2月16日平村ガイド「冬のメンテナンスの最後はエンジン系統」

2018-02-16 23:45:12

 いや~、穏やかな晴れ!春ですか?

truth  ブログ写真 2018/02/16

 そろそろ、こんなポカポカとした日が増えてくる季節になりました。もう雪は要らんぞ!

 さて、冬のメンテナンスは、船体、エレキ回り、そして最終章はエンジン回りです。

 まずは、フットスロットルの交換です。OMCのフットスロットルからプロラインのフットスロットルに交換です。

truth  ブログ写真 2018/02/16

 いままでケーブルにアダプターを噛ませていたので、それが原因で動きにムラがあってスムーズさが足りないと感じていたので、アダプター無しで装着できるモノに交換します。

 pull to open ? push to open?この辺りがスロットルケーブルのややこしいところ。 2スト時代とシステムが違うので、ストッパーが無くて困る。どうする?

truth  ブログ写真 2018/02/16

 完全にゼロ点を出して、その後はケーブルでエンジンのスロットルを完全に開けるように長さをネジで調整。

 そして、古いケーブルは交換。だいたい5年から7年に1度は交換しています。過去にワイヤー切れで湖上でスロットルが空けられずにアイドリングで帰った経験から、ケーブルにナーバスな人になっております。ちなみに、ミッションのケーブルが切れた時の方がもっと厄介ですよ。大型艇は電子スロットルになりつつありますが、電気系の故障が起こると、ケーブルに比べてマニュアルで動く可能性がゼロなので湖上で対応のしようがないというのも怖いものです。

truth  ブログ写真 2018/02/16

 ボートを持っている方でも、意外とケーブル類に無関心な方が多いのが恐ろしい。ケーブルの切れ、プロペラのハブ滑り、エンジンのブロー、ロワーケースの破損、ドライブシャフトのスプライン切れ、これぐらいが湖上で彷徨う原因。あとは、オプティだとコンプレッサー故障も多いですね。電気系も厄介だ。

 まぁ、全てを防ぐのは不可能ですが、ある程度は経験で、これぐらいの年数でこの辺を交換しておくべき?というタイミングは分かるので、その辺の仕事はしておきます。

 そして、トランサムタフナーの交換。

truth  ブログ写真 2018/02/16

 曲がってます。バスボートのトラブルで、これぐらいは日常茶飯事。驚くことがいっぱい起こります。これを笑って、解決するぐらいの度量が求められるのがバスボートオーナーというもの。決して日本車のようにトラブルレスで乗り続けられるものではありません。そして重要なのは、こういう故障やトラブルの予兆を見逃さずに発見して、修理、予防に努める事です。

 当然、ここは新しい大型のトランサムタフナーをワンオフで作成してもらって固定。

truth  ブログ写真 2018/02/16

 こういう事をしていると金属系も詳しくなります。鉄、アルミ、ステンとバスボートを持っていると色々と加工することが必要に。

 さらにプラグの具合を確認。

truth  ブログ写真 2018/02/16

 ギアオイル交換。

truth  ブログ写真 2018/02/16

 そして、エンジンオイル交換。

truth  ブログ写真 2018/02/16

 シーズンが始まる前に、エンジン系統だけでも、これぐらい仕事があります。こういうメンテナンスが嫌いな方は、バスボートを持つには向いてないかもしれません。これも楽しみの一つとしてバスボートライフを過ごすのが理想的です。個人的には釣りだけを楽しむなら、レンタルボートやガイドの方が気軽だとおもいます。

 こうして、シーズンオフの点検、整備が終わったので、明日から湖上のチェック、ガイドがスタートします。

テーマ:バスボート

ガイド空き状況

平村尚也

現在空きはございません。

大熊一徳

2月 23(金) 24() 25() 26(月) 27(火) 28(水)
3月 2(金) 3() 4() 6(火) 7(水) 8(木) 9(金) 12(月) 13(火) 17() 19(月) 20(火) 22(木) 24() 25() 26(月) 27(火) 29(木)
4月 1() 2(月) 3(火) 5(木) 6(金) 19(木) 21() 23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 27(金)

武田栄喜

2月 23(金) 26(月) 27(火) 28(水)
3月 1(木) 4() 5(月) 6(火) 7(水) 8(木) 9(金) 17() 18() 19(月) 20(火) 21(水) 24() 25() 27(火) 28(水) 29(木)
4月 9(月) 10(火) 12(木) 13(金) 14() 15() 17(火) 18(水) 20(金) 22() 24(火) 25(水) 26(木) 27(金) 28() 29() 30(月)

