9月3日平村ガイド「ジャッカルの長靴」

2019-09-03 21:38:15

 

ガイドはゲストさん都合によるキャンセル。

突然空いた一日となり、荷物の受け取り整理。

truth  ブログ写真 2019/09/03

ジャッカルより何やら高級そうな箱が届いており。

truth  ブログ写真 2019/09/03

中身を確認すると!

truth  ブログ写真 2019/09/03

立派な高級長靴。ブーツというべきか?

truth  ブログ写真 2019/09/03

なかなかソフトで履き心地が良い!

これでチョットは水の中を歩くこともあるかな?

基本的には水中に浸かるタイプの釣りが苦手でボート派です。

ウェーダー、フローターが苦手で渓流釣り、海や湖でのウェーディングは避けております。

陸っぱりとかで釣っていると、すぐに「ボートだったら、簡単にあそこに届くのに?」という想いがしてしまうので、どのジャンルでもボートに乗りたがる性格。

そういう理由で、こんなに釣りしているのにウェーダーを持ってない。

今回は立派なブーツを入手したので、雨の日に使います!

 

 

テーマ:ジャッカル

ガイド空き状況

平村尚也

12月 18(水) 19(木) 23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 27(金) 29()

大熊一徳

10月 25(金) 28(月) 29(火) 30(水) 31(木)
11月 1(金) 2() 4(月) 6(水) 7(木) 9() 10() 11(月) 12(火) 13(水) 15(金) 16() 17() 20(水) 21(木) 22(金) 24() 25(月) 26(火) 27(水) 28(木) 29(金) 30()

武田栄喜

10月 24(木) 29(火) 30(水)
11月 6(水) 7(木) 12(火) 13(水) 14(木) 18(月) 19(火) 20(水) 21(木) 22(金) 25(月) 26(火) 27(水) 28(木) 29(金) 30()
12月 1() 2(月) 3(火) 4(水) 5(木) 6(金) 7() 9(月) 10(火) 11(水) 13(金) 14() 15() 16(月) 17(火) 18(水) 19(木) 20(金) 21() 22() 23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 27(金) 28() 29() 30(月) 31(火)

真木将行

10月 24(木) 26() 30(水) 31(木)
11月 3() 6(水) 7(木) 9() 10() 13(水) 14(木) 16() 17() 20(水) 21(木) 23() 24() 27(水) 28(木) 30()

詳細・ご予約

7月10日平村ガイド「ボートメンテ&タックル整理」

2019-07-11 00:18:48

本来ならば、ロッドのテストの予定でしたが、担当の体調不良に伴い中止。

来期アイテムなど諸々の仕事があるのですが、体調不良なら仕方がない。

 

空いた時間でbob'sの油圧ジャックのゲージが届いたので修理。

truth  ブログ写真 2019/07/11

ゲージだけを発注したのに、セットで届く。

しかし、新タイプと旧タイプのコネクターが異なっており、センダーとゲージのアッセン交換が必要になる。

truth  ブログ写真 2019/07/11

いや、そこはゲージだけしか壊れてないのだから、なんとかゲージを接続したいところ。しかし、配線色が異なるので、1発ショートで破損の恐れもある。

truth  ブログ写真 2019/07/11

日本のbob'sの代理店に電話してもらうも「分からない」とのこと。ならば、アメリカのbob'sに直にメールする。

truth  ブログ写真 2019/07/11

すると、丁寧に接続方法やアダプターの存在を知らせてくれました。

本当は日本の代理店にしてもらいたい事ですが、なんとか解決しました。

 

 

 

さて、問題が解決したのでタックルの整理。

truth  ブログ写真 2019/07/11

大量のロッドを運ぶのに最適なロッドソックス。

truth  ブログ写真 2019/07/11

ジャッカルのロッドソックスはかなり幅広タイプ。

truth  ブログ写真 2019/07/11

昔はロッドソックスは1本づつ入れるのに細かったのですが、ちょっと幅広だったスピニングにロッドを束ねて入れるようになった結果。

ロッドソックスにはまとめて入れるのが主流になりました。

 

事務所には虫も入ってきた。

truth  ブログ写真 2019/07/11

実は虫で釣った事がない。

truth  ブログ写真 2019/07/11

それにしても凝っている。

truth  ブログ写真 2019/07/11

パーツも拘りが凄いが、このパッケージの凝りようが凄い。

truth  ブログ写真 2019/07/11

パッケージ代が凄いことになってそう。担当は相当頭を抱えたに違いない。

 

さて、さらにシンカーの整理整頓。

truth  ブログ写真 2019/07/11

ジャッカルとアクティブのサイズステッカーを購入して貼って綺麗にする。

truth  ブログ写真 2019/07/11

きゃ~、素敵!

整理マニアにはたまらん。

truth  ブログ写真 2019/07/11

こうやって整理すると在庫切れが一目瞭然。

truth  ブログ写真 2019/07/11

ついでにそろそろ重要なパンチショットリグ(リーダーレスダウンショット)も新しいケースを作る。

truth  ブログ写真 2019/07/11

かなり在庫切れ起こしていることが判明。

こちらはアクティブさんのシール。

truth  ブログ写真 2019/07/11

こちらはジャッカルのシール。

truth  ブログ写真 2019/07/11

当然、メーカーごとにシンカーの表示やウェイトの区切りが違うので、ジャッカルのシンカーを使う場合はジャッカルのシールが合っているし、アクティブさんの場合はアクティブさんのシールが合っている。

