8月20日平村ガイド「リーフマスターでのMAP作り」

2019-08-20 22:13:37

北海道からは朝一の飛行機で帰還。

北海道って一番幸せな旅は時間の余裕のある方ですよね。

昔、敦賀発の遅い新日本海フェリーで新潟で降りて桧原湖で試合してた頃に出会ったおじさんが「大阪で飲食店を30店舗ほど経営していて、毎年6月から9月ぐらいまで北海道で過ごすよ。」と話されていたのですが、今思うとそれが最高の贅沢だと思います。飛行機でバタバタと移動しているようでは…

でも普通の休暇スタイルなら飛行機で数日でしょから、やっぱりマルチピースで飛行機搭載というのが本州から北海道、沖縄のベストプランでしょう。

truth  ブログ写真 2019/08/20

今回の旅では多くのジャッカルルアーと共に、フィールドバッグが大活躍。札幌の街中でも使えて海でも川でも使えて便利です。

 

さて、戻れば仕事ですが、旅の前に台風で数日の空きが出来たので、そのタイミングでローランス用の地図データを再編集することに。

今では完成したデータが発売されているので、ほとんどの方はそれを使っておられますが、元データからの変換の処理の仕方で微妙にMAPの表示が異なります。また、自分でちゃんと魚探をかけておかないとハードボトムや細かなストラクチャーの見逃しもあるので、最後は自分の地道な作業がものを言う。

truth  ブログ写真 2019/08/20

ところが、地図データもsl2ファイルが膨大となり、データ変換に数時間、下手をすると半日以上が必要となり、琵琶湖全体ではパソコンが2日間ぐらいかけての処理となります。デスクトップの高性能パソコンでそれだから、ノートだともっと大変な作業となります。

そこで今回は旅の前に処理を開始させて、パソコンを起動したまま置いておくことに。

そして3日かけて処理が完了。

truth  ブログ写真 2019/08/20

ここまでsl2ファイルを取り込んだら、あとはat5ファイルに変換です。

truth  ブログ写真 2019/08/20

この時の色付けの具合、等深線の処理の設定をいじれるのは元データを持ってる人だけ。

とは言え、地形だけで釣る訳でも無いのでデータさえあれば釣れるかと言えば、そうで無いのが釣りの面白いところ。

 

テーマ:バスフィッシング

ガイド空き状況

平村尚也

12月 18(水) 19(木) 23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 27(金) 29()

大熊一徳

10月 25(金) 28(月) 29(火) 30(水) 31(木)
11月 1(金) 2() 4(月) 6(水) 7(木) 9() 10() 11(月) 12(火) 13(水) 15(金) 16() 17() 20(水) 21(木) 22(金) 24() 25(月) 26(火) 27(水) 28(木) 29(金) 30()

武田栄喜

10月 24(木) 29(火) 30(水)
11月 6(水) 7(木) 12(火) 13(水) 14(木) 18(月) 19(火) 20(水) 21(木) 22(金) 25(月) 26(火) 27(水) 28(木) 29(金) 30()
12月 1() 2(月) 3(火) 4(水) 5(木) 6(金) 7() 9(月) 10(火) 11(水) 13(金) 14() 15() 16(月) 17(火) 18(水) 19(木) 20(金) 21() 22() 23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 27(金) 28() 29() 30(月) 31(火)

真木将行

10月 24(木) 26() 30(水) 31(木)
11月 3() 6(水) 7(木) 9() 10() 13(水) 14(木) 16() 17() 20(水) 21(木) 23() 24() 27(水) 28(木) 30()

詳細・ご予約

Basser30周年おめでとう

2016-07-04 08:38:45

 Basser誌が創刊30周年。おめでとうございます。

truth truth ブログ写真 2016/07/04

 SNS等で色んなアングラーが感慨にふけってコメントされていますが、私も少しばかり感慨に。

 創刊当初は一読者で、季節刊の頃は発売が待ち遠しくて、ボロボロになるまで読んでいましたね。

 その後はJBに参戦したり、取材にカメラ艇で参加したりしながら、編集部の方とも親交を深めて、取材をしてもらったりするうちに、ライターとして紙面作りにも参加。

truth truth ブログ写真 2016/07/04

 今の編集長の堀部君とは、夜中の3時にメールしたら即レスがあって、「なんだ起きてんじゃん」という感じで、徹夜で仕事したのが懐かしい思い出。

 良い紙面を作ろうと思えば思うほど、労働環境が悪化してくるというジレンマを抱えながらも、この雑誌に関わる方々の熱意が支えてきたのも事実。

 ほんと30年の間、内部の方々の血?と汗と涙の結晶が、紙面として表現されていると思います。

 あまりにも忙しくて、徹夜で全国を回って、事故を起こしたり、倒れたりと体力的にも精神的にもトラブルが多発したので、一線を退きましたが、日本のバスフィッシングシーンの中心に関われた充実した日々でした。

truth truth ブログ写真 2016/07/04

 軽いノリが得意じゃないから営業的に売るのは上手くないけど、真摯にバスフィッシングに向き合う姿勢はBasser誌ならでは。この姿勢がコアなバスアングラーからの支援が続く理由でしょう。

 これからも日本のバスフィッシングシーンと真摯に向き合ってください。

 また、機会があれば、誌面作りのチームBasserの仲間に戻りたいとも思っています。ただし、もう40歳を超えたので夜中の3時まで仕事はしたくないです!

 

 

テーマ:バスフィッシング

オールドダイワ「ウィグルワート」

2016-02-13 22:49:47

 あまりルアーを収集する癖は無いのですが、オールドダイワだけは別。

 ウィグルワートのジャパンカラー全色。

truth truth_diary ブログ写真 2016/02/13

 オークションで1個2万円近くで落としたモノも・・・。

 ウグイ、シマドジョウ、オイカワ(オス)、アマゴ、オイカワ(メス)、イワナと揃っております。

 ウィグルワートはアメリカでも高値が付いていますが、ジャパンカラーは本土ではそれほど高騰しませんね。

 本来のウィグルワートの使い道から考えたら、ジャパンカラーのベイト達の動きが合っているとは思えませんが、今から30年ぐらい前の思い出で思わず、揃えてしまうルアー達です。

 

 

テーマ:バスフィッシング