9月24日平村ガイド「今週のMAXはサイズは52㎝、数は79本、前半は台風で連続中止、後半は台風パワーで入れ食い」

2022-09-25 07:40:23

(月)くもりのち晴れ

台風14号接近で東風強風。さすがに台風が近づいているのでマリーナはクローズということで出船は無し。今日の湖上はボートが居ないかと思いきや、1艇だけ木浜沖に。午前中はまだ東風強風で釣りが出来るレベルだったが、午後には南に変わって爆風になったので、ボートは消えた。

本日は終日会社業務で滋賀と京都の往復。幸い道路は問題無く動いており、夜半になって台風が接近しても安全上はそれほど大きな問題は発生せず。

 

 

(火)晴れ

台風の吹き返しによる強風で中止。予報では北からの爆風予報だったので、ゲストさんと相談して日程振替で対応。今回の台風は到達前の東風や通過中の南風は本土通過のため勢力が弱まり影響はすくなかったが、通過後の西高東低の気圧配置となった時点から一気に気温が下がり、本日は北西風の気温20度と肌寒い。先日までの空調服の話から一転して、寒さ対策が必要な気温となった。

本日は経理仕事。平日の休みなので、銀行に行って通帳記入してから、事務所で経理処理を行う。

 

 

(水)曇り

北風が強くなる予報も風裏なら十分出来るレベル。南湖はほぼベタ凪に近いものの、北湖は北風が抜けているので東岸は不可能。湖西か湖北に張り付く必要があるレベル。ガイドは可能ですが、エリア制限となることを前日に伝えて、ゲストさんに判断してもらうと「キャンセル」という返答でしたので、そのまま本日は中止で台風接近から突如の4連休に。実際は南湖無風でローライト。北湖も湖西エリアぐらいは釣りになった模様。

本日は空いた時間でボートやタックルのメンテナンス作業。古くなったランディングネットのラバー交換を実施。バッテリーの充電器交換などを実施。

今日は南湖と北湖最北端は釣り可能も、北湖の真ん中は爆風。
古くなったランディングネットを交換
結構、大事な商売道具。

(木)雨時々曇り

朝からローライト無風で釣れる雰囲気満点の琵琶湖。船を浮かべた時点からバスも見えており、ナギサで1本釣ってからフリーリグで45クラスと高活性。しかし、午前は想定外の土砂降りとなって移動制限。午後になって雨が止んでから移動を繰り返してボイル祭りのナギサ祭り、フリックカーリーのダウンショットと交互にボイルが始まるとナギサという感じで連発モード。

基本的にローライト無風で活性が高いものの、水温低下で少しレンジが下がった気配はあったので、これから使うリグに少し変化を加えた方が良さそうです。

(使用タックル)

  • ワイルドサイドWSSST65L
  • Xbraidフィネスシャングリラ0.6号
  • リーダー8ポンド
  • ナギサ
ナギサは入れ食い
ネコシュリンプフリーリグで45クラス
フリックカーリーは反則レベルの入れ食い
ボコボコに入れ食い
ナギサでグッドサイズ
ナギサ祭り継続中
ローライトパワーでした。

(釣果)

45㎝、40㎝以下×23本

 

 

(金)雨

台風接近で雨のローライトで朝の1キャスト目から反応あり。前半はフリックカーリーのダウンショットで東風強風の中の釣り。気圧の低下のおかげで活性は高く、ボトムに着かずにヒットする。

雨が酷いので一旦上がってランチにしてもらってからの後半戦はナギサ。やはり活性は高く1キャスト目からヒットのオンパレード。いつもは喰わない40アップも簡単にチェイスからパクっと喰ってくれて台風接近の気圧低下の恩恵を受ける。

チェイス多数でロクマルクラスもチェイスあり。最後に50アップがヒットしてゲストさんの人生初の50アップ。

(使用タックル)

  • ワイルドサイドWSSST65L
  • Xbraidフィネスシャングリラ0.6号
  • リーダー8ポンド
  • ナギサ
開始1キャスト目から
ボコボコに釣れてます
入れ食い
こんなに釣れるの?
Wヒットも多数。
40アップも続々と
今日は一年で数回のスーパー入れ食い日
台風の気圧低下でナギサへ荒反応
ナギサで40アップ連発
ナギサボコボコ祭り
ラストは50アップで79本目

 

(釣果)

52㎝、48㎝、45クラス×3、40㎝以下×73本 合計79本

 

 