こんな作業をしていると永遠に時間が必要になります。。。

テーマ:ジャッカル

5月30日平村ガイド「ガイドキャンセルで在庫管理」

2019-05-30 18:13:44

 朝4時半から起きてガイドの準備をしていたら、6時過ぎにゲストさんから体調不良のためキャンセルとの連絡あり。

 いい天気で久しぶりの無風DAYだから、本当に勿体ないけど仕方がない。

 単独での釣りも考えたが、事務作業が溜まっているので事務所に引き篭もり。

 

 しかし、天気の良い日に屋内で仕事するほど辛いことはない。世間の会社勤めの方は、こんな思いをされているのだと実感する。

 「釣りに出たいゾ~」

 

 溜まっていた雑誌類に目を通すと、今月号のバサー誌のニンジャさんの記事に。

truth  ブログ写真 2019/05/30

おお!マルチウォブラーが載っている!

truth  ブログ写真 2019/05/30

このキャロでとんでもなく釣れるコンセプトを理解してもらって紹介してくださるとは感激です。

もう廃盤の可能性は高いですが、キャロの時にロールさせて幻滅効果で釣るために設計してあり、後ろの小さいテールの大きさがキャロの時にロールを抑えて回転させない目的があります。

ですから、後ろのテールが大きくなると今度はロールゼロになり釣れないし、無くなるとクルクル回って釣れなくなる。キャロで一番釣れる速度の時に綺麗にヒラ打ちロールします。だから釣れるんです。

truth  ブログ写真 2019/05/30

でも、やっぱり際モノ扱いされて廃盤への道を辿ることに。

その辺を見極めて紹介していただいた事に感謝申し上げます。

私も残りの在庫がある限りはキャロで使い続けており、一部のファンの方は未だに幻滅効果の高いツートンカラーを買い続けておられます。

でも、さすがにそろそろ在庫処分も終わる頃かと・・・。

 

さて、事務所内のワームの在庫整理。

truth  ブログ写真 2019/05/30

やっぱり、よく釣れているワームほど無くなる。

釣れ出したら1日1パック消費するので、いきなり1週間で6パック、3週間で18パックぐらい消費することも。

しかも、突然水の色が変わったりして、ワームの色も「これじゃないと釣れない」みたいな状況も起こるので、ちゃんと整理整頓して、在庫カラーの数を確認。

 

一方、フックの方もきちんと整理。

truth  ブログ写真 2019/05/30

オフセットはWRM951、TNSオフセット(ノーマル)、TNSオフセットHD(太軸)の3種類を使い分け。

スピニングにはノーマルのTNS、ボリュームのある小型ワームはWRM951、ボリュームのある大型ワームはTNSHDです。

 

 

さて、フックと合わせて重要なのがシンカーです。

truth  ブログ写真 2019/05/30

シンカーはウェイト毎、形状毎に揃える必要あり。

バレットシンカーは丸みのあるタイプはジャッカル、すり抜けやすいストレート気味はカンジを使用。

基本はジャッカルのバレットシンカーだけで事足りるのですが、3,5gと5gの間のウェイトは、スゴイシンカーだけにある4g。

truth  ブログ写真 2019/05/30

この4gが意外と根掛かりやすい所やウィードで重宝するので長年4gと言えば、スゴイシンカーです。

そして、もう一箇所ウェイトで必要なのが、10,5g(3/8oz)と14g(1/2oz)の間の7/16oz(12g)です。ここは丸っぽいジャッカルと同系であるのは、レインさん、長めの棒っぽいのはバレーヒルさん。

truth  ブログ写真 2019/05/30

この10gと14gの間はかなり大きいので、かなり重要となります。

 

でも、ジャッカルも他社にない絶妙なウェイトを持っており、ダウンショットの1/13ozの2,2gがそれ!

truth  ブログ写真 2019/05/30

ここの前後の1,8g(1/16oz)と2,7g(3/32oz)ではかなりダウンショットでは結構致命的な差が出てしまう。

その時にジャッカルのラウンドのタングステンシンカーの2.2g(1/13oz)は必需。

ジャッカルのラウンドのダウンショットシンカーはハリス止めも良くて、非常に良く仕上がっております。

 

でも、上のウェイトに行くとハリス止めタイプは棒型のみ。ラウンドの5gハリス止めはダイワさんにあり、7gと10gになってくると庄司さんのドリームエクスプレスルアーズの独断場。

truth  ブログ写真 2019/05/30

最近は何もかもパンチショットリグ(リーダーレスダウンショット)という時代で多用することが多く、LLDオフセットというスプリットリングもスイベルもセットされた商品を使うことが増えました。

truth  ブログ写真 2019/05/30

で、あとはフットボールにするなら、ダイレクトショット、パンチショットリグ(リーダーレスダウンショット)にするなら元祖パンチショットシンカーとなります。

つい最近まで、ダイレクトショットに5gと7g無いので不便に思っていたら、即リリースされておりました。流石です!

truth  ブログ写真 2019/05/30

とにかく、シンカーというのは探し出すと、某型、丸型、ハリス止めタイプ、ラウンドアイタイプと組み合わせると数が増えて、さらにウェイト毎に揃えていくと、各社のラインナップから不足しているものが見えてきます。

そういう点では現場に近いアングラーがキチンと作ると、やっぱりラインナップに共感できるようになる事が多く、「そのウェイトのソコ」という具合に納得できることが多いですね。

やっぱり釣るゲストさんは、その辺がしっかりしていて、ルアーの数よりも、しっかりフックとシンカーを揃えておられます。

シンカーやフックは、「アレがない、コレがない」と言って代用すると本当に釣れなくなるもので、上手いアングラーは必ずフックとシンカーを絶妙な揃え方をしているものです。

 

テーマ:ジャッカル