8月28日平村ガイド「今週のMAXは59㎝/4300g、数は23本、前半はフットボールジグ展開、後半はフリックカーリーDS展開」

2022-08-28 18:44:50

8月第4週

(月)晴れ

ゲストさん濃厚接触者となり自宅待機でキャンセル。早朝からボートの掃除を開始して9時になった時点で汗が噴出して、「もうヤバい」と感じて撤収。あとは事務所で内勤仕事。

出船なし

 

 

(火)雨のち曇り

南湖以外からの出船。このところダウンショットへの反応が鈍く、フットボールジグへの反応が良好。水深が6m前後でのボトムタップからのスイミングというリズムで中層に浮いている個体を釣るイメージ。このイメージが出来たタイミングからゲストさんも釣果が上がる。

朝は雨でスタートするも日中は晴れてきて渋くなった感じ。フットボールジグでポロポロと釣りながら、ダウンショットでピンスポットはフォロー、カバー回りにはフリーリグを投入してバラシなど含めれば2桁バイト。

フリーリグがショートバイトなので、結構難しいのですが、この難しさがゲストさんにとって楽しい釣りとなっています。フットボールの軽くなるバイトも釣り人としては快感のあるバイトで楽しいパターンです。

 

(推奨タックル)

ワイルドサイドWSC63M

Xbraidオルトロス8ポンド

シューティングボール3/8oz

シルクワーム

 

ワイルドサイド64L

Xbraidオルトロス14ポンド

DBユーマ3.5

10gフリーリグ

63Mなどショートロッドが主体で、フットボールジグゲームが楽しい展開。

40㎝~30㎝×9本

 

 

 

 

(水)晴れ

南湖以外からの出船。終始晴れ模様で朝はバイトがなく、ゲストさん焦り気味ですが、10時ぐらいになってファーストフィシュはフットボールジグで。

フットボールジグでポンポンと打っていきながら、ボトムを小突き、6mぐらいのレンジでスイミングに変えて中層バイトを取るというテクニカルな釣りですが、マスターした途端に釣れ出すから面白い。

カバー回りは今日もフリーリグですが、やはり今日のゲストさんもなかなかバイトをフッキングに持ち込めずに苦戦するのですが、その苦戦のあとのフッキングが決まると快感でドーパミンが脳内に出る。

何度かミスもあったものの、釣れたり釣れなかったりのバイトのある釣りなので、集中力が続く。今日はダウンショットはノーバイトで、フリーリグとフットボールジグがメインパターンでした。

 

 

(推奨タックル)

ワイルドサイドWSC63M

Xbraidオルトロス8ポンド

シューティングボール3/8oz

シルクワーム

 

フットボールはシューティングボール。これ廃盤なので在庫品探しが難しい。

ワイルドサイド64L

Xbraidオルトロス14ポンド

DBユーマ3.5

10gフリーリグ

フリーリグはDBユーマ3.5

 

45㎝~30㎝×6本

 

 

(木)晴れ

午後から所用があるので、午前中にボートの掃除とメンテナンス作業。

今までガーミンの魚探はライブスコープ機能しか使っていなかったのですが、GPSMAP機能も使うようなったので、その使い方をしっかりと勉強。異なる会社の魚探を使い分けるのは、iphoneとandroidを使い分けるぐらいの難易度なので、どこにメニューがあって、どのメニューから操作に入るのか?を覚える必要があります。そういう点ではローランスを使ってきたのでローランスのメニュー操作に慣れているのを、ガーミンも同様に使えるようにしておく必要があるということで勉強中。

こういうデバイスも一定の知識を持っておかないと、なかなか使いこなせないので必死です。

少しは涼しくなった?と思って作業をするも、やはり汗ビッショリで10時には撤収。11時には午後の用事に向けて京都へ移動。

ガーミンの地図の色分け作業中。
ガーミンとローランスのインターフェイスの違いに戸惑う。

出船なし

 

