1月19日平村ガイド「帰国」

2017-01-20 21:54:59

 中国のある場所から、中国新幹線に乗って帰国の途へ。高速鉄道自体は日本の新幹線と同じで、楽なもの。この鉄道が出来る前に来てたらと思うと、ゾッとします。

truth truth ブログ写真 2017/01/20

 旧正月に突入で、混雑です。

 上海の空港から関空へ。上海での高速鉄道と国際空港のアクセスが一番嫌だったかな?

truth truth ブログ写真 2017/01/20

 中国のある場所から12時間で野洲に戻る。

 朝出て夜到着なので、この日は移動だけの日となりました。

 製造部門の方は、中国、タイ、ベトナム、バングラディシュなどこうして出張されているのですね。釣具の生産は、人件費の安い中国、タイ、ベトナム、マレーシア、韓国、台湾あたりが多いので、釣具メーカーや関係企業の製造部門、開発部門の方は、こういう出張だらけとなるのでしょう。逆に販売の方は、欧州、ロシア、北米がメインとなるのでセールスの方はそちらへと大変だと思います。

 ただ、個人的には海外出張は往復で移動にまる2日~4日を使ってしまうので、あまり喜ばしいことではないです。食べ物や習慣など、海外を知るのは楽しいですが・・・。

 ちなみに、入れ替わりで今度は大熊さんがアメリカへ。

 冬の間に、truthも世界へ進出??

テーマ:レジットデザイン

ガイド空き状況

平村:現在空きはございません。

大熊:2月18(土) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火)   3月1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 5(日) 6(月) 7(火) 8(水) 9(木) 10(金) 11(土) 12(日) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18(土) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 31(金)

武田:1月28(土) 29(日)   2月11(土) 12(日) 18(土) 19(日)   3月12(日) 18(土) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火) 31(金)

詳細・ご予約

1月18日「レジットデザイン工場勤務」

2017-01-19 08:57:21

 本日もレジットデザインの工場勤務。

truth truth ブログ写真 2017/01/19

 今日の作業はロッドの検品作業。どの程度の検品が行われているのか?を実際に体験。さらに自分なりに気になっていた部分を直接工場に伝える良い機会なので、遠慮なく担当者に伝える。英語で伝えた後に中国語に変換されるのですが、その時の表情が・・・。でも、伝えておかないといけない事はちゃんと言わないといけません。(写真の向きは現在のWEB環境で動かせないので縦横の間違いはご容赦ください)

 わすがなスレッドの違いなども見つけてしまうので、「お前、厳しい」と言われてしまった(笑)。

truth truth ブログ写真 2017/01/19

でも、ゲストさんの立場になると、やっぱり厳しくしないと、ゲストさんに迷惑をかけるので仕方がない。

工場内の標語や風水?みたいなのが中国らしい。この国は「標語」好きですね。

truth truth ブログ写真 2017/01/19

 ご飯を食べに市街へ。

truth truth ブログ写真 2017/01/19

 川は汚いなぁ~。大陸で流れなくて、人口多いから仕方がないでしょうけど。

 あとは信号が怖い。

 

truth truth ブログ写真 2017/01/19

 常時右折OKだし、車も人も間合いが近すぎるから、日本的には「当たる」と思ってもせめぎ合う、怒鳴り合うのは、さすが・・・。よく事故起きてますね。

 市街の美味しい店に連れてきてもらうと、これは本当に美味しい。

truth truth ブログ写真 2017/01/19

 油を使わない料理が美味しい。小麦系はGOOD。やっぱり現地で人気の店は、美味しいみたい。

 さて、工場に戻ると昨日提案したロッドサンプルが、完成24時間以内に次のサンプルにいけるのは、工場内に滞在しているからではこそ。

truth truth ブログ写真 2017/01/19

 「10%硬くして」、「ここから曲げる」などの指示通りに完成している。

truth truth ブログ写真 2017/01/19

 あとは、それを元に、曲げ方を変えてみたりするのに、素材を変更したり、カーボンシートのカットや位置を変えるなどの指示を出すのは、レジットの開発側の仕事です。

 

truth truth ブログ写真 2017/01/19

 

 

 

 この辺の精度の高さ、そして、早さ、経験値がレジットの強味です。このカーボンの素材とカッティングなどで、私たちスタッフ、そしてアングラーの方々が求めるアクションに、仕上げるかが腕の見せ所となります。

 工場の指示も現地で直接指示しているので、改善、変更即対応。さらに現地テストも企画も北君のような日本トップアングラーから、琵琶湖の私のようなロコまで揃って、日本各地のフィールドに適合するモデル、釣り方に合ったロッドを製作しています。

 

テーマ:レジットデザイン

1月17日平村ガイド「レジットデザイン工場訪問」

2017-01-18 09:42:38

 中国訪問の目的はレジットデザインの工場に訪問。

 工場とはメール、電話でのやり取りが日々実施されているようですが、月1ペースぐらいで訪問して打ち合わせ。社長の飯高さんが交渉中。

truth truth ブログ写真 2017/01/18 

 その隣で鬼形氏が日本の担当者とメールでやり取り。

truth truth ブログ写真 2017/01/18

 北プロと私は、出来たサンプルのテーパーを確認。訪問することで、日本への輸送時間を省略できて、その場で作り変えて翌日には次のサンプルが完成するので、中国国内、中国から日本、日本国内の輸送時間のタイムラグを一機に省略できます。今回の訪問の主目的はコレです。

truth truth ブログ写真 2017/01/18

 さらに工場スタッフに直接会って、英語での指示となるので、正確に指示ができるのが強味。

truth truth ブログ写真 2017/01/18

 工場内に入って、素材から確認。

truth truth ブログ写真 2017/01/18

 カーボンシート裁断中。今回の訪中のもう一つの目的は素材、設計、工程などの勉強、これでさらに正確な指示を出せるようにする事です。

truth truth ブログ写真 2017/01/18

 切ったカーボンシートをマンドレルに巻き付けて。

truth truth ブログ写真 2017/01/18 truth truth ブログ写真 2017/01/18

 窯で焼いていく。焼くというより熱を入れる感じ。

truth truth ブログ写真 2017/01/18

 ここまでくると、普段使っているブランクスになっています。日本でも良くみる感じになってます。

truth truth ブログ写真 2017/01/18

 このタイプはブランクスを削らないもの。ワイルドサイドはこのタイプのブランクスを使用。

truth truth ブログ写真 2017/01/18

 その後は強度検査。

truth truth ブログ写真 2017/01/18

 荷重をかけて折れるまでテスト。

truth truth ブログ写真 2017/01/18

 当然、ここで折れ方をチェックしているので、折れる時に掛かった荷重も、折れた時の破断面も確認。

truth truth ブログ写真 2017/01/18

 北プロも確認中?

 実際の釣りでは、色々な条件で荷重がかかるので、そのチェックは私たち現場のプロの役割です。

 世界の工場である場所で、世界中のロッドが作られ行く様子は圧巻。実はワイルドサイドも日本のみならず、世界で売られています。

テーマ:レジットデザイン