(土)晴れ、強風

台風通過後の吹き返しの強風モード。朝は意外と風はなく全域で釣りが出来るかと思いきや、日中は爆風モードとなり湾内限定のコースに。ナギサとフリックカーリーへの反応は相変わらず良くて、ほぼどのエリアでも確実に釣れるので、他のパターンも試しながら、アラバマ系なども投入する。結局、どのエリアでもフリックカーリーとナギサが圧倒的で風裏で入れ食いモードのまま終了。

(使用タックル)

  • ワイルドサイドWSS61UL
  • Xbraidオルトロス5ポンド
  • フリックカーリー3.8インチ
  • Truthオリジナルドロップショットリグセット
ナギサ、台風後の晴れで強風なので、このあとは風裏展開へ
ワンフックアラバマにドリフトフライのJHで

(釣果)

40㎝以下×68本

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

10月 17(月)
12月 7(水) 11()

大熊一徳

10月 4(火) 12(水) 17(月) 23() 24(月) 25(火) 27(木) 28(金) 31(月)
11月 1(火) 2(水) 5() 6() 7(月) 9(水) 10(木) 11(金) 12() 13() 14(月) 15(火) 16(水) 17(木) 21(月) 22(火) 26() 27() 28(月) 29(火) 30(水)

武田栄喜

12月 12(月) 19(月) 21(水) 23(金) 25()

ビワマス

12月 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 31()

詳細・ご予約

truth  ブログ写真 2022/09/25

9月25日大熊ガイド「ファミリーフィッシングでhalfday展開、48max、その他40up含むグッドサイズ、レギュラーサイズ多数」

前年の同時期の釣り

9月21日平村ガイド「DBユーマ、フリックカーリー、ナギサでMAX53㎝の32本」

9月22日平村ガイド「ナギサ、DBユーマ、ネコシュリンプ、フリックカーリーで20本ほど」」

9月23日平村ガイド「DBユーマ、フリックカーリー、ナギサで55㎝など25本ほど」

9月25日平村ガイド「ナギサ、フリックカーリーなどで10本ほど」

9月18日平村ガイド「今週のMAXはサイズは54㎝、数は50本、週後半は台風が影響」

2022-09-18 13:37:38

(月)晴れ

猛暑復活。今日のゲストさんが空調服でスタート、朝はすずしいので要らないと思いきや、日中は本当に熱くなったのでゲストさんの方が正解でした。

さて、釣りはサイズを出すのが難しい展開が続いているので、まずはサイズを出す展開からスタート。サイズを出す釣りと言ってもフリックカーリー3.8でのディープ狙いとルアーサイズは小型です。開始早々にヒットして潜られて1発目はキャッチならず。2発目で54㎝キャッチで、その後3発目も潜られ、4発目も潜られキャッチは1本。全部取れていたら・・・というタラレバでした。

日中は高気圧バリバリとなっており渋い展開が続く。ここはフリックカーリーの出番です。

夕方になっても超無風のベタ凪で活性が上がらず、今日のナギサは結構渋め。ポロポロとナギサでヒットするも大半がチェイスのみでUターン。今日のような風が無いのは活性が上がらず結構キツイ展開で数が伸びない。

(タックル)

  • ワイルドサイドWSS61UL
  • Xbraidオルトロス5ポンド
  • フリックカーリー3,8
  • truthオリジナルドロップショットリグセット
ゲストさんの空調服は正解でした。
フリックカーリーで54㎝

(釣果)

54㎝、40㎝以下×15本

 

 

(火)晴れ

今日も猛暑復活。真夏に比べれば危険を感じるほどの暑さは無いものの、充分に暑い一日でした。無風のタイミングが結構渋く、この無風の時間にサイズ狙いを展開。

サイズ狙いは、なかなかヒットが無かったけれども、ヘビダンとフリーリグ展開で、今日はフリーリグのDBユーマで50アップ。

後半は風が出てからのナギサ展開で一気に連発モードへ入ってゲストさんお一人で50本とナギサ祭り継続中です。

ゲストさんお一人で50アップと50本釣果の型とサイズの両方をクリアでした。

(タックル)

  • WSS610M
  • Xbraidオルトロス16ポンド
  • 10gフリーリグ
  • TNSオフセット2/0
  • DBユーマフリー4.5
フリックカーリーのヘビダンで。ロッドはワイルドサイドWSCST63Lp
こちらはDBユーマのフリーリグで50アップ。ロッドはワイルドサイドWSC610M
後半のナギサ祭りはボコボコ。ロッドはワイルドサイドWSSST65L

(釣果)

50㎝、40㎝以下×49本 合計50本

 

 