(金)晴れ

南湖以外からの出船。表層系からスタートするもノーバイト。レンジが下がっているようでダウンショットで6mラインぐらいに絞って釣っていくとバイト多数。

ナギサの表層には反応が無いが、リルビルで波動を強めにすると1mレンジぐらいまではバスは上がってくる様子。

ゲストさんと二人でヘビダン投入で連発モードとなって、50アップを連続ブレイク。3発目の50クラスがヒットしたので、これまではボートで追いかけずにロッドとラインだけで上げようとして失敗したので、今度はボートでバスを追いかけてウィードに入るのを少しウィードに入れてバスを弱らせる。これぐらい慎重に上げないと上がってこないぐらいのパワーなので、これは結構ランディングが難しいと思う。

40㎝ぐらいまでは余裕で上がるのですが、6ポンドラインで50アップを上げる時に、北湖のウィードが伸びてきたので難易度上昇中です。

一方、ロックエリアの方はそれほど難しくなくスピニングでも余裕があり、水深もあるのでそれほど潜られる心配は無さそう。

レンジが下がってきたので、7月、8月前半のようにナギサなどのI字系だけでOKという雰囲気ではなく、ヘビダン、ダウンショットもしっかりと投入する必要が出てきました。

 

(使用タックル)

ワイルドサイドWSCST63L+

Xbraidオルトロス6ポンド

ドロップショットリグセット

フリックカーリー4.8

5gジャッカルタングステンスリムシンカー

 

ちょっと秋の気配の琵琶湖。
数はイージー。

 

フリックカーリー4.8にワイルドサイドWSCST63Lpで51㎝。

51㎝、40㎝以下×23本

 

 

 

(土)晴れ時々曇り

今日も南湖以外からの出船。ナギサからのスタートもやっぱり水面は駄目。リルビルもダメで完全にレンジが下がった事を確認する。

しっかりと6mから10mラインを釣っていく事にして、フリックカーリー4.8のヘビダンでファーストフィシュ。その後もポロポロと小型サイズを釣りながら、サイズアップを待つが、無風でなかなかフィーディングに入らない。

ようやく風が出たタイミングでフィーディングに入って50アップ登場も再び無風に。各所を回りながら、モロコの群れが多いエリアでゲストさんに45㎝がヒット。その後、風が吹き始めたタイミングで再びフィーディングに入ってゲストさんに強烈な引き!ゲストさんの見事なランディングで59㎝の4300gが入って本日のガイド終了。

基本的に横方向に動くディープレンジのベイトに合わせてのフリックカーリー3.8と4.8を使ってダウンショットで水平にスイミングさせるパターンが中心でした。

キャンプも盛況。ボートも多い賑わう琵琶湖。
今日もフリックカーリー4.8で55㎝
フックはハヤブサDSR132

 

ゲストさんもポロポロとフリックカーリー4.8で
サイズアップで45クラス。
そして59㎝
ウェイトは北湖らしいグッドプロポーションの4300g

59㎝、55㎝、45㎝、40㎝以下×14本

 

 

(日)晴れ

本日は会社業務で事務所内。数社の来訪の方とミーティング。

出船なし

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

10月 17(月)
12月 7(水) 11()

大熊一徳

10月 4(火) 12(水) 17(月) 23() 24(月) 25(火) 27(木) 28(金) 31(月)
11月 1(火) 2(水) 5() 6() 7(月) 9(水) 10(木) 11(金) 12() 13() 14(月) 15(火) 16(水) 17(木) 21(月) 22(火) 26() 27() 28(月) 29(火) 30(水)

武田栄喜

12月 12(月) 19(月) 21(水) 23(金) 25()

ビワマス

12月 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 31()

詳細・ご予約

8月27日武田ガイド「四万十→霞ヶ浦→琵琶湖」

truth  ブログ写真 2022/08/28

8月28日大熊ガイド「荒れ荒れモードで55cmのビッグサイズで自己記録更新」

前年の同時期の釣り

8月24日平村ガイド「リルビル70F、フリックカーリーで40アップなど」

6月25日平村ガイド「半日ガイドでフリックカーリーで2桁」

8月26日平村ガイド「北湖周遊70リッターコース」

8月27日平村ガイド「リルビル70F炸裂で54本」

8月28日平村ガイド「半日コース・北湖でのファミリーフィッシング」

8月31日平村ガイド「リルビル70Fで30本~40本ぐらい」

8月21日平村ガイド「今週は前半お盆のビワマスガイド、後半はバスフィッシングガイド」

2022-08-22 13:58:17

(月)晴れ

 

