビワマス解禁日からやる気満々の関根さんが、颯爽と出船。

ビワマス専用艇まで導入で、ますますマスの人に?

そして、アークロイヤルさんからレークマリーナに戻って車検作業。

アース不良発見。

さらに同時にラッピング作業。それから、デッキにスポンサーのデカールを貼る作業も。

レジットデザイン
ジャッカル

さらにビワマス用のアダプターの作成作業とトリプル並行作業中。

これはビワマス用のアダプター。ダウンリガーをボートに載せる時にボートに穴を開けないのでバスボートにセット可能。

こんな作業もしながら、さらに南湖をチェックに湖上へ。

水深が浅い

久しぶりの南湖に水深のレンジが普段は20m、でも南湖では5mへ変更。

ちょい荒れ気味の南湖

結構、濁ってます。

大急ぎで南湖の状況もチェック。

雄琴港

やっぱり水位低いですね~。

あまりにバタバタしながらのチェックなので、魚探を掛けるだけで精一杯。

ロッドにラインすら通す時間もなくチェックして、再び作業へ戻る。

テーマ:バスボート

ガイド空き状況

平村尚也

12月 25()
1月 5(水) 6(木) 7(金) 8() 12(水) 13(木) 14(金)

大熊一徳

12月 10(金) 13(月) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18() 19() 20(月) 21(火) 22(水) 24(金) 25() 26() 27(月) 28(火) 29(水)
1月 3(月) 4(火) 5(水) 6(木) 7(金) 8() 9() 10(月) 11(火) 12(水) 13(木) 14(金) 15() 16()

武田栄喜

2月 1(火) 4(金) 7(月) 9(水) 11(金) 14(月) 15(火)

詳細・ご予約

2月8日平村ガイド「ボートトレーラーのメンテナンス」

2021-02-11 00:46:51

ボートトレーラーのメンテナンス。

牽引することの多い、私のボートライフではトレーラーの安全チェックは欠かせません。

灯火類のチェック、ブレーキの利き具合、タイヤの状態、ベアリングの状態、バンクの具合、板バネ、塗装とチェック項目は沢山。

まずは慣性ブレーキが利きづらくなっており、チェックをするとオイルレベルが下がっておりました。

ブレーキ用のオイルを追加すると共に、ブレーキオイルの漏れがないかをチェック。

 

続いては、ベアリングの摩耗度合を調べると、4輪のうち1輪にガタツキがあることが判明。

ベアリング交換です。

ブレーキとベアリングの状態は命に関わるので、専門家にお任せします。

水中に漬けるので、トレーラーのベアリングはかなり過酷。水中に使って、時速80キロで高速も走行するし、マリーナでは急旋回でねじれの負担がモロに掛かるので寿命も短め。ベアリングのグリスアップをマメにして、さらに点検は毎年1回以上はしましょう。

 

つづいては、バンクのカーペットが破れだしていたので、バックカーペットの交換です。

コツはボートが滑らないように、カーペットの目をトレーラーの前方になびくようにすること。

バンクを外して、カーペットを貼る。

綺麗になった!とは言え、ゲストさはバンクカーペットなど気にしたこともない筈。

でも、このバンクで1トンもあるバスボートを積載して、高速道路も走る訳ですよ。

しかも、たった20本のビスで止まっているだけという・・・。

いかに重要か、おわかりいただけただろうか?

トレーラーの牽引は、日本国内の行動では、かなり危険なこと。

その分、充分な点検が必要となります。

テーマ:バスボート

5月3日平村ガイド「ドライブシャフト交換」

2020-05-03 20:35:34

GW期間中が休みとなったので、その期間でエンジンのメンテナンス。

今回はドライブシャフトとエンジン側のギア交換。

truth  ブログ写真 2020/05/03

このドライブシャフトのスプラインが摩耗してきて、完全になくなるとエンジンの動力がドライブシャフトに伝わらなくなり、湖上でエンジンは回るけど船は進まなくなります。

色んなメーカーのエンジンがありますが、それぞれに欠点はあり、スズキのDF200Aに関しては、500時間から800時間でこの現象が発生します。

エンジンブロック本体は丈夫、ロアーケースも丈夫なのですが、それを連結する歯車がすり減ります。

どのエンジンも500時間から1000時間ぐらいの間に定期的に摩耗したり、故障する弱い箇所があるので、それを知っていて事前に対応するというのがプロ(ガイドや漁師)のやり方です。

ですから、このプロペラシャフトのすり減り具合も500時間経過から100時間おきにチェックしていて800時間で、もう持たないというレベルになったので今回交換しておきます。

truth  ブログ写真 2020/05/03

完全にエンジンからロアーケースを降ろして、パワーヘッドも降ろして、ブロック下部のギアを外して交換します。

truth  ブログ写真 2020/05/03

だいたい故障する箇所は想像できるのですが、パワーヘッド自体は丈夫なスズキのエンジンですから、まだまだ働いてもらうことになりそうです。

 

テーマ:バスボート