(水)晴れ

朝は涼しく風も少し吹いていて「今日は涼しく過ごせるだろう」と思ったら、昼頃からは完全無風のピーカンコンディションと暑い一日を過ごしました。

さて、朝はまずはサイズを狙うためにダウンショット、フリーリグ展開でバイトの少ない展開で、3か所目ぐらいの場所でゲストさんのフリーリグでロッドを満月にする強烈な引きの50アップ登場。

日中はフリックカーリー展開で35㎝クラスまでをポロポロと釣っていく展開。日中の晴天無風は他のことをしても無駄なので、レンジを下げて最強の釣り方で釣っていく。これはいつでも安定して釣れる展開です。

そして、夕方は水面モード突入で、ナギサでボコボコモード。30㎝前後のサイズの入れ食い展開で一気に40本超。最後に48クラスがチェイスしてきて、「喰った!」とファイト開始。すると、ポロっと外れて終了でした。「う~ん、残念!」

 

(推奨タックル)

  • ワイルドサイドWSSST65L
  • Xbraidフィネスシャングリラ0.6号
  • リーダー8ポンド
  • ナギサ
フリーリグで50アップ。
日中はフリックカーリーで
夕方はナギサ祭り

(釣果)

51㎝、40㎝以下×43本

 

 

(木)晴れ

キャンセルのためガイド休み。明日から台風の影響で東風が強くなるので、今日はガイドしておきたかったというのが本音。明日以降は東風との戦いとなりそうなので、南湖や北湖東岸がメインになるでしょう。

ただ、ガイドも6連勤だったので疲労が溜まっていたので、体的には貴重なありがたいお休み。年齢を重ねてきてふくらはぎに疲労が溜まるようになっており、結構キツイ日もあります。幸い私は腰にはこない性質ですが、人それぞれ何らかの問題は抱えているものです。

さて、休みとなったので十分に睡眠をとってから、ボートのメンテナンス作業。休みになると私と同様にボートの不調な部分の手直し作業。

今日の問題点はバッテリーの充電。先日ガイド中にバッテリー上がりでエンジンが掛からなくなったので、バッテリー交換。しかし、また電圧が下がっていることに気づいて、オンボードの充電器をチェックしたら、11Vの電圧なのに、満充電と認識して充電をストップさせている事が判明。

慌てて、今日から別の充電器で充電することに。先日交換したバッテリーは実は正常だったというオチ。ボートというのは常にどこかが壊れるという代物です。

 

 

(金)晴れ

昨日から台風の影響で東風となったので、南湖レークマリーナからスタートして風裏となる東岸をメインにパターン変更。

久しぶりの東岸エリアなので北湖からスタートしてフリーリグでゲストさん1本目、続いて、私にナマズ登場。その後はフリックカーリー投入で小型サイズが超入れ食い。南湖や南湖に近いエリアでも小型サイズは喰うようになったのですが、北湖の30㎝前後の入れ食いと比べれば、15㎝サイズが多くて続けるほどのパターンではなく、南湖イン。

南湖に入ってからは東風が本格的となり、浚渫でフリックカーリーのヘビダンで1本キャッチして終了。

ネコシュリンプのフリーリグで。
ナマズ登場

(釣果)

40㎝以下×15本

 

(土)曇り

今日も東風強風予報ということで南湖スタート。大浦スタートか迷ったのですが、大浦で東風だと彦根からの強風で湾内に閉じ込められるので、東岸で北湖も南湖も動ける南湖レークマリーナを選択。

まずはフリックカーリーで入れ食いコースで、ゲストさんにお一人10本のノルマの数釣りコース。そこは30分でクリアーしてフリックカーリーは封印。北湖のシャローからバズベイト展開。午前は1発小型が出たのみで終了。

午後も手堅い浚渫のパターンで釣ってサイズをある程度上げて結果を重視するよりも、せっかくの秋の南湖なので普段見せることの出来ない秋の南湖らしい楽しい釣りを選択。バズベイト、クランク、スピードワームという昔のガイドパターンを出してきて勝負していくと、バズベイトにデカいのが出たものの、ビックリアワセでノセられず。とは言え、このバズベイトのバイトは9月から11月前半の南湖シャローならではのパターンで面白い。

普段の秋は北湖の安定釣果で釣っているので、たまに東風朝風で南湖に閉じ込められたのならば、やっぱりこの手のパターンもたまにはお見せしたいと思って今日はこちらのパターンにしました。