お盆真っ只中。お盆期間はビワマスガイドということで本日も北湖でトローリング。

ビワマスは年末年始、GW、お盆の3期間に集中的に取り組むのですが、このお盆期間は台風さえ来なければイージーです。

今日も開始からダウンリガーにセットしたスクアドのタイラバロッドやジギングロッドに連続してヒット。レンジが20m弱ぐらいのサーモクラインの下で安定してヒットします。

これが年末年始やGWだと表水温も適水温となるので、全レンジでヒットしてしまうから絞りづらいのですが、お盆期間は表水温が高いので、確実のレンジは下。だから絞りやすい。

あとは、ベイトの多いエリアを探して、湖流の向きをチェックしながらバイトを増やす。

釣りの方はゲストさんにお任せして、ダウンリガー等をセットしてもらうのでミスが多発します。それでも、ある程度はゲストさんご自身で操作した方が釣りとしては楽しいので、そういうミスも含めて楽しんで頂いております。

ビワマス×8(キープ7本・2名)、ハス、ウグイ数本

 

 

(火)曇り、雨・強風

朝に集合直前に湖上を見ると大荒れ。ビワマスで北湖の中央に出る予定なので、風速5mを超えているのでお客様にラインで中止をお伝えすることに。マリーナに到着されることなく、Uターンで本日終了。

日本海上に秋雨前線が発達したようで終始大荒れの琵琶湖でした。

 

中止

 

(水)雨・無風

ビワマス日程でガイド空き日。ビワマスガイドは空き日が出るので、バスに切り替えれば良いのですが、艤装がビワマス仕様で一日だけのバスのために変更するのも手間なので、そのまま休日に。

この艤装問題と共に、ビワマスガイドは連日で行った方がエリア把握もしやすく釣果も上がるので、今週はビワマスウィークとしております。お盆、GW、年末年始だけビワマスガイドとなっています。

 

空き日

 

(木)豪雨のち晴れ

朝は豪雨で待機。雨が止まった8時からスタートして、ビワマストローリング。今日はジャッカルの開発さんと新しいトローリング用スプーンの開発を兼ねたビワマスガイド。

ビワマス用のスプーンが商業ベースに乗ることは無いとは思うのですが、せっかくトローリングしているのだから、一応、研究してみようぐらいのノリでスタートしたプロジェクト。

やってみると、ただ引っ張るトローリングゆえに、ルアーの差が非常にデカい。釣れるスプーンになればバイト多発ですが、少しでも曲げや厚さを間違えるとノーバイトとしっかりと差が出来るのは面白い。

開発さんが作ってきたアタリスプーンが効果を発揮して、それだけが連発モード。「このスプーンもっと作ってください」とのオーダーは出しておきました。

それ以外の外れスプーンはノーバイトという世界。

ビワマス×7本(キープ5本)

 

(金)晴れ

今日からバス釣り復帰。南湖以外からの出船。まずは、ハヤブサのシューティングボール3/8ozにシルクワームをセットしてフォーリングからの中層スイミングで1本を私が釣ってお手本フィシュ。

あとは初体験のゲストさんに狙ってもらうもフットボールのスイミングで根掛かり連発。なので、ダウンショットでフォーリングバイトを狙うパターンでゲーリーグラブ3インチをセットして初フィシュ。その後も初体験からのバラシ、ラインブレイクと大騒ぎの初の経験を楽しまれておられました。多分、これで相当ハマられたでしょうね!

(推奨タックル)

ワイルドサイドWSC63M

スティーズA KTFチューン

Xbraidオルトロス8ポンド

ハヤブサ・シューティングボール3/8oz

シルクワーム

45㎝~30㎝×5本

 

(土)曇り時々雨

今日も南湖以外からの出船。今日もフットボールジグとダウンショットの2パターンの展開ですが、カバーの多いエリアはフリーリグも投入。

フットボールと同じ感覚でフットボール型のヘッドも試してみるが、ゲストさんの普通のフリーリグシンカーでも変わらない様子。

ローライトコンディションも手伝って、バイトはコンスタントに出て2桁釣果。大雨になる前に撤収。

44㎝~35㎝×12本

 

(日)晴れ

今日も南湖以外からの出船。フライもされるゲストさんということでフライロッドも持参で出船。最初はダウンショットで釣って、フリーリグ、フットボールジグを組わせて順調に40㎝クラスを釣っていく。

