ランディングに関する質問

2008-12-21 08:14:42 前の画面へ戻る

Q,初めてメールさせていただきます。
H(090-3856-××××)といいます。

犬山から南湖に通う30代前半の「半オッサン」バサーです。
毎日HPの更新を楽しみに拝見しております。
リールのハンドルの話など、非常に参考になる内容が多く目からウロコでした。
来年度はぜひガイドを申し込んで自分のレベルアップをと考えています。

さて、琵琶湖でのバス釣りにおいて、悩みがありメールさせていただきました。

今シーズンからサイズ狙いで南湖に通っていますが、その甲斐あって念願の初ロクマル捕獲に成功しました。

しかし、同クラスはシーズン通して10本くらい掛けましたが、ことごとくラインブレイクあるいはフック折れで、結局上がったのは2本のみでした。悔しいのは当然ですが、針がついたままと思うと心が痛みます。

使用していたタックルはMHのベイトロッドに14~16lbフロロや、MLのスピニングでPE16lb+リーダーフロロ14lbなど、通常ではヘビーといわれる部類です。(琵琶湖ではスタンダードなのでしょうが・・・)

そこで、ベイトタックルでもドラグをちゃんと機能させようと試みておりますが上手くいきません。

一般的に言われるように、ライン強度の1/3程度で滑り出すようにすると、ディープホール等ショートレンジでは上手くやり取りできますが、ロングキャストでテキサス等を使った場合、フッキングで滑ってバラしてしまいます。やはり場所や使い方にあわせ調整が必要なのでしょうか?

「常にフルロックで引きに合わせてクラッチを切る」、と言う人もいますが(昔は自分もそうでした)、
やってみたところ強烈なダッシュでクラッチを切る間もなく瞬殺されたこともありました。

経験が全てのような気もしますが、ガイドの方々はベイトタックルでロクマルクラスを相手にする場合、
どのようにラインブレイクを防いでおられるのでしょうか?
(20lb以上なら切れない?)

あと、テクナの「粘り」はラインブレイク防止には有効ですか?

ちなみに、私はバス歴18年です。
スピニング(フロロ4lb)でのやり取りでは最大57まであげてますので、
そのあたりの基本的なスキルはあると思います。

お忙しいところ申し訳ありませんが、アドバイスいただければと思います。長文失礼いたしました。


A、ロクマルクラス10本に、18年のバス暦とはかなりのベテランアングラーさんのようですね。

さて、ロクマルクラスのランディングですが、ラインは14ポンドや16ポンドというのはヘビテキやラバージグでは細いと思います。ヘビテキには25ポンドから30ポンド、ラバージグでは16ポンドから20ポンドが最近の標準的な太さとなっております。ですから、お使いのラインが平均的に細いと思います。

あと、ラインはリグのディスタンスによって変化します。

例えば、至近距離のヘビテキには30ポンド、やや投げのヘビテキには20ポンド、ラバージグでロングキャストで跳ねる場合は16ポンドという具合です。あとはロッドが硬ければ太く、柔らかければラインは細くというのは鉄則ですが、その辺は経験がおありのようですし、お分かりだと思います。

ドラグですが、「一般的に言われているように、ライン強度の1/3程度で滑り出すようにすると」との文言は初めて聞きました。雑誌とかに書かれているのかもしれませんが、ベイトのドラグ調整などしている人は、私の周囲にはほとんどいませんし、私もドラグは絶対に滑らないようにフルロックあるのみです。

よく、ゲストさんで保管の際にドラグを緩めていて、フッキングに滑っている事例を見ますが、とにかくドラグは閉めておかないと、ヘビーなフックが刺さらないので、ドラグのフルロックは絶対だと思います。

ドラグをフルロックして、ロングディスタンスならボート際まで寄せてくるか、あるいはちょっと相手が走り出したら、エレキ操作によるボートで追いかけてから、ボート際でボトムよりやや上まで浮かせて、その段階からクラッチ切りで対応します。

たまにクラッチを切れないこともありますが、クラッチが切れないのはロッドを曲げていないからで、ロッドを立てて曲げていれば、バスが走ったときに、倒すことが出来るので、倒された瞬間ならば、テンションが僅かに弱めになるのでクラッチは切れるはずです。ただ、本当に瞬時の動作なので、経験がものを言う世界でしょう。

あと、テクナに関しては、私が言っても宣伝に聞こえてしまうかもしれませんので、1本でよいのでご自身で試して頂くしかないかと・・・。おそらく経験のあるHさんでしたら、違いが分かっていただけると思うのですが・・・。試すなら、スピニングのTAVGP62SUL,ベイトのTAVGP69CMJ辺りが、年間の使用回数の多いロッドなので差が分かりやすいと思います。

最後に、18年の経験と年間にロクマルクラス10本という釣果や内容をお伺いする限りは、ガイドフィッシングではなく、ご自身で自分の釣りをしていかれて方が良いと私個人は思います。それでも、釣りにマンネリを覚えたり、何か刺激が欲しくてという時には、一度お試し下さい。

ここまで経験をお持ちで、「基本的なスキルはある」とのことですから、ラインやランディングも試行錯誤しながら、色々試してみてください。そういう「試す」というのも釣りの楽しみですし、Hさんぐらいのレベルの方の場合、ガイドに来て「簡単に知ってしまう」レベルではないように思うのですが、いかがでしょうか?

テーマ:よつあみ

ガイド空き状況

平村尚也

現在空きはございません。

大熊一徳

10月 3(水) 13() 18(木) 22(月) 23(火) 27() 30(火) 31(水)
11月 1(木) 2(金) 6(火) 7(水) 8(木) 9(金) 12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17() 18() 21(水) 22(木) 23(金) 24() 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

武田栄喜

10月 2(火) 3(水) 19(金) 21() 23(火) 24(水) 25(木) 28() 29(月) 30(火) 31(水)
11月 1(木) 5(月) 6(火) 7(水) 8(木) 9(金) 10() 12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17() 18() 19(月) 20(火) 21(水) 22(木) 23(金) 24() 25() 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

真木将行

9月 23() 24(月) 26(水) 27(木)
10月 3(水) 4(木) 7() 8(月) 11(木) 13() 14() 17(水) 18(木) 20() 21() 24(水) 25(木) 27() 28() 31(水)

詳細・ご予約