最後は、再びフリックカーリーの封印を解いたら、やっぱり入れ食い。南湖でも北エリアは数がいっぱい釣れるようになってました。

朝はフリックカーリーで10本ノルマで。
さくっと30分ほどで10本×2の20本達成。
日中はイナズマロックフェスを聞きながらシャローをバズベイト展開。
ラストはフリックカーリーに戻したら簡単に釣れました。

 

(釣果)

40㎝以下×30本

 

 

(日)くもり時々雨

台風接近のため中止。本日はビワマスガイドで予約を頂いていたので、バス釣りならば風裏展開というのも可能ですが、ビワマスは北湖の真ん中での釣りですので安全のため中止決定です。

明日以降の台風に備えてボートカバーをしっかりかけて、外にある資材の固定など台風に備えての準備作業。

 

 

 

 

テーマ:琵琶湖

前年の同時期の釣り

9月14日平村ガイド「DBユーマ、ナギサ、リルビル70F、ピクピク、フリックカーリーで20本」

9月15日平村ガイド「ナギサ、DBユーマ、リルビル70F展開の数コース」

9月16日平村ガイド「台風余波の東風で南湖スタートで55㎝など」

9月17日平村ガイド「51㎝/2600g台風接近もベタ凪」

9月19日平村ガイド「リルビル70F、ナギサ、フリックカーリー、DBユーマで30本超」

9月20日平村ガイド「ネコシュリンプ、フリックカーリー、ナギサなどで20本ほど」

9月21日平村ガイド「DBユーマ、フリックカーリー、ナギサでMAX53㎝の32本」

9月22日平村ガイド「ナギサ、DBユーマ、ネコシュリンプ、フリックカーリーで20本ほど」」

9月23日平村ガイド「DBユーマ、フリックカーリー、ナギサで55㎝など25本ほど」

9月12日平村ガイド「今週のMAXサイズは54㎝、数は45本、ナギサ祭り再び」

2022-09-13 03:14:34

(月)晴れ・東風強風

「台風接近の東風強風のため中止」

南湖からのガイドならば成立するのですが、最近は北湖からのガイドだったので、今津に向かって強風となる東風は成立せずにゲストさんに日程変更をしてもらうことに。

空いた時間で会社業務。普段はガイド終了後に行う業務を平日の昼間に行えるので普通の会社勤めの人みたいな生活が出来る。

 

 

(火)晴れのち雨

「台風接近のため中止」

今日は南湖、北湖ともにガイドは成立せず。湖上は誰もいないだろうと思っていたら、1艇だけ琵琶湖大橋の北にポツンと浮かんでいる。台風前は前線などで雨が降ると入れ食いモードになることが多いのですが、今回の午前は快晴の爆風モードで条件は悪かった。

しかし、夕方には小雨の台風前の爆釣モードの天気となり、その中にポツンと1艇木浜に浮いていたボートの方は羨ましいと思った。

さて、空いた時間でアポをとって、井筒さんでバスボートジャパンさんが輸入したトラッカーボートを見せてもらうことに。この天候なので試乗とはいかなかったが、なかなか現物の見られないトラッカーを見られるので、じっくりと見学。ダム用のボートとしては16ft、50馬力というのは最高クラス。これで池原、七色のようなダム湖に浮かぶのは楽しいだろう。

今あるアルミボートの次の乗り換えタイミングでは、このトラッカーボートにしたい。

台風接近で東風強風で中止
今日は無理です。でも、南湖にボートは1艇浮いていた。
トラッカークラッシック。バスボートジャパンさんの取り扱いボート。
こちらはカーペット仕様
カーペット仕様ゆえに重量はある。価格は300万前半からだけど、エレキや車検、魚探を付けると400万ラインはいきそう。。

 

こちらはトラッカー1648。次のアルミ乗り換え候補として視察。
カーペット無し仕様
カーペットがない分、軽量だけど、夏はデッキがヤバい熱さになりそう。

 

(水)晴れ

南湖以外からの出船。予報は風が弱かったが、実際には台風の風の吹き返しで強風で湾内限定ゲーム。

台風後の濁りに期待してゲストさんにはクランクを持ってきていただいたのですが、実際はナギサが釣れるぐらいに白濁り程度。アユの群れが水面に上がってきており、ナギサは好調でビッグサイズのチェイスもあり、コンスタントにヒット。

水中はダウンショットとベイトフィネスのダウンショットで釣っていくのですが、湖流が強くなっているエリアも多いだけに、5g、7gが使いやすいベイトフィネスセッティングも必須です。

とにかく、アユの群れが至る所に見られ、フリックカーリー4.8でイージーモードで39本。

フリックカーリーとナギサで入れ食いモード。
ボコボコに湧いてくるパターン
サイズのMAXは54㎝。ワイルドサイドWSSST65Lで。

(使用タックル)