ある程度釣れた段階で、フライで釣りやすい場所を考える。ゲストさんはフライのドライフライで水面に飛び出るシーンを虫パターンをイメージされているのですが、それは今のタイミングで難しい。

ワカサギでストリーマーを引いてくるイメージなら出来るので、シャローで水深2mぐらいでバスが見える場所を選択してボートを固定してフライフィシング開始。

ラバージグを回収するだけで喰ってくるような場所なので、簡単かと思いきや、やっぱりフライって難しい。飛距離も、バックキャストのスペースも、あらゆる事がルアーよりもはるかに難しい。だいたい、昔からの定説で「餌>ルアー>フライ」というように一番難しいのがフライフィシング。

それでも何度かトライして水中を少し引くと、気前の良いバスがパクリ!

「おお、フライで喰った!」と大喜びで帰着でした。

 

45㎝~30㎝×6本

(フライで1本)

テーマ:琵琶湖

truth  ブログ写真 2022/08/21

8月18日大熊ガイド「目まぐるしく変わるコンディションで54cm、49.5cm、49cm、48cm・・・など45up、40up」

前年の同時期の釣り

8月17日平村ガイド「ガイドプラとガーミンエレキ&魚探テスト」

8月18日平村ガイド「大雨、晴れ、大雨でディグル3プラスなどで」

8月19日平村ガイド「北から南、南から北へとバタバタ展開・フリーリグで50アップなど」

8月24日平村ガイド「リルビル70F、フリックカーリーで40アップなど」

6月25日平村ガイド「半日ガイドでフリックカーリーで2桁」

8月26日平村ガイド「北湖周遊70リッターコース」

8月14日平村ガイド「今週の前半のバスのMAXはサイズは55㎝、数は60本、後半からはビワマスガイド」

2022-08-14 23:29:43

(月)晴れ

相変わらずの猛暑。午前は南湖でダウンショット、ノーシンカー、フリーリグ、ナギサ、パンチショットとあらゆる可能性を捨てずに各エリアを回る。

ベイトの多いスポットを発見して、シューティングにはいってフリーリグのネコシュリンプに50アップ。たまにボイルがあるので、ボイル撃ちをしてみるもタイミングが合わずに待ちの展開のまま猛暑となり午前終了。

午後からは北湖でフリックカーリー4.8のダウンショットとナギサ展開。日の高い内はフリックカーリー4.8のダウンショットで水中I字のスイミング。ゲストさんにレンジの掴み方をレクチャーして、シェイクをしないI字アクションになるようにしてもらうとヒットが続く。後半は日が傾いてきて、ナギサ入れ食いモード突入。ナギサに突進してくるバス達が連発で楽しい時間。

(使用タックル)

WSSST65L

Xbraidフィネスシャングリラ0.6号

リーダーフロロ8ポンド

ナギサ

 

ネコシュリンプのフリーリグで53㎝。ワイルドサイド610L+で

53㎝、40㎝以下×27本

合計28本

 

(火)晴れ

本日はゲストさん都合により早上がり。時間がないので南湖からスタートしてフリーリグのネコシュリンプで50アップスタート。その後、ゲストさんにも50アップが入って一安心した段階で北湖へ向けてスタート。

北湖は各所を回るも、時間がないのでいつもよりも南湖寄りばかりを回るとバイトが少ない。ヤマセンコー3インチで35クラスを1本追加したのみで、お昼となりゲストさんのご都合で上がることに。

(使用タックル)

ワイルドサイドWSC610L

Xbraidオルトロス16ポンド

ネコシュリンプ5gフリーリグ

53㎝、52㎝、40㎝以下×1本

 

 

(水)晴れ

朝は南湖でネコシュリンプのフリーリグ展開。ワイルドサイド610L+で45クラスから55クラスまでをキャッチ。炎天下の展開となるが、サイズが良いので午前はこのパターンを継続。昼前になって暑さが一段とアップした段階で終了。

午後はフリックカーリー4.8のダウンショットとナギサで入れ食いモード。3時間ほどで56本キャッチ。ナギサはほぼバスが追いかけてくる状態でパラダイスモード。まさにボコボコという感じの3時間を過ごす。

(推奨タックル)