真木将行

2月 24() 25() 28(水)
3月 1(木) 3() 4() 7(水) 8(木) 10() 11() 14(水) 15(木) 17() 18() 21(水) 22(木) 24() 25() 28(水) 29(木) 31()
4月 1() 4(水) 5(木) 7() 8() 11(水) 12(木) 14() 15() 18(水) 19(木) 21() 22() 25(水) 26(木) 28() 29() 30(月)

詳細・ご予約

2月12日平村ガイド「メンテナンス・ウルトレックス使用で欲しくなる工具」

2018-02-13 11:33:00

 来週のガイド再開に向けてバスボートのメンテナンスも着々と進めており、今回はエレキ回りの艤装をやり直し。

 昨年からウルトレックスを登載して、モーターガイドのXi5よりは踏みやすくなったものの、故障の多さに予備のウルトレックスを購入することに。

 だいたいエレキは3年に一度は交換して、1年に1回は外して整備するのですが、その際に必要となるのがエレキを接続する8ゲージから16ゲージの配線を接続する圧着工具。

 そのお値段は11900円!

truth  ブログ写真 2018/02/13

 これ毎回、作業のたびに買うか?買わないか?で迷うのですが、結局はマッスルマリンさんで工具を借りるか、圧着してもらいます。

 ガイド中のトラブルの場合、下のようなスリーブでの圧着よりも、コンセントやコネクターの使用の方が作業が楽なのですが、コンセント類も発熱、接触不良などのトラブルの原因となるので、外しておきたい。過去に何度も発熱で溶けたり、接触不良でエレキの動作不良を起こした事があるので、安全なスリーブによる直結を採用してます。

truth  ブログ写真 2018/02/13

 8ゲージ以上のスリーブを使う作業というのは、エレキの配線でのエレキの取り付け、バッテリーの接続端子の取り付けの2箇所だけ。

 そのために1万円の工具を買うのは?と思う反面、ガイド中のトラブルでエレキ載せ換えで30分~1時間程度で作業を終了すれば、ガイド中でもゲストさんにご飯に食べに行ってもらっている時間で済みます。これを修理屋さんに頼っていると、修理の順番待ちなど相手先の都合もあるから、どうしても半日、1日の時間が要することになると、ガイド中止となってしまいます。そうなると損害は1万円では効かないので、圧着工具は購入した方が良いかと・・・。

 ウルトレックスを使うといのは、それなりのトラブルは覚悟しておく必要があります。

 もちろん、トラブルが出ても、修理屋さんに出せば良いのですが、その間釣りにならないという問題を解決する為には、予備艇もしくは予備エレキを用意すること。予備エレキならば、このように積み替えを前提としてスペアエレキの保管場所や交換する工具も考えておく必要があります。

 電気系に関しては魚探等で作業が多いので、通常の電気系には圧着工具とワイヤーストリッパーは常備しております。

truth  ブログ写真 2018/02/13

 当然、これらの端子類などは、在庫を持っております。

truth  ブログ写真 2018/02/13

 ガイドにとって一番の泣き所は、「ボートの修理」です。壊れないボートなどありませんから、常に壊れた時のリカバリーを考えての行動が必要となります。

 

テーマ:バスボート

2月6日平村ガイド「カーペット張替え5日目・モール取り付け」

2018-02-07 17:21:05

 最近の琵琶湖はずっと南西の爆風。

truth  ブログ写真 2018/02/07

 北陸へ向かって風が抜けています。その北陸は1mを越える積雪で身動きが取れない様子。

 まだ大雪でないだけマシと思うしかないですね。

 

 さて、カーペットの張替え作業も5日目になりました。ストレージやデッキへのカーペットの貼り付けは終わったので、今度はボートにストレージの取っ手、ヒンジを付けて戻す作業です。

truth  ブログ写真 2018/02/07

 ストレージの穴をハンダコテで穴を開けて、ヒンジを付けます。

 それから、外したモールをアメリカから輸入した新品のモールに交換。古い両面テープを除去するだけで1日仕事。

truth  ブログ写真 2018/02/07

 ようやく、完成形が見えてきました。

truth  ブログ写真 2018/02/07

 まだ細かい作業が残っていますが、ここまで2人で5日間。

 一人でやると10日間の作業工程です。しかも、慣れている人という条件付きです。

 カーペットの張替えをボート屋さんが引き受けたがらないのは、日数が掛かり過ぎるからです。

 目安としては、プロメカニックの工賃が時間3000円~50000円(場所代や工具代を含む)×8時間×10日+カーペット代50000円~80000円+接着剤代10000円という額となります。

 トータルすると30万から50万円の仕事となる訳です。工賃部分を自分ですれば安く上がりますが、場所や作業方法(ノウハウ)などの手間を考えると、なかなか個人では難しい面も。

テーマ:バスボート