2月4日平村ガイド「ワイルドサイドマルチピースの使用法」

2020-02-05 19:54:16 前の画面へ戻る

オーストラリアから帰国してパッキングした荷物を解く日々です。

今回の旅で活躍したワイルサイドのマルチピース達もしばらくは出番が無さそう。(旅に出られない・・・)

とは言っても、やはりこのマルチピースがフルラインナップで所有しているから、色々な旅がプランできる訳でして、やはり所有しているだけで夢が広がるロッドです。

 

昨年の北海道では、アイナメのロックフィシュでWSC68M- 5とWSC611MH-5がテキサスリグで大活躍。5g~21gのテキサス展開となったので、この2本でした。

truth  ブログ写真 2020/02/05

 

 

今回のオーストラリアでは

クロダイ釣りでは、WSS63L-5が小型ミノーや小型クランクで活躍。

truth  ブログ写真 2020/02/05

 

サラトガ釣りでは、WSS610ML-5で小型ミノー、トップの展開。さらにWSC68M-5でスピナベでゴールデンパーチをキャッチ。

truth  ブログ写真 2020/02/05

 

バラマンディ釣りでは、WSC611MH-5でのスイミングマスター&リズムウェーブ3,8でのスイミングジグに、WSC60ML-5でのダウズミノーのジャークという展開。

truth  ブログ写真 2020/02/05

 

そして、マーレーコッドはWSC60ML-5でのスピナベでキャッチ。あとはWSC68XHH-5でのメガポンパドールをキャスト。

truth  ブログ写真 2020/02/05

 

オーストラリアンバスはWSC611MH-5でのフットボールジグのシューティングで。

truth  ブログ写真 2020/02/05

 

こんな感じで各地で色々なパターンに対応するためには、幅広いラインナップが不可欠に。

これが旅行カバンにスッポリと入るので、収納も楽々となる訳です。

truth  ブログ写真 2020/02/05

「いつかは・・・」と思う方々は、ゆっくりで良いのでフルラインナップを揃えておいてください。

車での移動ならば、不必要ですが、飛行機で旅をする北海道、沖縄、離島、そして海外には不可欠なアイテムとなります。

いつも使っているワイルドサイドのパワーレンジを知っているから、どのルアーにどのロッドが合うかが分かりやすいので、現地で使うルアーさえ分かれば、この6本からどれをセレクトしたら良いかすぐに分かるのがメリットです。

ワイルサイドユーザーにとって、自分の普段使っているロッドが飛行機でも持っていけるというメリットは果てしなく大きいと思いますよ!

 

テーマ:レジットデザイン

ガイド空き状況

平村尚也

4月 27(月) 28(火) 30(木)

大熊一徳

3月 3(火) 5(木) 6(金) 7() 8() 9(月) 11(水) 12(木) 13(金) 15() 16(月) 17(火) 19(木) 20(金) 22() 29() 30(月)
4月 1(水) 3(金) 4() 5() 7(火) 8(水) 9(木) 10(金) 11() 13(月) 14(火) 17(金) 18() 19() 25() 26() 27(月) 28(火)

武田栄喜

3月 2(月)
4月 9(木) 10(金) 11() 13(月) 14(火) 16(木) 17(金) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 26() 27(月) 28(火) 29(水) 30(木)

真木将行

2月 29()
3月 1() 4(水) 5(木) 7() 8() 11(水) 12(木) 15() 18(水) 19(木) 20(金) 21() 22() 25(水) 28() 29()
4月 1(水) 2(木) 4() 5() 8(水) 9(木) 11() 12() 15(水) 16(木) 18() 19() 22(水) 23(木) 25() 26() 29(水) 30(木)

詳細・ご予約