ワイルドサイドWSC610L

Xbraidオルトロス16ポンド

5gフリーリグ

ネコシュリンプ

 

ワイルドサイドWSSST65L

Xbraidフィネスシャングリラ0.6号

リーダーフロロ8ポンド

ナギサ

55㎝、50.5㎝、45㎝、44㎝、40㎝以下×56本

合計60本

 

(木)晴れ

今日は南湖で絞り込んでの釣り。ネコシュリンプフリーリグをキャストして、スライドフォールで釣っていく展開。朝はなかなかバイトが出なかったが水温上昇と共にバイトが出て48㎝、53㎝と連続してヒットする。午後は少しエリアを変えてパンチショット展開も試すもノーバイト。

後半には再びネコシュリンプフリーリグに戻してバイトがあるも、すっぽ抜けで終了。

(使用タックル)

ワイルドサイドWSC610L

Xbraidオルトロス16ポンド

ネコシュリンプ5gフリーリグ

ネコシュリンプのフリーリグで48㎝
ネコシュリンプのフリーリグで53㎝

53㎝、48㎝

 

 

(金)曇り

今日からお盆のビワマスガイドがスタート。ちょっとビワマスガイドから離れていたので、エリアを広めにしてリサーチ。今年は西岸にビワマスが少なくて、北エリアはウグイオンパレードで、東岸がメインエリア。

あと、久しぶりに出船するときは、刺し網の位置をしっかりと確認して安全に釣りができるようにすること。

釣っていくとビワマスの多いエリアが分かっていくのと、レンジや反応するルアーが絞れてくるので後半になるほどバイト数は増加。天候も穏やかだったので5本のリミットメイクした段階で終了。

久しぶりにビワマスガイド。エリアを絞る作業からスタートも良型ヒット。

※半日

ビワマス5本

 

 

(土)晴れ・強風

台風8号接近で強風。台風の場合は進路次第で急速に発達することがあるので、強風圏に入っている間は出船を見合わせることに。南湖のバス釣りは余裕の無風状態なので釣りになるのですが、今日はビワマスガイドなので、北湖の真ん中に浮かぶので出船見合わせ。台風の時は絶対に無理しない!これは長年ガイドを続けてきた中で、台風の風だけは舐めてはいけないと理解しているから。

 

午後になって台風の強風圏から外れて、今津方面の東風が止まった段階で出船して、ゲストさんにダウンリガーの使い方などをレクチャーしてウグイ祭りで、ビワマスもヒットするがバラシ。その後、すぐに雷雲発生で避難で終了と釣りにならない日。

荒れ荒れ、雷雲発生と安全のため避難で釣りにならず。とりあえず、ダウンリガーの使い方を!

※2時間のみ出船

ウグイのみキャッチ。

 

(日)曇り

本日、ガイド予定は無かったものの、昨日のゲストさんが台風の影響で釣りにならなかったので、今日もゲストさんの都合の許す9時までの予定で出船。

さすがに5時に集合したものの、もう5時では暗いので、明るくなる5時半からスタート。

今日も少しウネリがあり、そのウネリの時間帯は反応が薄かったものの、次第にウネリが収まると共にバイト増加。ビワマスをキャッチしてもらって5バイト3バラシ2キャッチで終了。もう少し時間があればリミットメイクできたと思うが、ゲストさんの都合もあるので帰着。

短時間でしたが、なんとかキャッチできて良かった!

※3時間超のみ出船

ビワマス2本

テーマ:琵琶湖

truth  ブログ写真 2022/08/14

8月14日大熊ガイド「北湖、南湖右往左往でレギュラーなサイズ」

前年の同時期の釣り

8月10日平村ガイド「台風後の激濁りはディグル、リルビル70F、フリックカーリーでMAX51㎝の38本」

8月14日平村ガイド「秋雨前線停滞による大雨で中止」

8月15日平村ガイド「お盆のビワマスシリーズ」

8月16日平村ガイド「お盆のビワマスガイド・最終日」

8月17日平村ガイド「ガイドプラとガーミンエレキ&魚探テスト」

8月18日平村ガイド「大雨、晴れ、大雨でディグル3プラスなどで」

8月19日平村ガイド「北から南、南から北へとバタバタ展開・フリーリグで50アップなど」