ワイルドサイドWSCST63Lp

ベイトフィネスKTFチューン スティーズA

Xbraidオルトロス6ポンド

Truthオリジナルダウンショットリグセット

フリックカーリー4.8

 

(釣果)

54㎝、40㎝以下×38本 合計39本

 

(木)くもりのち雨

「メンテナンス、ミーティングの日」

蒸し暑い絶好の釣り日和ですが、残念ながら今日はメンテナンス作業。オイル交換、エレキのメンテナンス作業をして、午後からはジャッカルにてミーティング。夜には琵琶湖リサーチTV収録と午前、午後、夜と用事があり、こんな釣れそうな日なのに釣りにいけないもどかしさ。

湖に浮かべない日は、大荒れだったら心置きなく作業や仕事ができるのですが、釣り日和だと損した気分になります。

今日、湖畔のジャッカル社に行って思ったのは、「よくこんな環境で釣りせずに仕事できるな」と。もし、私が、釣り場が目の前の会社に勤めていたら、思わず辞表だしてしまう筈。そんな人は勤め人失活です。そんな事を考えてしまうぐらい今日は釣り日和でした。

定期的なメンテナンス作業。オイル交換、エレキの分解点検、トレーラーの注油。

 

 

(金)雨のち晴れのち雨

集合時点で雨。雨パワーでいきなりボイル祭り!ナギサ投げれば、ほぼバイトあり。朝はゲストさん初めてのナギサでしたので、いまいち引き方やフッキングなどリズムに乗れずにスタートダッシュで数は稼げず。

その後はフリックカーリーのダウンショットで各地でバイトラッシュ。45クラスも入ったり、30㎝前後の入れ食いになったりしながら、日中の晴れの時間を過ごす。

午後も晴れるのかと思いきや、夕方の上がる時間直前になって雨、しかも土砂降り!せっかく乾いたレインウェアーが濡れるのが、鬱陶しいと思いつつも、いきなりバイトラッシュの入れ食いモード。夕方はナギサの引き方がレベルアップしていて、釣れないキャストがほとんどない入れ食いをゲストさんは堪能。これなら雨に濡れても問題なしと雨の中キャストを続ける。

朝と夕方の雨パワーに助けられて数は40本超とイージー北湖の釣りでした。

 

ナギサ祭り再び。とにかく入れ食い
ナギサとフリックカーリーで連発

(推奨タックル)

  • WSSST65L
  • Xbraidフィネスシャングリラ0.6号
  • リーダーフロロ8ポンド
  • ナギサ

(釣果)

45㎝、40㎝以下×44本 合計45本

 

 

(土)晴れ

雨の後の晴れなので活性は低くなるだろうと予測して、朝と夕方のローライトのタイミングに集中することに。朝はナギサで1キャスト目からストライク。その後も一気に釣って2桁釣果を開始早々に叩きだす。

その後は、やっぱり予想通りの晴天モードでバイトが渋くなりナギサのような表層の釣りには反応なく、フリックカーリーでレンジを下げてのダウンショットで渋いバイトをポロポロと釣りながら後半のタイミングを待つ。

夕方になってローライトになった地合いから一気にナギサパワー復活。ここからはボコボコのナギサ祭りとなり、怒涛の連発劇でナギサ、ナギサ、ナギサと連発。最後にグッドサイズも入ってナギサ祭りのフィナーレ!

(推奨タックル)

  • WSSST65L
  • Xbraidフィネスシャングリラ0.6号
  • リーダーフロロ8ポンド
  • ナギサ
開始1投目からナギサで
日中は晴れて渋め
夕方もナギサで連発

(推奨タックル)

  • WSSST65L
  • Xbraidフィネスシャングリラ0.6号
  • リーダーフロロ8ポンド
  • ナギサ

(釣果)

40㎝以下×41本

 

(日)晴れ

本日はビワマスガイド。前半はなかなかヒットがなく苦戦しましたが、後半にはビワマスの集中するエリアに入れて連発するも、バラシ多数。なんとか最大サイズ58㎝が入り、ゲストさんに料理しがいのあるサイズをお持ち帰りいただく事に成功。

58㎝の鼻曲がりのオス。白子が入っているので、白子ポン酢が作れます!刺身も、寿司も余裕で楽しめるサイズです。

 

今週のMAXは54㎝

結局、今週はアユが産卵で動いたのでナギサ祭りでした。

 

テーマ:琵琶湖